John_Fogerty

April 25, 2020

この曲<31 >  Made In Japan

 以前からAMAZONを利用していましたが、最初の1か月は無料の宣伝文句に騙されて(?)、Primeサービスとやらに入りました。条件付きですが、映画だけでなく、音楽も楽しめるということで大いに期待しました。「Prime Video」は全くの期待外れ。「Prime Music」は、このアーティストをさらに深く聞こうとすると…「AMAZON Music Unlimited」へのお誘いが入り気に入りませんが、個人的には、何とか許容の範囲にあると云えるでしょう。

 私は「Prime Music」で主にカントリー・ロックとブルース・ロックを聞いているのですが、これがAIのすごいところでしょうが…、聞けば聞くほど、時間が経過すればするほど、自分の好みの傾向の曲が流れるようになって来ます。毎日、聞くとはなしに、流していただけなのですが、何十年ぶりかにその曲を聞いてびっくりです。

Buck Owens in Japan その曲とは「Made In Japan」。Buck Owens(1929-2006)が歌って大ヒット、1972年アメリカおよびカナダのカントリーチャートNo.1の大ヒットでした。「Bakersfield sound」という言葉をお聞き耳にしたことがおありでしょう。60年代、ナッシュビルから遠く離れたカリフォルニア州ベーカーズ・フィールドにおいて、それまでの伝統的なホンキートンク音楽を電気楽器多用のロックぽぃカントリーが生まれ、Buck Owensが、Merle Haggardと共に、その先導役を果たし、1963〜1967年の間に彼は15のNo.1ヒットを飛ばしました。60年代のGram Parsons(元The Byrds)そして80年代のDwight Yoakamは彼の大きな影響を受けました。1965年Beatlesのアルバム「Help!」でRingo Starrは「Act Naturally」をカバー、John Fogertyは「Lookin' Out My Back Door」で彼のことを歌っています。

 ※昔、バンドのNobuさんとウエストコーストを旅行、ベーカーズ・フィールドでBuck Owensが造ったCrystal Palaceを訪れたことがあります。
 
 何十年ぶりに私が耳にした「Made In Japan」はThe Kentucky Headhuntersがカバーした曲で、彼らは1968〜1982年、一時中断の後1986〜現在と活躍しているとは、メンバー交代はあったにせよ、若くはないバンドです。実は彼らがカバーするThe Everly Brothersの「So Sad ( To Watch Good Love Go Bad)」を、それまた我々がカバーしたことがあります。

 今でもあまり変わっていないと思いますが、オリエンタルな(異国趣味丸出しの)「Made In Japan」 をお聞きください。単純ですが、いや、シンプルですが、いいいですよ。


Made in Japan

私のトランジスターラジオは遠くからやって来る
こちらが夜の時、向こうは夜が明ける
私には砂の中を散歩した良い思い出がある
日本で生まれた美しい少女と

彼女の顔の美しさは私の粗野な想像を超え
春の初め、山中の桜の花が揺れるように
二人は川岸を歩き、彼女はそっと私の手を取り
その時、日本で生まれた彼女と深い恋に落ちた

夜の暗闇の中、二人は東京湾に身を委ね
夜が明け、鳥たちの声で二人は目覚める
彼女の微笑む瞳は理解しようとするよう
日本で生まれた彼女への私の全ての愛を

私のトランジスターラジオは遠くからやって来る
こちらが夜の時、向こうは夜が明ける
彼女は別の男と既に約束されていると云って泣いた
これは日本で生まれた彼女と過ごした懐かしい思い出
私の心は、いつも、日本で生まれた彼女と共に

Stay Home, Save Lives

   Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします

     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 19, 2018

最近聞いたこの曲<16> "Pretty Woman"

 前回ご紹介した14曲はご披露してもさほど差し支えない曲ばかりなのですが、バンドメンバー4人の選には漏れたものの、個人的に是非やりたい曲が、ロイ・オービソン(Roy Orbison)の『Pretty Woman』です。『プリティーウーマン、長い前段ですが…』がそれ、日付を見てみると2010年とあり、8年も前の事です。まだMaruさんのBa.(ベース)が未だ参加しておらず、コードを刻むことしか出来ない私は2nd Gt.+Vo.、NobuさんがLd Gt.+Vo.、そしてDr.のKunさんの3人でした。

 ロイ・オービソン、1964年の大ヒット曲『Pretty Woman』は私も良く知っているのですが、私には、リズムを正確にとっているはずなのに、どうも上手く入れないというトラウマのようなものがあって、ずっと避けてきた曲です。しかし、この時はNobuさんがこれを取り上げ、リード、本メロを歌うことをなり、私はバックコーラスを担当することになりました。バックコーラスの場合、仮に上手く入れなかったとしても、途中からでもそれなりの体裁を維持することが出来るからです。歌うだけならまだ大丈夫なのですが、私がNobuさんのLd Gt.(リードギター)を代われる技量を持っているはずもなく、この曲の印象的なイントロ、ドラムソロから始まるギターのリフ、エンディングまで、歌いながら一人でやらなければなりません。これは大変なことで、今回この曲が候補から外れたのもこの辺に理由がありました。
 
 結論から言えば、私がリード・ヴォーカルを歌うことが出来れば、前回と違い、今回はMaruさんBa.(ベース)という強い味方もあり、Nobuさんはイントロからエンディングに至り連続するリフに専念することができます。「嵐が丘」でのミニライブが3月17日、それまでに残された4人全員での練習日は2日のみ、次回に復活折衝をして、もし採用されるならば、何とか皆さんにご披露できるまでに持って行きたいと思っています。

 ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen )とジョン・フォガティ(John Fogerty)のデュエットによる『Pretty Woman』、私はこれでジョンのバックハモをマネしました。とにかく、かっこいい2人です。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       



express01 at 16:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

ISAO's Bookshelf
Back Issues At A Glance
Comments
人気ブログ ランキング
NINJA
Search