阿修羅像

August 09, 2009

「せんとくん」と阿修羅像

「あの文明発祥の地の今日は…」と、眼を日本国内に転じると平城京、奈良に突き当たってしまいます。どうも、「文明」という言葉はそぐわないのですが…。

「一国の文化はその首都に集約される」そうですが、まさに当時の日本文化は平城京に集約されていたのでしょう。

しかし、今日の奈良は、関西育ちの私にとっては、小中学校時代、退屈な遠足の目的地に過ぎませんでした。日本歴史の宝庫、それに関連する観光名所ではあっても、失礼ながら、今日の奈良から外部に向けて発信・放射され、外部からも普遍的と評価される「奈良独自の価値=文化」は1300年前の「平城京の天平文化」に尽きるのではないでしょうか。

平安京、京都が明治維新まで約1千年、日本の首都であったことに比べると平城京が首都であったのが短すぎる故か、今日でも使われる「くだらないものですが」と、京都に対する「あこがれの念」は、残念ながら、奈良に対しては持ち合わせていないように思えます。少なくとも庶民の「あこがれの念」という意味においては…。天平文化は平安京に継承されてしまい、その地でさらなる発展を遂げるの仏教寺院だけで、いや、「仏教こそ」が普遍的価値であったということなのでしょう。
せんとくん
関西ではおなじみ(?)の「せんとくん」,来年、2010年、「平城遷都1300年祭」のマスコット・キャラクターだそうです。有名な彫刻家によるデザインらしいのですが、あまり評判がよろしくないようです。

一方、先日の東京国立博物館での阿修羅像〔天平6年(734)興福寺蔵〕はその展示期間中、80万以上の人々を魅了しました。

「ぽっと出」のキャラクター:「せんとくん」は、阿修羅像の前では、比べるのも不遜で、酷な話ですが、全く勝負になりません。

久しぶりに奈良に行ってみたいものです。
世界につながっていた、天平文化を訪ねて…。

Visit Us
hkx brand 340-41



express01 at 17:57|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

ISAO's Bookshelf
Back Issues At A Glance
Comments
人気ブログ ランキング
NINJA
Search