文化

June 27, 2009

マイケル・ジャクソンの死を惜しむ

Michael Jackson in young ageマイケル・ジャクソン死去のニュース。



唐突に話が変わりますが、…

歴史好きの大先輩が多くの世界遺産を訪ねて来ましたが、「エジプト、メソポタミア、インダス、黄河文明の4大文明発祥の地の今日は、過去の繁栄に比べると、あまりにも無残すぎる」という趣旨の感想を述べられています。私はそれらの世界遺産に行ったことはありませんが、彼の意見には大いにうなずかざるを得ません。その文明はそれを担った人間の子々孫々によって同じ地域で継承されることは希で、今日、その多くはただその土地の文化が残っているだけです。文明はより高度な文明に適した土地とその担い手である人間によって継承・発展していったということでしょう。

「文明と文化」をテーマとした読み物が多く見受けられます。確かに興味のあるテーマですが、もっぱら議論が活発なのは欧米や日本で、当の4大文明発祥の国々ではあまり議論されていないらしく、それがまた面白いところです。我々の生きている現代の文明といえば、教科書にある明治維新政府の「文明開化」の影響か?、イギリス産業革命以降の「ヨーロッパ・アメリカ文明(機械文明)」を指します。

言葉として、「文明」と「文化」があるのですからそれぞれの定義があるのでしょうが、どうも私にはわかりません。

その著『アメリカ素描』にある司馬遼太郎の言葉…
「文明はたれもが参加できる普遍的なもの・合理的なもの・機能的なものを指すのに対し、文化はむしろ不合理なものであり、特定の集団においてのみ通用する特殊なもので、他に及ぼしがたい。つまりは普遍的でない。」

納得できそうですが、私には、どうも、すとんとは腑に落ちない、どこかに引っかかる、つかえたところがあります。「文化」が特定の集団においてのみ通用する特殊なもので、他に及ぼしがたい場合は「文化」に留まりますが、その「文化」の中にも普遍性(のある価値)は生まれるものと思っております(それを即「文明」とは言いませんが…)。

thriller-2マイケル・ジャクソンは、如何に顔を整形しようが、白くしようが、彼の音楽は元来アフリカ系(黒人)が先祖の地からアメリカにもたらされ、発展した、彼らの特殊な『文化』、この場合は彼らの音楽=Blues として定着、白人層の心をつかみ Rock 'N' Rollや Rythm & Bluse に発展、その頂点に立つ「King Of Pops」でした。彼のアルバム:「スリラー Thriller」は、史上最高の数字、世界で1億5千万枚が販売されたそうで、人種・言語・宗教・国家の違いを超えて世界に受け入れられたのです。これは『普遍』の価値と言えるでしょう。

マイケル・ジャクソンの死に接して、こんなとりとめのないことを思い出しました。
ご冥福をお祈りします。

Visit Us
hkx brand 340-41



express01 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

ISAO's Bookshelf
Back Issues At A Glance
Comments
人気ブログ ランキング
NINJA
Search