ミラー

March 18, 2007

もう少し何とかならないの?

昔、日本車は国産車、輸入車は外車と呼ばれていました。その時代にアメリカやオーストラリアに出張すると、現地で見る国産車、いや日本車は日本国内で見るそれとは違って妙にかっこよく見えました。原因はフェンダーミラーの有無です。車全体のフォルムを見るにおいてミラーは無視されますが、フェンダーに唐突に突起物、ミラーが立っているのですからデザイン的に美しいはずはありません。

同様に、背の高い SUV で助手席下が死角になり子供を巻き込む事故が多発、これを契機に助手席側にフェンダーミラー(小型)が義務づけられました。これも、安全上の議論は当然として、デザイン的にはペケでしょう。安全第一であれば、日本車だけでなく全ての輸入 SUV にも課すべきです。もっと遡れば、左側通行の日本国内は右ハンドル車に限定すべきなのですが、輸入車にはこの規制がありません。その例を昔のオーストラリアしか知りませんが、彼の地は日本と同じく左側通行、そこを走るのはメルセデスであろうが BMW であろうが右ハンドルで、左ハンドルの車は不細工な「左ハンドル」のマークを付けないと走行でき出来ません。車を作るメーカーとしては仕向地に合わせて仕様を替えるのは当然な話で、この規制を設けない日本の役所にどこかおかしいところがあるのでしょう。

おかしいついでに、車のデザイン上、解決すべき最後の難関はナンバープレートでしょう。

CA, USA.jpgVW、BMW等は日本向け仕様になっていますが、輸入数が多くない車(アメリカ車)後部のプレートははみ出しているでしょう?まず、あれがいけません。サイズが大きすぎです。メーカーの立場から考えても、ナンバープレートの大きさ・取り付けビス位置は世界で統一すべきでしょう。そんなに難しくはないでしょうに…。

EU France.jpg




サイズだけでなく、表示上のデザインも全面的に見直せば如何でしょうか。
ここは日本国ですから品川・横浜等漢字に依る表示は良いにしても、左横JapaneseLicensePlateDwg.pngのひらがな:「へ・の・も・」がどうも気に入りません。ローマ字:AB, GLでよいではありませんか。本体の数字も4桁ではなくて5桁でも6桁でも良いではありませんか。

ハイフン(−)なんかいりません。いっそうのこと、自衛隊車両のそれのように、思い切って数字のみにすればすっきりしますよ。


因みに、漢字の生みの親である中国としては、車には中国語の名前を付け
るのは当然としても、ナンバープレートの表示は漢字、アルファベットとアラビア数字、決して漢字と漢数字ではありません。
Private Beijing, China.jpgBeijing , China.jpg


ナンバープレートは必要不可欠なものですが、デザインにじゃまにならないような工夫が役所にも必要でしょう。まあ、お役所仕事ですから変わるようなことはないとは思いますが…。

こう考えると運転中、前を走る車のナンバープレートがやたらと目障りに見えるのは小生だけでしょうか。

今回は店長イサオの個人的な愚痴になってしまいました。

本業にも是非お立ち寄り下さい。↓
 Hong Kong Express
Hong Kong Express logo



※日本のプレートはWikipediaより、その他は"licence Plate of The World"より引用。



express01 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

ISAO's Bookshelf
Back Issues At A Glance
Comments
人気ブログ ランキング
NINJA
Search