mary

November 02, 2011

オープン・ステージ at 東松山『イマジン』

準備をしておかなければなりません。いつもは録音したものに、カセットテープの動画を加えて公開していたのですが、…実は、このカセットのアニメーション制作が大変な作業なのです…、今回は我々にとって記念すべきステージ、ビデオに残すことにしました。カメラに動画撮影機能が在ることは知っていましたが使ったこともなく、急いで愛犬:Momoもも(small)をモデルにカメラテスト、カメラ据え置きの為にプロが使うような大きな三脚を友人から借りました。「ステージの上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、と言う言葉がよほど気になったのか…、急遽、読書用のLEDランプを購入、万が一に備えます。…どちらかと言えenergizerば、音楽には関係のない、どうでもよいことに注意が行っているようです。

とうとう…、その当日、10月29日(土曜日)がやって来ました。いつものように鶴ヶ島のカラオケ店で練習、もちろんステージでご披露する4曲が中心、…というか、ほとんどそれだけ。入念な(?)打ち合わせも終わり、後は本番を待つだけ。夕食を終え、「いざ、出発」。東松山は鶴ヶ島の隣と聞いていましたが、長いドライブと感じたのは気のせいだったのでしょうか。

私の心境としては、開店と同時に入り、他の客が来ないうちに演奏を終了、後はゆっくりと見物させてもらおう…というのがハラでした。そのお店:『イマジン』は鉄製の急な螺旋階段を上がった二階、店のドアを開けると4〜5人の先客、Nobuさんの顔見知りらしく…、ドラムセットを前に話が弾んでいる様子、その弾んでいる会話の内容が如何にもプロのミュージシャン、業界人の会話(?)といった感じ。 

「Nobuさん、話が違うじゃないの〜」と思いつつも、時すでに遅く、内心不安におびえながら…、何くわぬ顔で三脚を拡げカメラをセットできるのは年の功です。狭いお店、Nobu (1st Gtr), Kun(Drum) & Isao (2nd Gtr) の3人を一つの画面に収めることは出来ず、今回はKunさんには画面から外れてもらいました。客席からのヤジにもあったように、「3人合わせて180歳以上!」、画面左の彼は、…見かねて…、Baseで飛び入り参加してくれたもので、彼の本業はギターの先生の由。         Kun さんは彼ほど若くはありません。念のため…。

”Bye Bye Love” バイバイラブ

”Memphis”メンフィス

”Proud Mary” プラウド・メアリー

”Lodi” ローディ


リズムをとっているつもりなのですが、これは…、ほとんど「貧乏揺すり」ですね。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 14:45|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 15, 2011

プラウド・メアリー Proud Mary

一時期、「やっぱり、日本語!」、歌詞や語呂を覚えるのがラク…ということで、日本語の歌が続きましたが、最近の傾向はクリーデンスクリアウォーター・リヴァイバル(Creedence Clearwater Revival, 以下CCR)です。
ccr4
CCRは1968年『Suzie Q(Dale Hawkins 1957年のヒット)』でデビュー、その後のたった4年間に、正に矢継ぎ早にヒット曲を世に送り出すことになります。CCRは、その演奏スタイル、曲作り、アレンジ…、全てがジョン・フォガティーのバンド、逆に、彼のいないバンドはCCRではありません。これが災いして、1972年に解散となってしまいます。

時代は、ベトナム戦争、反戦、ヒッピー、音楽で言うならば、フォークからサイケデリック・ミュージックの時代。クリーム(Cream)、E・クラプトンの『ホワイト・ルーム(White Room)』が大ヒットしていた時代です。

「シンプル & ストレートな」、それでいて、妙に「泥臭い・粘っこい・湿気を含んだ」、「ケイジャン風(Cajun)、スワンプ風(swamp)、ディープ・サウス(Deep Southern)」な…、思いついたままにこのロックンロールバンドを表す修飾語を並べてみました。もちろん、出身はルイジアナ、ミシシッピ、テキサス辺りかと思いきや、しゃきしゃきのウエストコースト、(花の〜)サンフランシスコの南、バークレーの出身でした。

一方、前述のE・クラプトンにして「彼等を聞いて、自分の音楽の方向を変えた」と言わしめた、ザ・バンド(The Band)が『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』でデビューしたのが1968年、彼らの『ザ・ウェイト』はその時代を写す映画:『イージー・ライダー』にも使われヒットします。彼らは、時には心情を…、時には政治を…、社会を…、宗教を…歌にしますが、CCRはただただ「シンプル & ストレート」、文学に例えるなら、マーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』を読むようなものです。どちらも、今で言うならば「ルーツミュージック」、好きです。

CCRの『雨をみたかい Have You Ever Seen The Rain?』、そして、そのアンサーソング:『Who'll Stop The Rain?』、当時はベトナム戦争中、アメリカ軍による北爆を歌った「反戦歌」だという話があります…が、おそらくウソでしょう。トム・ソーヤーの世界に浸っている彼等に遠いベトナムなど思いを巡らすはずもありません。

CCRの1969年の大ヒット、皆さんもよくご存じの『プラウド・メアリー Proud Mary』、E・プレスリーあるいはティナ・ターナー盤ではなく、CCRのスタジオ録音盤でやってみます。



やっぱり、日本語の方が良かった、か…?。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押せばこのサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 


express01 at 17:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search