Woodstock

December 30, 2015

第7回 かってに、HKX紅白歌合戦

 私の人生にはもう少し余裕はありますが…、今年の幕を降ろす秒読みは始まっています。

 忘年会の一つがあり、久しぶりに街に出ました。東京都と神奈川県の境を流れる、文字通り、境川沿いに歩行者優先の自転車道を走って江ノ島からの復路、藤沢当たりの公園のベンチで休憩していると、話しかけてきたのが彼でした。Hさんは私より先輩ですが、昔はトライアスロン日本代表の一人として宮古島・ハワイ遠征の経験があり、恐れ多くも、そんな彼に藤沢の遊行寺、鎌倉の妙本寺を自転車で案内してもらったことがあります。一年を振り返ってみると、寒い冬、「暖かくなったら自転車に乗ろう」と思い、暖かく・暑くなってくると「涼しくなってから…」、と何かと自分に言い訳して…、今年は自転車に乗っても町田市止まり、電動アシストならともかく…、江ノ島・鎌倉なんて「とんでもない」と云うのが本音です。以来、自転車で知り合った彼ですが、大和か町田のどちらかで、忘年会だけが続いています。

 子供の頃、若い時には、今まで出来なかったことが初めて出来た瞬間…、ある種の感動にも似た経験をしたものですが、最近この歳になるとめっきり少なくなりました。はずかしいながら描き始めた「絵」が意外にも皆さんに喜んでもらい、最近は、自己流ながら、「楽しい」という領域にまで入って来たのは大いに感動に値する経験です。余談ながら、「知っているというのは、好むには及ばない。好むというのは、楽しむのには及ばない」と云うそうですが、「「楽しむ」とは主客合一の夢幻境、対象への「知」と「愛」、それを持って止揚した所に本物の揺るぎない「楽しさ」が誕生する(『遊びの構造論 』)」と続くのですが、私の場合は、もちろん、到底その域にまでは達していません。しかし、「絵」は自分の人生で見つけた最後の、そしてこれからの人生、いや、余生で最も重要な位置を占める予感がするのです。

 Nobuさんに誘われて40年ぶりに押し入れの奥から引きずり出したギターでブログにデビュー(『やってしまいした Sister Golden Hair(2008年1月)』、その数年後には初めてライブ・ステージに立ったのが還暦を過ぎてからのことでした。Nobuさんは他のカントリーバンドでスチールを弾くようになり、我々と違ってお金をもらえる立場、そのスケジュールが優先されるのは当然、Kunさんは現役で日曜日だけ、私はと云えば、2年目の管理組合副理事長で、理事会・住民を二分する大論争の最中で外すわけにもいかず、バンドのメンバーには何かと迷惑をかけています。

紅白幕_1

第7回HKX紅白歌合戦

紅白幕_1

 この1年、どんな新曲をやったのかを振り返ってみると、『Norwegian Wood』『Who'll Stop The Rain』も2014年の曲、2015年にはわずか1曲:『Woodstock』しかやっていなかったのを知って愕然としてしまいました。嬉しいことに、先日、以前のメンバーの一人、BaseのMaruさんが復帰して、文字通りBaseは曲の元・根幹であることを再確認させられたところです。ということで、今年の『第7回紅白歌合戦』のトリは、BaseのMaruさん復帰記念の『So Sad ( To Watch Good Love Go Bad)』です。ご存じ、Everly Brothersの古い曲で、もう少し練習すれば聞きやすくなることでしょう。

 私は、このギターの技量で感動を覚えることはほとんど不可能でしょうが、バンド活動は「楽しい」です。

 この一年、応援して頂きありがとうございました。皆さん、良いお年をお迎えください! 

さよなら
※参考:蘭田碩哉『遊びの構造論
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


October 18, 2012

ウッドストック Woodstock

50年代、テレビ放送が始まる前、ハリウッドは黄金時代、多くの映画音楽が作られ、そのために多くのミュージシャンが彼の地に集まりました。ニューヨークのそれとは異なり、楽譜を読み、演奏力と作編曲能力のある、教育を受けた白人ミュージシャン達でした。ウエストコース・トジャズと呼ばれ、ジャズ全盛を迎えます。裏返せば、それは朝鮮戦争の時代、その特需で西海岸は大いに潤っていました。hippie_van

60年代はロック・ミュージック全盛の時代、1969年8月に開かれた野外コンサート:ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)は、「正義なき」ベトナム戦争への反対運動にHaight_Ashbury St Sign_2端を発し、公民権運動、ウーマンリブ、自然回帰運動に連なる、ヒッピー対抗文化の一大イコンでした。

『ウッドストック Woodstock』
ジョニー・ミッチェル(Joni Mitchell )の作ですが、ここでは私の好きなイアン・マシューズ(Ian Mathews & Southern Comfort)が歌います。

道ばたを歩いている神の子に出くわしたの
どこに行くの?と、訪ねると…
彼から返って来た言葉はこれ… 
ヤスガーの農場に行って
ロックンロール・バンドに加わり
そこでキャンプして、魂を解き放つの

私達は星くず、光り輝く黄金 
田園に帰って自分を取り戻そう

じゃ、あなたと一緒に行っていい?
私はスモッグから逃げ出してきたの
ぐるぐる回る何かの歯車の一枚の歯だったような気がするの
たぶん、今がそんな気になる時期ね
たぶん、人類にとってもそんな時期ね
自分が誰か判らない
でも、人生は学ぶためにあるのよ

私達は星くず、光り輝く黄金
田園に帰って自分を取り戻そう

ウッドストックに着くまでには
50万もの勢力になっていた
あらゆるところに歌が溢れ、祝宴があった
夢に見たのよ
この国の空を飛ぶショットガンに跨った爆撃機が
蝶に変わるのを

私達は星くず、光り輝く黄金  
田園に帰って自分を取り戻そう

1975年、サイゴン陥落をもってベトナム戦争は集結、このような対抗文化幻想の終焉と崩壊をテーマにした「ホテル・カリフォルニア Hotel California」がヒットするのは1976年でした。曰く…「We haven't had that spirit here since 1969…(そのような酒はこちらにはご用意しておりません、1969年以来…)」、そうです、1969年とはウッドストックの年でした。

※ Buy at Amazon: ウッドストック  ホテル・カリフォルニア 

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search