Winter

December 25, 2012

真冬の散歩道

先日の衆議院選挙では自民党が圧勝、民主党は見る影もなく、少し期待の「維新の会」には石原さんや平沼さんの顔…、全くの興ざめで寝込んでしまいそうでした。という訳で、気力をなくしてしまった私、エネルギーの必要な『2012年 近江の旅』の続きを書く気にはなれず、ほんとうに、今年も余すところ〜日、ボケーっとした冬休みモードに入ってしまいました。

今年は夏が長く何時までも暑い日が続いたのですが、秋は短く、物思いに耽る晩秋などはアッという間…、一気に真冬に突入しました。年末までは毎朝、寒さをこらえながら自転車に乗っていたのですが、今年はのっけから池が氷る寒さ、年が変わるのを待つまでもなく、あっさりと自転車を放棄、歩いての散歩に切り替えたのは寒さだけが理由ではなく、寄る年波?、ということでしょう。20120818桜美林図書館裏

昨夏に始めた水彩画スケッチ、「絵」と呼ぶにははずかしいものかも知れませんが…、散歩に新しい楽しみを加えることが出来ました。線画で始めた私ですが、当初は小学生時代の絵の具のイメージしかなく、絵の具がこんなに便利に進化したのを知りませんでした。昔は画材といえば専門店で買う高価なも、というイメージでしたが、「絵手紙」ブームのお陰でしょうか…?、今や近所のホームセンターで揃えることができます。私の場合、鉛筆による下書き→ドロウ用の耐水ペン(黒)で清書→水彩絵の具で彩色、ではスケッチ(サイズ:F0 or A5)と言っても小一時間はかかってしまいます。

『2012年 近江の旅』でご一緒したKENさん、絵に関しては、人生と同じく…、大先輩です。彼は如何にもスケッチといった感じでまたたく間に描いてしまうのは驚異です。私には到底真似の出来ないことですが、最近、<鉛筆による下書き>を止め、いきなり耐水ペン(黒)で描き始めるようになったのは、大きな進歩です。最近描いたのがこれ、…といっても寒くなる前の話、歩いて20分ぐらいの所にある、レトロな看板は昭和初期の趣、大泉寺バス停。
20121107大泉寺バス停_342

昔、サイモン&ガーファンクルの曲で『真冬の散歩道 A Hazy Shade Of Winter』というのがありました。ドラムが入り、ザ・バーズ(The Byrds)と並んで、当時フォーク・ロックという新しいジャンルでした。


もうすぐ、孫達家族がやって来ます。孫娘には絵を描く私がただ者ではないように見えるらしく、「ジージ、すごい。」
ポチ袋の中身は増やせませんが…、ご所望とあらば、彼女と一緒のスケッチ散歩に付き合いましょう。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search