USA

October 13, 2017

『Surfin’ USA』 と『平家物語』その2

その1から続く、井沢元彦著『逆説の日本史 16』にある「識字率」に関する記事の抜粋です。

 13世紀初(?)、『平家物語』の時代、出版などはなく、本は全て肉筆の写本、身分の低い人間には入手困難で、盲目の琵琶法師にはそれを「読む」ことすら不可能。慈円は怨霊を鎮魂して、国の平和を実現することを第一目的に、藤原行長をして盲目の生仏に「教えて語らせ」、鎮魂の巡回僧は地方の津々浦々まで巡り、都の一流の作者が作った面白い物語を、琵琶の伴奏で語る(歌む)。「読み」さえ頭に入っていれば、すぐに読めるようになり、読むことが出来れば「書く」こともできるようになり、こうして「読み書き」ができるようになる。「音曲(音楽)」に乗った言葉ならなおさらである。このようにして、全国津々浦々での、盲目の琵琶法師による『平家物語』の興行は、「怨霊鎮魂の意図」とは別に、日本語習熟度の驚異的な向上をもたらし、室町時代には「太平記読み」という職業を生み、これが「講釈」・「講談」に引き継がれ、江戸時代の日本人の驚異的な識字率に繋がっていく。「門前の小僧、習わぬ経を読む」の通り、子供は難しい言葉でも、小さい頃から節・音曲(音楽)と共に聞かされれば、そしてそれが興味のあることであればいくらでも覚える。まさに「マイ・ルィジアナ・ママ フォム・ノリオリン」です。

 もう一つ日本で特徴的なのは、自国の最高レベルの文芸作品を上流階級及び庶民階級が「共有」しており、国家形成期の『万葉集』は今日の皇室の年頭行事、「歌会始め」に続いている。例えば、近松門左衛門、当時の最高レベルの劇作家の台詞を庶民が暗唱するというのは他国では考えられないことである。ヨーロッパでは『聖書』が古典として「共有」されているが、「読み書き」と「ラテン語」という二重の暗号に縛られていた。これが各国語に訳されたのは14〜16世紀、キリスト教成立から一千年以上経ってから(カトリック教会が聖書を独占するために翻訳を嫌った)、日本の慈円、『平家物語』から3世紀遅れた16世紀、ルターが聖書を讃える賛美歌を作って『聖書』を「音曲(音楽)化」、庶民向けの布教、これが「識字率」の向上を促し、宗教改革をおこなうことになる。

 以上で引用を終わります。

Beach Boys Classics 話は戻って、英語の話。 私は『Surfin’ USA』をバンドで歌いますが、Youtubeのカラオケのカラオケを見ると、英語の歌詞の上にはフリガナがうってあります。50年以上前の曲ですから、「マイ・ルィジアナ・ママ フォム・ノリオリン」と同じく、カタカナで覚えた人もおられたかも知れませんが、「洋楽」好きな私からすれば、見栄を張って、英語の歌詞を読んで歌うのは当然。…が、しかし、あれっ、私の使い古したレパ帳にある『Surfin’ USA』、下の歌詞の部分には、<歌い方>、<言い回し>をカタカナで記入しているではありませんか。

“Surfin’ USA”
Verse1
If everybody had an ocean / across the USA,
Then everybody'd be surfin' / like Califor-ni-a.
You'd see 'em wearing their baggies / huarchi sandals, too.
  ユ        シエム    ウェアリン
A bushy, bushy blond hairdo / surfin' USA.

You'll catch 'em surfin’ at Del Mar / Ventura County Line,
  ユ       キャチエム サーフィン
Santa Cruz and Tressels / Australia's Narabine,
All over Manhattan / and down Doheny way,
Everybody's gone surfin' / surfin' USA.

  『Surfin’ USA』はブライアン・ウイルソン(Brian Wilson)の作とされるが、実際はチャック・ベリー(Chuck Berry1926 - 1972) の『Sweet Little Sixteen』が本歌。ロックンロールは16小節の繰り返し、演歌・歌謡曲の様に「七五調」とは行かず、学校で学ぶ英語と違い、一小節内の単語数が多く、やたら「(アポストロフィー)」で省略されています。2分少しの8ビートの曲、英語の字面(じづら)を追っかけたら、目で確認している間に、曲は流れ去ってしまい、曲に歌詞がついて行けないことになってしまいます。どのような言い回しで歌っているのか頭にたたき込む(覚えさせる)為に、カタカナでメモ(注意書き)しておくのです。

 中学生と言えば、子供から大人へと変わる頃、かっこいいと感じ、「音楽(音曲)」から「洋楽」にはまり込みました。意味の判らない英語の歌声も伴奏と同じく、単なるかっこいい音色でしかなかったのです。「学習」を分解すると、「学ぶ」は「まねぶ」そして「習う」とは「倣う」の意味、特に「語学」は「まねてならう」ことが重要です。好きな「音楽=洋楽」から「英語」を学習できるのですから、これ以上の方法はありません。中学の英語の授業が始まると、ビートルズやビーチ・ボーイズが何を歌っているのか、知りたくて勉強し、授業が楽しくなるのは当然。高校生から大学生になると、自分なりに理解した歌詞の内容から、歌に歌われるアメリカの社会・歴史に興味を持つようになります。日本史は入試目的に丸暗記したのですが、世界史は、アメリカ→その先祖の国、イギリス及びヨーロッパ→その先祖、ローマに及び、次第に日本史も世界史の一つと考えるようになりました。きっかけは「洋楽」との出会いでした。

 外国人とコミュニケーションを取る場合、特に非英語国圏の場合、概ね、英語が多くの国の第一外国語の地位にあり、その意味で英語が順当な言語手段であることは間違いのないことです。英語をしゃべるからと云って、何を共通の話題にするのでしょうか?私の現役時代、仕事柄、英語そのものは不可欠でしたが、「洋楽」の知識はいろいろな国籍の人々との会話を盛り上げるのに大いに役立ちました。彼等も知っている曲を一緒に歌うことができるのです。これが、歌謡曲・演歌が趣味では、ほとんど役に立たないでしょう。

 ごく希に、美空ひばり、北島三郎ファンの外国人もいるかもしれませんが…。

 ※参考資料:『逆説の日本史 16』

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 08:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 28, 2012

コタツでミカン…"Surfin' USA"

先日のライブハウスでのステージ、来て頂いたお客には好評だったようで、再度の出演依頼がありました。裏を返せば、それだけ、年配の客が多かったということでしょう。逆の立場で、もし私が客としてお店にやって来て、私の知らない、あるいは判らないヒップホップなどをやられたのであれば、「金返せ!」ということになり、それ以前に、そんな店には行っていないでしょうが…。出来れば知っている曲、少なくとも聴いたことがある曲をやってくれるのは嬉しいものです。

どうも、楽器をやったことがない人には理解が難しいようですが…、自分の好きな曲と自分が出来る曲とは必ずしも一致しません。やるからには好きな曲しかしませんが、好きだからといって、それが出来るとは限りません。むしろ、好きだけど、出来ない曲の方が俄然多く存在していることは間違いありません。

前回ライブからまだそんなに日が経っておらず、出来れば同じ曲は避け、尚前回演奏の曲に準じて完成度の高い曲、お客さんも知っている…か、聴いたことのある曲、を基準に、「Match Box」「Johny B. Goode」「Surfin' USA」の3曲を選びました。

Genuine Mexican Partsこの「Surfin' USA」、はるか昔、中学生の頃、東芝キャピトルレコード、330円(あるいは340円?)でした。「日本の夏、キンチョウの夏」と同じく、毎年夏が来たら聞こえてくるあの曲、あれから50年もの長い間、自分では到底演奏出来ないであろうと思っていた曲、それこそレコードかCDで「聴く音楽」と思っていた曲が、この歳になり「自分で演奏する」曲になったのは当時想像もつかなかった事です。

東北・北海道では吹雪らしく、コタツに入ってミカンでも…という季節ですが、皆さんも知っている…?、聞いたことがある…『Surfin' USA』をお聴きください。※残念ながら、カメラが左に寄りすぎで、右が切れています。


Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


June 22, 2012

やって来ました、日本の夏! 「Surfin' USA」

持っていたギター:YAMAHA FG-180が「名器」とは聞いていましたが、ヤフオクでの評価・値段を見て「名器」ぶりを確認、自分で付けてしまった古傷に弱気になりながらも…、それを振り切って付けた俄然強気な価格が功を評しました。結果、脳裏をかすめた弱気が少々悔やまれますが…、冷静になってみると、私の予想を大きく上回る高値で、それも、当初は長期戦を予想していたのですが、最初のオークションで早々と落札されてしまいました。

40年間の長きに渡っててお世話になったのですが、実際に弾いたのは二十歳前後の数年間と、それに最近の4年間だけ。封印されたタイムカプセルはほとんどの年月を押し入れの奥で眠っていた訳で、その開封に感謝の意味を込めて、隅々までギターを磨き、新しい持ち主を思い描きながら丁寧にパッキング、宅配便の営業所に持って行きました。有り難く頂いた「厄よけのお札」を神社にお返しするように…。やらなければならない事をやり終えたような、何か、虚脱感のようなものを感じてしまいました。今思えば、娘を嫁に出した時でさえこういう感覚にはなりませんでした。Surfin' USA_5

そして、その週末はバンドの練習日というある日、NobuさんよりSkypeあり。「一度、楽器屋の多い御茶ノ水の水あたりを歩いてみたら…。手に入るまで、オレのギターを貸してやるよ。」 彼のアドバイスは有り難いのですが、私が生涯の内に手にしたギターと言えば先日手放したあの FG-180だけ、私に楽器の「目利き」が出来るはずもなく、加えて…、良さそうな楽器を見つけても、「すみません。ちょっと弾いてもいいですか?」と言えるような、その裏付けとなる、技量を持っている訳でもなく、ましてや、一日や二日で見つかるかどうか判らない…、 御茶ノ水 まで行ってギターを探すのはうっとうしい話です。
APX-10_1
バンドの練習日、彼は約束通りギターを持って来てくれました。エレアコなので、今までのギターに比べ一回り小振り、ネックも細くて握りやすく、一目で気に入ってしまいました。「Nobuさん、これ、私のギターの落札価格で譲ってくださいよ!」 

アンプも付けて譲ってもらったYAMAHA APX-10、大いに気に入っています。

ということで、今年もまたやって来ました、日本の夏!Maruさんのベース、Kun さんのドラム、私からの支払で購入したNobuさんのアンプ、そして私の APX-10、が参加する…、The Beach Boysの曲、「Surfin' USA」、2012年度版です。



※ Amazon: "Surfin' USA" 

Momo holding sign board-HKX Radio
※今までの曲は左サイド、Music Playerでお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 11:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 31, 2010

第二回 HKX紅白歌合戦

Momo 2昨年の大晦日、何もやることがなく、勝手に、第一回HKX紅白歌合戦をやりました。二回目は考えていなかたったのですが、今日の大晦日、Nobuさんの「今年はどうなるの〜」の言葉を思い出し、急遽、第二回をやることにしました。思い起こせば、今年は2月にKunさんがドラムでバンドに参加してもうすぐ1年になります。Nobuさんはブルースにのめり込んで、最近はイントロ→歌→間奏→歌→エンディングと一人で自己完結してしまっているようです。私、Isaoのギターだけは何の向上もなく、相変わらずです。

「紅白」とありますが、自分たちのやった曲の中で順位を付けるのですから、紅白もクソもありません。
第2回紅白歌合戦

リボン赤第8位 More Than I Can Say
そう言えば、12月におじゃまする予定だった池袋のお店:「サニーストーン」。すみません、今年はおじゃまさせていただきます。


リボン白7位  Memphis Tennessee


リボン赤6位  Lodi


リボン白5位  Mr tambourine Man
懐かしい曲です。


リボン赤4位 Tequila Sunrise


リボン白3位 Daydream Believer
Kun さんの持ち歌は「愛なき世界」だけではありません。


リボン赤2位 Oh, Pretty Woman
なかなか一生懸命に勉強した力作でした。


リボン白1位 Surfin' USA
呂律が回っていないようですが、大好きな曲を聞くだけでなく、歌えるようになりました。


来年はこの順位、どうなるのでしょうか?
Momo 紅白
よいお年をお迎え下さい。

Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

July 11, 2010

サーフィンUSA Surfin' USA

金鳥の夏もうすぐ梅雨明け、日本の夏。「夏が来〜れば思い出す」、といえばこの曲:『サーフィンUSA Surfin' USA』。といっても、50歳代以上の世代に限られるとは思いますが…。

誰でも知っている曲、誰にも楽しんでもらえる曲、ということで、この曲をバンドで練習し始めて早1ヶ月が過ぎてしまいました。「そんなに難しくはないだろう」と当初はたかをくくっていたのですが、どっこい、そうは行きません。

ビーチボーイズ(The Beach Boys、テレビドラマではありません。…念の為に)の1963年のヒット曲で、チャック・ベリーの「Sweet Little Surfin' SafariSixteen」の盗作(?)、ではなくて、改作でした。ヒットを競い合ったビートルズに比べると、彼らの楽器演奏は上手いとは言い難いのですが、ことハーモニーに関しては、後にフォー・フレッシュメンに例えられるほどのコーラスグループです。

1963年といえば、ケネディーがベトナム戦争に本格的に介入、日米間テレビ宇宙中継実験に成功、そこに飛び込んできたのが彼の暗殺というニュースでした。キューバ危機はかろうじて事なきを得ましたが東西冷戦は激化、ルーサー・キング牧師指導の公民権運動が高揚した年でした。

そんなアメリカ国内外が激動した年、西海岸は別世界だったのでしょうか、夏を待ちきれない高校生サーファーをテーマに、サーフスポットを並べただけ、それこそ、アメリカ国内外、「Inside Outside USA」を繰り返し、「ぼさぼさのロングヘア、バギー・パンツにサンダル履き」とはあきれるほどの、いや、すがすがしいほどのノーテンキです。

このノーテンキな歌のリードが私、ハモをNobuさんとKunさんが担当します。1番と3番は4小節ごとにブレイクなのですが、その間は歌とバスドラだけ、2人のハモは「ウー」と「Inside Outside USA」なのですが別々の音を出さなければなりません。3人それぞれ自分の担当だけで精一杯、全く余裕がありません。マイク1本、ミキサーなしの録音という限界はあるにせよ、互いにつられまいとして、勢い、声が必要以上に大きくなり、目指している全体の「ハーモニー」に至る道程は険しいようです。

ここで目処をつけなければ、2週間後の次回練習日まで持ち越されてしまいます。「今年の夏には間に合わないのでは…」、不安が脳裏を過ぎる今回の練習、まだまだ完成度は高くはありませんが、思わず耳をふさぎたくなることはなさそうです。完成度はともかく、「夏までには…」という締め切り期限だけはかろうじてクリア出来たようです。

いくつになっても夏は待ち遠しいものです。



Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでお聴きください。
       
 
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands

May 02, 2007

夏も近づく、ビーチボーイズ

夏が近づいてくると、ビーチボーイズの曲が頭に浮かんでくる人も多いのではないでしょうか。始めて「サーフィン USA」を聞いたときはショックで、後にこれがチャック・ベリーの曲:「スイート・リトル・シックスィーン」のパクリ(?)、いや失礼、これが元歌であることを知ったときは2度目のショックを覚えた記憶があります。道理で、「ジョニーBグッド」と共にメドレーで演奏されるはずです。

Surfin' Safari音楽はもちろん、いやそれ以上に私のお気に入りだったのが、アルバム「サーフィンサファリ」のジャケット。今でも、夏と言えばこのイメージです。




Wikipedia >The Beach Boys:Early years にはこう記されています(以下抜粋)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
初期のビーチボーイズはカリフォルニアの若い世代のライフスタイル(例えばAll Summer Long", "Fun, Fun, Fun")、車("Little Deuce Coupe")そしてもちろんサーフィン("Surfin' U.S.A." ,"Surfin' Safari" その他)を題材にしていました。彼らの音楽は明るく取っつきやすいものでしたが、同時にこれらの初期作品にも非常に洗練されたメロディーとアレンジが見られます。この時期、ブライアン・ウイルソンは急速に世界的に有名な作曲家、アレンジャーそしてプロデューサーに成長していきます。初期のヒット作は彼らを全米のみならず世界のポップスターに押し上げましたが、このアメリカのトップ・ポップグループは1964年ビートルズの出現により行く手を阻まれ、以降、創作上の主なライバルとなります。1968年ビートルズはビーチボーイズ音楽を愛着を込めてパロディ化した「バック・イン・ザ USSR」を録音。マイク・ラブはインドにおけるこの曲の制作に参加、一部の歌詞は彼の作だそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ビートルズと競うように彼らの音楽は洗練され、「グッドバイブレーション」に辿り着きます。時代は下って1988年、トム・クルーズ主演映画:「カクテル」の主題歌:「Kokomo」は皆さんもよくご存じでしょう。


The Rock and Roll Hall of Fame が選んだ192
0〜1990年の500曲に彼等の曲が5つもランクされています。因みに1位はさすがにビートルズ、7曲。

マイク・ラブは現在66歳、バリバリの現役リードボーカルで楽しいステージを見せてくれます。幾つになっても、夏が来るのは楽しみ。

Endless Summer,終わりなき夏であって欲しいものです。
Endless-Summer











本業にもお越し下さい。
    Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


原文
続きを読む

express01 at 18:54|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search