THE

January 26, 2013

Redwing 877

「これ、何とかしなさいよ!」 と、かみさんが玄関の戸袋から埃だらけの箱を出してきます。これが我が家に在ったとは…、てっきり忘れていました。びっくり箱か玉手箱…、白い手袋はめた学芸員がやるように、恐る恐る開けてみると、懐かしいRedwing ワークブーツ(8インチ)がカビだらけで、左右を仕切る薄い紙も当時のまま…。

Redwing 877_2ヤフオクで調べてみると…、「877羽タグ アイリッシュセッター」 、「アイリッシュセッターブーツ白犬タグ877」、 「希少 877 セッター犬刻印」 「877スクエアステッチ73年製四角犬 」 …、何やら「犬印妊婦帯」を思わすようなタイトル、見る人が見れば何なのかはピンと来るのでしょう。キャッチコピーも「旧犬タグ製USA表記。箱、タグ付きで、コレクターの方にもお勧め〜」、「奇跡のデッドストック、人気品番で、この年代の物は専門店でもかなり希少です。」…等々、これは大変な事になって来ました。

Redwing tag
まずはブーツをきれいにしなければなりません。表面のカビを柔らかい布で落とします。右足のベロ(甲の部分)の内側にタグが縫いつけてあるのですが、このタグが製造年により異なります。私のお宝は四角=スクエア、犬=アイリッシュセッター、"Made in America(Not USA)"で1973年製造のようです。…徐々に記憶が蘇って来ます。

made in USA catalog1975年あるいは76年、私は出張でアメリカに行きました。多くの若者がそうだったように、私もアメリカ文化にあこがれ…、いや…、かぶれていました。 ※少し前の世代がフランス、シャンソンに寄せていた気持ちと同じです。「演歌にかぶれる」とは聞いたことがありませんが…。

イーグルスが「Take It Easy」Asyrum Recordからデビューしたのが1971年で、1961年、ビーチボーイズ「Surfin' USA」で始まる私のウエストコースト音楽遍歴はそろそろ佳境に入ってきた感がありました。1975年には「Made In USA Catalog」が平凡出版から出され、私は衝撃を受けたものです。1976年、イーグルスは「ホテル・カリフォルニア」を大ヒットさせますが、最大のヒット故にこれ以上の曲を出せなくなり、最後のヒットになってしまいました。こういう時代でした。
Steve McQueen redwing 877
Steve McQueen

Jack Nicholson_One flew over the cukoo's nest 1975
Jack Nicholson in "One Flew Over The Cukoo's Nest 『カッコーの巣の上で』"

実は…、Redwing Boot 高さ:8インチよりも、6インチの方が好きで、アメリカに出張したらこれを買うものと決めていました。しかし、残念ながら買い物が目的でもなく、移動先の街で時間を見つけてお店を探さなければなりません。残念ながら、小さなサイズはなかなか見つけるのが大変で、やっと見つけたお店で私のサイズは8インチブーツが一足だけで、仕方なく「エイヤッ」とばかりに買ってしまいました。ところが、出張も終わりに近づいたある日にのぞいたお店で6インチブーツを見つけたのです。躊躇なくそれ、6インチブーツも購入、以来何十年、YAMAHA DT1やKawasaki KLXに乗った時もずっとこれをはき続け、左甲の部分がギアチェンジペダルに当たり黒く変色して良い味になっていたのですが、知らないうちにその所有権は長男に移っていました。

最初に買った8インチブーツ、どう考えても…、履いたり脱いだりする日本の生活では不便、結局、全く手を付けずにお蔵入りとなってしまいました。ヤフオクを調べていくと、私の所有するそれは「1973年製 Redwing 877 箱付き 未使用(業界ではどうもデッドストックと呼ぶらしい」、これで落札されたかどうかは判りませんが…、高値:148,990円や247,990円が見受けられます。これは、「お宝発見」とばかりに早速、「取らぬ狸の〜」、ヤフオクに出品、さすがに247,990円の価格は提示できませんでしたが、これで差し迫った車検代も捻出出来る、よしよし…ほくそ笑みながら、あつかましくも…178,000円を提示したのでした。久々のいい話、回りの友人に自慢げに話すと、驚くべき事に、Toshiさんは、このRedwing 877を紹介している雑誌:「Made In USA Catalog」をいまだに保有している由。昨年11月のことでした。

明るいお正月が迎えられるはず…でしたが、アクセス数・ウオッチリストの追加数は多いのですが、具体的な入札が全くありません。128,000円→98,000円→78,000円→58,000円と、当方のOfferを次第に下げ、回りの友人の「ブーツはどうなった?」の質問にも不愉快になって、迎えた2013年1月、これが最後…、38,000円で望みました。全くあきらめて、結果を見たくない心境の1〜2日後、落札者からの第一報で商売の成立を知った私でした。文面から想像するに、彼はまだ二十代、…なかなかの目利き…、彼も子供に譲るまで大事に履いてくれることでしょう。

Toshiさん!今度は貴兄の「Made In USA Catalog」を出品しようよ!。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


August 15, 2012

ザ・ビーチ・ボーイズ来日 

『ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)』が来日、もちろん大歓迎です。今日の新聞、『来日公演迫る! ビーチ・ボーイズ S席:¥9,000 A席:¥8,000』の広告が目につきます。

The Beachboys 新聞広告_2

明日ですよ。8月16日(木)千葉県幕張・QVCマリンフィールドの由で、どうも、チケットはあまり売れていないようです。幕張といえば、見本市会場しか行ったことがないのですが、私の住む町田からは、東京都内をはさんで、全く地球の裏側、コンサート後現地で一泊するのならともかく、終わって帰ってくるのはほとんど不可能です。前座に、といえば失礼ですが…、スペシャル・ゲストに、これまた私の好きな『アメリカ(America)』が参加しているのは、少々惜しい気持ちですが、残念ながら一泊二日はかけられません。
Beach-Boys_50_reunion tour_2

ザ・ビーチ・ボーイズ結成50年記念ワールドツアーの一環、33年ぶりの来日の由ですが、私が彼等のコンサートに行ったのはさらに前の話、たしか、高校生の時、現在はその場所自体があるかどうか知りませんが…、会場は大阪中之島、フェスティバル・ホールでした。

新曲:『That's Why God Made The Radio』は極めてクラシック、1963年の彼等のヒット:『サーファー・ガール Surfer Girl』のメロディーそして歌詞の焼き直し、1963年の彼等に戻ったような気がします。タイトルに言う『だから、神はラジオを創ったのさ』とは意味が違いますが、50〜60年代はラジオの時代、ラジオが多くのヒット曲を生み、ビーチ・ボーイズの多くの曲がラジオから流れていた時代でした。


当ブログにも、2007年5月2日:『夏も近づく、ビーチ・ボーイズ』、2007年10月21日:『ずいぶん前に夏が終わっても、ビーチ・ボーイズ』、2008年6月10日:『Little Honda、50歳の誕生日』、2010年7月11日:『サーフィンUSA Surfin' USA』、2012年6月22日『やって来ました日本の夏 Surfin' USA』と、最多の、過去5回登場しています。

さすがに、還暦どころの話ではありません…、皆さん歳をとりました。Nobuさんと一緒にブライアン・ウイルソンのコンサートに行ったのは10年ぐらい前か…、その頃から、彼はすでに立って歌えなくなっていました。ほんとうに、ザ・ビーチ・ボーイズ最後のコンサートかも知れません。

新聞広告には、『当日券有り!! ※S席のみ ¥9,500』の目立つ表示、今からでも遅くはありません。まだ、間に合います。…この夏もいつか…、もうすぐ…、終わりますよ。

※Amazon Music Store:"That's Why God Made The Radio"  by The Beachboys

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. このサイトの順位は?ボタンを押して下さい。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 23:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 24, 2012

Standing on The Corner of Winslow, Arizona

『Sister Golden Hair』でYoutube デビューしたのが2008年1月21日、大げさに言えば、この日に始まる我々のバンド歴史において、何度も取り上げられながらも、結果的にはボツとなった、幻(まぼろし)の『Take It Easy』に再度挑戦してみようということになりました。振り返ると、どうも私の自己流バックコーラスが災いしていたようで、バンド結成4周年記念の先週末、これを期に乗り越えるべく挑んだのですが…、満足の行く結果を得るには時間がかかりそうです。少々残念ですが、途中経過報告…ということでお聞きください。


Youtube デビューの前月、2007年12月9日に『Take it Easy アリゾナ州ウィンスローの街角』を書いています。皆さんにもご理解いただけると思いますが、昔自分の書いた記事を読み返すと、どこか気恥ずかしい気持ちになってしまいます。

「(出身は) Winslow, Arizona です」。…の自己紹介の後には、間違いなく、あなたは聞かれることでしょう。「えっ、あの『Standing On The Corner of Winslow, Arizona』の出身ですか」、って。〜 
聞いてみようと…あれから4年、残念ながら、ウィンスロー出身の人は私の回りには現れませんでしたが…。
Route66-Arizona_2
州都:フェニックスの北200マイルにあるこの街、ウィンスローは生き残りをかけて必至にもがいていました。かつては、アメリカの大動脈:ルート66が通っていましたが、1970年代に入り、ルート66に代わって建設されたインターステート40号線がウィンスローを迂回、加えてサンタフェ鉄道の路線縮小と、ウィンスローは忘却の淵にまで追いやられたのでした。route 66 roadside attraction  winslow arizona

1990年代、シャッターが閉じた商店街の横に、Eaglesに触発されてこの街にやって来る旅行者に見てもらう何かを…、と作られたのが、安っぽいカラオケのように、歌詞のまんまの壁画、そしてギターを持った等身大のブロンズ像でした。これがStanding On The Corner Partkの始まりで、1999年にはウィンスロー市当局がこれを公認、以来、毎年9月には『Standing On The Corner Music Festival』を主催しているそうです。

ウィンスロー市民といっても、たったの10,500人、最低50ドルから始まる、アメリカ全土からの寄付に依って運営されており、一人一人のメッセージが記された煉瓦が敷き詰められているそうです。

2007年の時点ではたぶん不可能だったようですが、今や、Google Map-ストリート・ビューを使って、あなたもThe Corner of Winslow, Arizona に立つことができますよ。どうぞ、お試し下さい。そして、我々の『Take It Easy』完成には、今しばらくのご猶予を…。

より大きな地図で Standing on the corner of Winslow, Arizona を表示

下はストリート・ビュー2008年7月の画像。残念ながら、ウインスローの街角は工事中の様子で、無粋にもショベルカーが停まっており、歌詞とは違い、あまり良い景色ではありません。※Googleに、もう少し配慮があればうれしいのですが…。

♪ Well, I'm a standing on a corner in Winslow, Arizona and such a fine sight to see ♪
Corner of Wislow, Arizona
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


October 19, 2011

ステージ・フライト Stage Fright

Nobuさんとデュエットを組んだのが2007年6月、それから半年後、2008年1月、『Sister Golden Hair』で衝撃のデビュー!。…というほどたいそうなものではありませんが…おっかなびっくり、ブログで紹介しましたが、「上手い」とか「下手」とか…、皆様からのコメントは一切ありません。それから2年後の2010年2月にはKunさんがドラムで参加して以降はバンドらしくなって来た、とは思われませんか?。

この4年間、Nobuさんは新しくギターを購入して、地元のライブハウスにも出たり、より一層自分の時間を音楽活動に費やしていますが、未だ現役で働いているKunさんはともかく、私は自分の音楽に耽溺するほどにはギターが上手い訳でもなく、35年ぶりに押し入れから出したギターを35年前と同じ技量で弾いております。

DDB_1It Never Rains in Southern California _1Let Your Love Flow_1More Than_1


pretty woman_1surfin' usa_1smokin boogie_1Wansaka_1



そんな我々ですが、誰からともなく「ステージ・デビューしよう!」という声が上がり、10月末の土曜日、いつもの鶴ヶ島での練習の後、東松山まで遠征…(?)、Nobuさん馴染みの店から出演の依頼があった訳でもなく…、もちろん、当方からお金を出して、オープン・ステージに立たせて頂くことになりました。以前にも書いたとおり、私と違って、あとの二人は大学時代からバンドの経験者、人前で演奏するのは当たり前、彼等は強い快感さえ覚えている様子…。

それに比べて…、かけ声に大いに賛同したものの、私には舞台に上がった経験がありません。「舞台の上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、「練習では、お互いに顔・口の動きを見ながら出来たが、舞台の上ではそうは行かない…」等々、内心、その日が近づくにつれ、不安が募ります。

私の人生で最も好きなバンド:The Bandの歌う、最も好きな曲の一つ、『ステージ・フライト Stage Fright』を訳してみました。「舞台恐怖症、舞台負け、気後れ・場遅れ」、と訳するのもどこかヘンです。もう一つのRoot Music Band: CCR(クリーデンス・クリアウォター・リバイバル)の歌の様には行きません。難しいです。誰か正解をご存じの方、お教え下さい。              読みながらお聴きください。→続き


彼等の曲は、…好きなのですが…、歌えません。ハーモニーを聞かせる歌ということで、『Memphis』、『Lodi』、『Proud Mary』、『Bye Bye Love』を候補にあげています。ステージをお楽しみに!

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 
続きを読む

October 20, 2010

ウォーク・ザ・ライン Walk The Line

walk the line on billboardまもなく始まろうとするフォルサム刑務所でのコンサート、舞台の袖に、復活を遂げたキャッシュが、妻:ジェーン・カーターとともにたたずんでいるシーンからこの映画:『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 Walk The Line 』は始まります。

貧乏/劣等感arrow 02-blackチャンス/開花arrow 02-black出会い/別れarrow 02-black挫折/薬物依存arrow 02-black再会arrow 02-black克服/再起arrow 02-black復活/成就

専門家の高い評価を受けているようですが、ミュージシャンの伝記物ではおきまりの筋立て、どうも私には理解が出来ません。少々くさい日本語の副題:『君につづく道』の通り、単純な恋愛物と理解すべきでしょう。ストーリーは面白くないが、音楽好きの私にとっては「ヘーッ」と感心することばかりです。高い評価の理由は、二人を演じているホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンの歌唱・演奏力、特に彼女の歌唱力がアカデミー主演女優賞受賞を可能にしたのでしょう。音楽に素人の彼らが猛練習して役になりきる。プロの俳優とはこういうものなのでしょう。

1954年、彼は、ジェリー・リー・ルイス、エルビス・プレスリー、カール・パーキンスロイ・オービソンと同じく、サン・レコードのサム・フィリップ (Sam Phillips, Sun Records)に見いだされたのですが、彼らの才能を見い出し、従来のカントリー(ヒルビリー)から白人のブルース、ロックンロール(ロカビリー)に時代が変わることを読み取ったサム・フィリップは類い希なる才能の持ち主だったのでしょう。同じ頃、チャック・ベリーが現れるのも不思議な思いがします。

残念ながら、私は彼の歌っている曲をあまり知らないし、知っているだけで、あまり好きではありません。二人が歌う「It Ain't Me Babe」を聴いたのはこの映画で始めて知りました。もちろん、これはボブ・ディランの曲ですが…、そう言えば、昔、『Girl from the North Country』をディランとキャッシュがデュエットしていたのを思い出します。当時は、何故彼らが一緒に歌うのかどうも理解できませんでしたが、二人に深い親交があったのを教えてくれたのはこの映画です。



カール・パーキンスをサン・レコードに引き込んだのもキャッシュだそうです。作った本人よりもエルビスの歌で大ヒットする『ブルー・スエードシューズ Blue Suede Shoes』、繰り返されるフレーズ:「But don't you step on my blue suede shoes」はキャッシュが兵役でドイツに滞在、誰かが「俺のブルースェードシューズを踏むなよ!」としゃべっているのを聞いた、というのがヒントだそうです。詳しくは『ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes』をご参照下さい。

1968年、彼はフォルサム・カリフォルニア州刑務所でのコンサートを実現、ドイツ滞在中に作った彼の最初のヒット:『フォルサム・プリズン・ブルース Folsom Prison Blues』をオープニングに、そのコンサートは大成功、ここに彼の復活は完成したのでした。

カントリー歌手としての地位を不動の物にした彼は、ある時、ベーカーズ・フィールド出身の新人歌手:マール・ハガードとステージを共にすることがありました。

マール・ハガード:「サン・クエンティンではあなたのステージを大いに楽しむことが出来ました。」
キャッシュ:「あのステージに君が一緒に居たとは知らなかったよ。」
マール・ハガード:「いやいや、僕はあなたのステージでご一緒したのではなく、聴衆の一人でした。」

ジョニー・キャッシュはサン・クエンティン刑務所でも囚人慰問のコンサートを行いましたが、マール・ハガードはそこに服役中だったのです。3回もキャッシュのコンサートを見たというのですから、彼のムショ暮らしはかなり長かったのでしょうね。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search