Strase

October 07, 2013

道路標識の英語表記 

Lさんは私のビジネス・パートナー、香港人(中国人)ですが2年目にアメリカに移住、今はフロリダ州に住んでいます。以前は近かったたこともあり、年に数回は来日していました。当時は都内で面会していましたが、私が新宿に出るのさえも億劫に感じた時があり、私の住んでいる町田まで来てもらったことがあります。ホテルはもちろん私がとりましたが…。成田エクスプレスに乗ってしまえば新宿まで1時間半、自動券売機で特急券+乗車券を買うのが最初の難関、新宿で小田急の乗り場に移動してまたもや切符を買って特急あるいは急行で約30分かかります。荷物を手に、日本人でさえ難しい自動券売機を使い、成田から2時間かけてやって来るのは、ましてや外国人には…、さぞ大変難儀なことでしょう。

夕食では疲れた様子もなく、我々の疑問に応えて…、日本では漢字で表記され、主だったところでは英語が併記されており、ほとんどのことは理解出来る、とは彼女の言葉。これとは対照的に、彼女が旅行して全く途方に暮れてしまったのは韓国のソウル、全てがハングル表記で、漢字表記は全くなかったそうです。今は、行ったことがないので知りませんが…。
 
国土交通省は先日、2020年東京オリンピック開催に向けて、全国の観光地にあるサザンビーチ道路案内標識の英語表記を、外国人旅行者にも分かりやすいよう改善すると発表しました。英語、英語のようなローマ字表記、あるいは全くローマ字表記が、外国人旅行者により便利なように、ということで改善されるそうです。反面、世界の共通言語としての英語化の流れ、世界語としての英語の脅威・圧力に日本は屈したと見る意見もあるようです。道路標識・駅名にはヘボン式という表記方法で書かれていますが、これは日本語をローマ字で表したもので、あくまでも日本語、そこに英語的な単語が添えられるからヘンな英語になってしまいます。

この道路標明治通り識の英語表記改善のニュースに関連してネット上では多くの面白い意見が出ています。どこの街にもありそうな「公園通り」とか「駅前通り」、英語表記では「Koen Dori St. or Ave」や「Ekimae Dori St. or Ave」が正解ではないでしょうか。「Park St. or Ave.」や「Station St. or Ave.」は論外、英語としては正しいかも知れないが、「Koen St. or Ave.」や「Ekimae St. or Ave.」では「地名」と理解されている固有名詞とはかけ離れたものになってしまいます。「明治通り」、正解は「Meiji-Dori St. or Ave」でしょう。「通り Dori」があるからこそ意味をなし、それがなければ、全く異なる意味になってしまいます。

「”ロマンチック街道”と日本語で書いてあった時、なんか違うと思ったよ」、とはドイツに観光旅行に行った人の投稿。思わず笑ってしまいますが、やって来る日本人観光客は、地元人の親切心は理解できるが…、はるか古代ローマ時代に思いをはせ、ローマ人たちによって作られ、ローマへの道路網の一環として整備されたRomantische Straseに「ロマンチック街道」の日本語表記、たしかにこれには違和感、興ざめしてしまいます。日本で議論されている道路標識の英語表記の話とは、どこかニュアンスは違いますが、英語表記を読む外国人旅行者がどのように感じ・理解するかは重要なことです。

2013年10月1日付朝日新聞に掲載された亀井雄三氏の投書、「標識に日本語読みローマ字も」は大いに納得です。
※ 「朝日新聞」投書欄2013.10.01
新聞投書 

日本語の音が入れば、例えば、「Koen Dori St. or Ave」、「Ekimae Dori St. or Ave」、「Meiji Dori St. or Ave」、道を尋ねられた地元の人は、たとえ英語が判らなくとも、外国人の発音だとしても聞き慣れた日本語に近く、対応できるでしょう。

この日本語のローマ字表記及び英語表記、何も英語を母語とする旅行者だけではなく、むしろ母語としない外国人旅行者がその対象です。確かに、外国人旅行者数の国別推移を見ると、韓国人及び中国人が多いのですが、上の理由により、ハングルあるいは中文(簡体字)で表記する必要性は全くありません。来日する中国人が簡体字しか読めないはずもなく、友人のLさんの如く日本式の漢字及び英語表記で問題ないでしょう。それでなくともスペースの限られた標識、ハングル及び中文(簡体字)は全く不要、日本語+日本語のローマ字表記+英語の説明、これだけを表記すべきです。

Momo holding sign board-HKX Radio
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search