Strase

August 07, 2014

挑戦! 英語の資格試験

 バンド仲間のKunさんからメール、先日練習を始めたビートルズの「Norwegian Wood」の件か…、と思いきや、先月受けた英語の試験に見事<合格>した旨のメールでした。曰く、「これがあるから何なの?という問題は相変わらずついて回りますが、少なくとも6?才にもなって試験を受けてそれに合格したという事実に自己満足しています。」 全く同感です。

 大阪弁の、「ええかっこ」云う訳ではないのですが、バンドのメンバー3人は全て海外に駐在した経験があり、自ずと、普通の人に比べて…、異文化・外国人と接触する機会が多くありました。上手いか下手かはともかく、英語は勉強もしたし、英語を使って仕事をやり、赴任先では家族と一緒に生活し、少なからず多くの日本人が持つ外国人アレルギーはあまりありません。2020年に東京オリンピック開催が決まり、今後、通訳・ガイドのアルバイトあるいはボランティアにせよ、この種の需要は増えるであろう、とはKunさんの予測です。仕事・駐在員生活を通して、普通の人に比べて、英語にも親しんできたのですが、残念ながら、英検、TOEIC, TOFULなどの資格を持っていません。今の世の中、資格社会らしく、採用する方にしても、最初の書類審査で何がしかの英会話資格の記載があれば、その応募者がどの程度の実力を持つものか想像できるというものです。

 東京タワー(1958)〜東京オリンピック(1964)〜大阪万博(1970)、戦後の復興の象徴、個人的には<洋楽かぶれ>の病に感染し、その真っ只中を過ごした時期とも重なります。もう一つ、国際社会への復帰を高らかに宣言した時期でもあり、英語(読み・書きだけではなく、聞く・話す)の重要性が熱く語られていました。<洋楽かぶれ>だった私は、The BeatlesとThe Beach Boysの登場に狂喜し、自ずと中学校で初めて体験する科目:「英語」が好きになり、高校では「英語」だけは一目置かれるようになりました。大学に入るとそこは学園紛争で休講ばかり、学生運動の真似事をやっている訳にもいかず、近所の人の誘いで大手印刷会社が各国からの需要を当て込んで新設した<万博室>で1年間、外国パビリオン向けのパンフレット、冊子など印刷物の営業をやりました。アルバイトは、私以外に2人、1人は英語学科、1人は英文学科のどちらも大学院生とレベルが違いましたが、私には大いに勉強になったのは間違いありません。

 あdata_116-650x854れから50年、半世紀が過ぎていますが、こと「英語(聞く・話す)能力」、今流行の言葉でいう「英語でのコミュニケーション能力」は全く進歩していないのではないでしょうか。日本ではほとんど、おそらく90%以上の人が英語を使う必要がありません。最大の理由は、我々は日本語という優れた言語を自国語として持つからです。高度な思考で世界を論ずるには概念語・抽象語・専門語などの高級語彙が必要であり、これを自国語で大学の博士課程まで教育出来るのは、アジアにおいて日本が例外的な国であり、世界を見回しても自前で賄うのはアラビア語とロマンス語(スペイン語を除く)だけだそうです。もう一つ、優れた翻訳能力、出版技術があるでしょうし、これは言語の問題というより、経済的か…採算に合うかどうかということで、1億を超える人口規模があり、研究・教育始めマスコミ(出版・映画・TV)など、ある一定以上の需要規模を確保することが出来るからでしょう。

 英語のプロになる必要は全くありません。来日する外国人で多いのは中国人と韓国人のはず、英語圏はもちろん、むしろ彼等のような非英語圏の人間同士のコミュニケーションが出来るようになるべきです。駅の標識に中文・ハングルの表記は全く不要、ムダ、英語表記で十分です。中国にせよ、韓国にせよ、多くは高校卒業までの数年間に、日本人と同じく、英語を学んでいるはずです。加えて、道路標識、日本語に加えて、<日本語(音)の英語読み表示>及び<日本語の(意味)の英語表示>のみとします。こうすれば、△罵解し、,鬚發辰督未蠅垢りの誰にでも聞くことが出来ます。ドイツのヴュルツブルクの街道を旅行中、「ロマンチック街道」という日本語表示を目にした日本人が興ざめしたそうですが、これこそ「大きなお世話」です(良かれとやったのでしょうが…)。

 テレビで見ていても全くおもしろくなかったロンドンオリンピックの柔道、このお家芸のルールを国際的に決める場で、全日本柔道連盟の発信力、交渉力、英語コミュニケーション能力があればこんなことにはならなかったはずです。組織の内に向かってはめっぽう強い「〜バカ」だけ集めてもダメということでしょう。

 Kunさんから譲り受けた観光英語の過去問題集を参考に、大学入試・入社試験以来43年ぶりの試験合格を目指してまじめに勉強しています。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search