So_Sad

December 31, 2016

第8回 かってに、HKX紅白歌合戦

紅白幕_1
第8回HKX紅白歌合戦
紅白幕_1
 バンド活動は、メンバーそれぞれに事情があり、ライブ活動のお誘いもなく、隔週日曜日の練習日さえも確保できず、あまり充実したものではありませんでした。自ずと新曲も少なく、例えば、The Kentucky Headhuntersが歌う『So Sad(To Watch Good Love Go Bad)』(昔のエヴァリー・ブラザーズの曲)を練習中ですが、早い話がカバーのカバー、経過した日数の割にはその完成度が上がりません。主たる原因は私を含めた各自の練習不足と思われます。「打ち合わせ・音合わせ」とは、それまでに各自が練習した結果をその場に持ち寄って調整するもので、けっして練習の場ではないとはプロの言。辛うじてこの曲が紅白出場です。 

 バンド活動に比べて俄然面白かったのがストリーム・ラジオです。今まではこの歳になって新しく曲を発掘するなど想像も出来ませんでしたが、今までは知らなかっただけで、多くのお気に入りを見つけ出しています。この3〜4ヶ月の間に2千百曲を録音(ダウンロード)、その中から「これッ!」という130曲をiPhoneのプレイリストに収録、朝夕の散歩の時に聞いています。今年の『かってに紅白歌合戦』はこれです。

『Galveston』 by David Nail & Lee Ann Womack
『Still Rollin'』 by  Gretchen Wilson
 
『Sand 』 by Aaron Lines
『Single Thing In Mind』 by Conway Twitty

 私のギターの技量では15分ぐらいしか持たないのですが、リード、あるいはバックコーラスを含めて練習して「打ち合わせ・音合わせ」に望み、積極的にライブに参加したいと思っています。また、ギターの技量向上をこの私に望むのは難しく、基本的にはコードを刻むだけなのですが、これにちょっとした経過音(?)を加えて、ソロでもギターの伴奏で歌えるように、出来れば近所に住む同好の人達とサークル活動をしたいと思っています。

 ますます団地内に引きこもってしまいそうですが、バンド活動だけは積極的に外に出て行きましょう。
 
 みなさん、よいお年を!
  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT .  皆様のご支持をお願いします。
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ   


June 13, 2016

So Sad (To Watch Good Love Go Bad)

 当時は高校生、てっきり、『Bye Bye Love』はSimon & Garfunkleの曲と思っていました。実は、かつて彼らが模倣し,そして目指したのがEverly Brothersであったということを知ったのはそのレコードのライナー・ノートでした。Emmylou Harris & Gram Parsonsが歌う『Love Hurts』など他の歌手がカバーするのは聞いたことがあるのですが、Everly Brothersのそれはどうも古くさくて苦手でした。

 しかし、1983年、当時、オーストラリア・シドニーに在住していたとき、テレビで『Everly Brothers Reunion Concert at Royal Albert Hall』が放映されたのを見て、一変、痛く感激したのを覚えています。イギリス人のカントリー・ギタリスト:Albert Leeが奔走して実現した、10年ぶりの音楽活動復帰・同窓会でした。その中で、『Crying In The Rain』と並んで、気に入ったのがこの曲です。今回は、未完成ながら、The The Kentucky Headhuntersのカバーした『So Sad(To See Good Love Go Bad)』のカバーした『So Sad(To See Good Love Go Bad)』、そのまたカバーということになります。直訳ぽぃかも知れませんが、どうぞお許し下さい。

"So Sad (To Watch Good Love Go Bad)" by The Everly Brothers

楽しい時を過ごしたこともあった
だけど今はそれもどこかへ行ってしまった
愛が死んでしまうのを見ていると泣きたくなる
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

覚えているだろうか
あなたは言った 何があっても自分の気持ちは変わらないと
二人が別れるのを見るのは心が張り裂ける
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

あなたを失いつつあることを
確かに知った時
僕がこんなに落ち込むのも
不思議ではないでしょう

覚えているだろうか
あなたは言った 何があっても自分の気持ちは変わらないと
二人が別れるのを見るのは心が張り裂ける
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

  もう同窓会が開かれることはありません。Phil Everlyは2014年1月3日に亡くなりました。74歳でした。
 Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  


December 30, 2015

第7回 かってに、HKX紅白歌合戦

 私の人生にはもう少し余裕はありますが…、今年の幕を降ろす秒読みは始まっています。

 忘年会の一つがあり、久しぶりに街に出ました。東京都と神奈川県の境を流れる、文字通り、境川沿いに歩行者優先の自転車道を走って江ノ島からの復路、藤沢当たりの公園のベンチで休憩していると、話しかけてきたのが彼でした。Hさんは私より先輩ですが、昔はトライアスロン日本代表の一人として宮古島・ハワイ遠征の経験があり、恐れ多くも、そんな彼に藤沢の遊行寺、鎌倉の妙本寺を自転車で案内してもらったことがあります。一年を振り返ってみると、寒い冬、「暖かくなったら自転車に乗ろう」と思い、暖かく・暑くなってくると「涼しくなってから…」、と何かと自分に言い訳して…、今年は自転車に乗っても町田市止まり、電動アシストならともかく…、江ノ島・鎌倉なんて「とんでもない」と云うのが本音です。以来、自転車で知り合った彼ですが、大和か町田のどちらかで、忘年会だけが続いています。

 子供の頃、若い時には、今まで出来なかったことが初めて出来た瞬間…、ある種の感動にも似た経験をしたものですが、最近この歳になるとめっきり少なくなりました。はずかしいながら描き始めた「絵」が意外にも皆さんに喜んでもらい、最近は、自己流ながら、「楽しい」という領域にまで入って来たのは大いに感動に値する経験です。余談ながら、「知っているというのは、好むには及ばない。好むというのは、楽しむのには及ばない」と云うそうですが、「「楽しむ」とは主客合一の夢幻境、対象への「知」と「愛」、それを持って止揚した所に本物の揺るぎない「楽しさ」が誕生する(『遊びの構造論 』)」と続くのですが、私の場合は、もちろん、到底その域にまでは達していません。しかし、「絵」は自分の人生で見つけた最後の、そしてこれからの人生、いや、余生で最も重要な位置を占める予感がするのです。

 Nobuさんに誘われて40年ぶりに押し入れの奥から引きずり出したギターでブログにデビュー(『やってしまいした Sister Golden Hair(2008年1月)』、その数年後には初めてライブ・ステージに立ったのが還暦を過ぎてからのことでした。Nobuさんは他のカントリーバンドでスチールを弾くようになり、我々と違ってお金をもらえる立場、そのスケジュールが優先されるのは当然、Kunさんは現役で日曜日だけ、私はと云えば、2年目の管理組合副理事長で、理事会・住民を二分する大論争の最中で外すわけにもいかず、バンドのメンバーには何かと迷惑をかけています。

紅白幕_1

第7回HKX紅白歌合戦

紅白幕_1

 この1年、どんな新曲をやったのかを振り返ってみると、『Norwegian Wood』『Who'll Stop The Rain』も2014年の曲、2015年にはわずか1曲:『Woodstock』しかやっていなかったのを知って愕然としてしまいました。嬉しいことに、先日、以前のメンバーの一人、BaseのMaruさんが復帰して、文字通りBaseは曲の元・根幹であることを再確認させられたところです。ということで、今年の『第7回紅白歌合戦』のトリは、BaseのMaruさん復帰記念の『So Sad ( To Watch Good Love Go Bad)』です。ご存じ、Everly Brothersの古い曲で、もう少し練習すれば聞きやすくなることでしょう。

 私は、このギターの技量で感動を覚えることはほとんど不可能でしょうが、バンド活動は「楽しい」です。

 この一年、応援して頂きありがとうございました。皆さん、良いお年をお迎えください! 

さよなら
※参考:蘭田碩哉『遊びの構造論
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search