Paul_McCarthy

November 16, 2013

Paul, Get Back to Osaka

paul in japan普段、年賀状のやりとりだけの高校時代の友人から興奮気味のメールをもらいました。ポール・マッカートニーが『OUT THERE TOUR』で来日、彼は11月12日、京セラドーム大阪でのコンサートに行ってきたそうです。アコースティックによる『Yesterday』に感動、20曲以上が一緒に口ずさめる曲に感激、その興奮も冷めやらぬ次の日、思い余って…、メールを送って来たのでした。遠い昔、もう一人の友人にビートルズのLPレコード(アルバム)を借りて聞いたことを懐かしく思い出し、そうだ、イサオはどうしてる…ということになったのでしょう。

The Beatles in Japanビートルズが初来日したのは1966年(昭和41年)、17歳、高校2年生の時、今から47年前、約半世紀前とは、めまいするぐらいに気が遠くなるような昔の話です。
今回ポールのコンサートに行った彼ともう一人友人がいました。私とは中学も同窓で、その当時から電気カミソリを使うぐらいに髭が濃く大人っぽいにも拘わらず、生まれながらに心臓に問題があり、それが原因か…、今から十数年前に亡くなった友人:Hがその人でした。私を含めた3人は音楽でつながっていたように思えます。

髭が濃いだけじゃなく、当時興隆し始めた学生運動にもどこか傾倒していた節もあり、こと音楽に関しても単なる知識だけではなくもっともな理論は大いに大人を感じさせるものでした。ビートルズの楽曲に関する知識も豊富でした。驚いたのは、ビートルズ来日は東京公演一夜のみでしたが、そのチケット購入は往復ハガキで申し込み、抽選によるものでしたが、彼は「購入OK」のハガキを受け取り、興奮していたのを覚えています。残念ながら、東京までコンサートを見には行かなかったのですが、彼のビートルズに対する熱意は私など足元にも及ばないものでした。

正直言いますと、私はそれほどビートルズが好きではありませんでした。同時代に現れたビーチボーイズ、ボブ・ディランに惹かれ、The Byrdsに始まり、受験時代はC.S.N.Y.、大学時代はThe Band、最後はThe Eagles、〜Westcoastぽい、Countryぽいロック、今の言葉で…Roots Music〜のままで現在に至っています。

ビートルズだけではなく、その彼はその東京公演の前座をつとめたスパイダーズのファンでした。クラス担任の先生は国語が専門でしたが、話が短歌に及び、先生が上の句を読み上げ、下の句をその友人:Hが答えて、〜〜○ ○ ○ ○ ○ ○ ○夕日がないてる〜〜。学生は喝采、先生が無口になったのをおぼえていますが、その先生も今はいません。

今回ポールのコンサートに行った友人は音楽教室に通いギターを再勉強していると聞きます。私も、キャリアの長さだけは相当なものですが、技量はほとんど当時のままです。いつかもうすぐ、一緒に歌い、語りたいものです。その当時の女の子も参加してもらえればなおよし…。

※朝のテレビ番組:『ヤング720』で見たこの映像は今も記憶に鮮明です。


Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search