Love

August 13, 2015

何年ぶりかの渋谷で、映画『ラブ&マーシー』

Love & Mercy  関西に住む友人に「ビーチ・ボーイズのファンよね。彼らの映画が来ているわ…」と指摘されて初めて知った映画:『ラブ&マーシー Love & Mercy』を観に渋谷まで行ってきました。もっと近くで観られると思ったのですが、八王子の公開予定が9月で、この夏の思い出の一つに入れるには遅すぎます。渋谷に出るのは何年ぶりか、さすがに若者文化の街、通りを歩いていても彼らの速度について行けません。少し気後れしてしまうのは正直なところです。

  ビーチ・ボーイズとの出会いは私が中学1〜2年の時に遡ります。当時、ラジオのヒットパレードにはビートルズかビーチ・ボーイズがランクインしていない日はなかったのではないでしょうか。私が彼らの曲を最初に買ったのは『Surfin' USA』、ビートルズの『抱きしめたい "I Want To Hold Your Hand"(1963)』、『プリーズ、プリーズミー Please, Please Me』よりも遅かったように思います。1963年の出来事でした。アイドルバンドから始まったこの二つのバンドは、お互いに意識し合って、競うように、単なるアイドルから脱皮するかのように、新しい音楽を目指していきます。

 ビートルズの『Rubber Soul (ラバー・ソウル 1965)』が従来のアルバムの概念を替えてしまいました。ボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド Blond On Blond』に触発されたというこのアルバム、まず最初にこのアルバムタイトル、ビートルズ初めイギリスのバンドが、アメリカ黒人ミュージシャンから「Plastic Soul」、「まがいもののソウル、ソウルもどき」との酷評に対する彼等の皮肉でした。アメリカのアルバムといえば、員数合わせのような、単に10〜12曲の詩を何の脈絡もなく並べたものでしたが、『ラバー・ソウル Rubber Soul』はコンセプトアルバムであり、彼等が既にアイドルの域を抜け出し、バンドの各人がアーティストとして確立されています。

 ブライアン・ウイルソンはこれに大きな影響を受け、アルバム:『ペット・サウンズ Pet Sounds』(1966)を制作します。そのころから、彼の精神の崩壊が始まります。
ブライアン・ウイルソン

 かつて、朝鮮戦争の時代にジャズが流行したように、時代はベトナム戦争・北爆が激化、アメリカ国内では徴兵拒否など厭戦気分が高まります。ヒッピー、フラワー・ムーブメントが興り、音楽文化では、ジャズに代わってロック・ミュージックが流行、極めつけはサイケデリック・ミュージックに至りました。※因みに、 psychedelic= psyco(精神病質の・錯乱した) + eccentric(変人・奇人、奇抜な)で、幻覚状態を想起させるの意味。髪の毛を伸ばして髭をはやし、マリファナ、LSD、フリーセックス等の言葉に代表される対抗文化が絶頂期を迎えることになります。

 60年代、彼に嫉妬する癇癪持ちで暴力的な父に…、そして、80年代には彼を救うはずの精神科医の異常なまでの監視に…、彼は脅えた…と映画は描いています。厳格な父から逃れるために…、何よりも、新しい音楽的境地に辿り着くために、彼は自ら求めてマリファナ、LSDを借りてサイケデリックな世界に入り込んでいったのではないでしょうか。挫折した元ミュージシャンの精神科医:ユージンとの付き合いもそんなところから始まったのではないかと想像します。現に、メンバーの一人、弟のデニス・ウィルソンはサイケデリックな音楽を指向して、狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンと関わったこともよく知られています。チャールズ・マンソンは映画監督:ロマン・ポランスキーの妊娠中の妻:シャロン・テートをナイフで滅多刺しにした『シャロン・テート事件(1969)』の教唆犯、主犯で、事件は対抗文化の負の遺産として記憶されている。※残念ながら映画では触れられていません。

 『ペット・サウンズ Pet Sound (1996)』はブライアン渾身の作にもかかわらず売れませんでしたが、このアルバムに触発されたビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1967) 』 は大ヒット、このアルバムが認められたのは発売後30年以上も経った2004〜2005年のことでした。 正直なところこの、一般大衆と同じく、ミーハーでポップな音楽を求めていた私も、この辺りから、スタジオ録音ばかりでオーケストラが入ったりする、ビーチ・ボーイズもビートルズもあまり好きではなくなりました。しかし、次のアルバム:『スマイリー・スマイル Smiley Smile (1967)』に在る『グッド・ヴァイブレーション Good Vibrations』は傑作と認めざるを得ません。

 大阪中之島、フェスティバルホールに『Surfin' USA』を歌うビーチ・ボーイズを目の前にしたのが高校生の時、あれから〇十年、バンドの吉野さんと一緒にブライアン・ウイルソンを聴きにいったのが10年前でしょうか…、中学・高校生の当時あこがれた彼らの曲をこの年になってバンドで歌うとは想像もしませんでした。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


February 12, 2012

We Will Always Love Whitney Houston‎

 ホイットニー・ヒューストンが12日(現地時間の11日)に死去の報道、ホテル「ビバリーヒルトン」で同日、彼女の遺体が発見されたという。


whiteney houston

彼女がケビン・コスナーと競演した映画:『ボディ・ガード Bodyguard (1992)』は面白くて、テレビの再放送も含め、何回も見てしまいました。彼女の歌ったその主題歌:『I Will Always Love You』は空前のヒットとなりますが、これ以外にどんな曲を歌っているのかも知らず、ましてや、ブログのテーマに彼女を取り上げたことはありません。
説 明するまでもなく、『I Will Always Love You』はカントリー歌手:ドリー・パートンの大ヒット作です(1974)。サウンドトラック制作中、ホイットニーに『I Will Always Love You』を勧めたのは競演のケビン・コスナーで、オリジナルではなく、リンダ・ロンスタットのカバー曲を勧めたのでした。
 
「これ、お気に入りの曲?」、で始まるレストランのシーン。店のジュークボックスはこの曲を流し始め、二人は小さなダンスフロアに場所を移します。「これ、カウボーイの歌でしょう? 悲しい歌ね…」、レイチェル(ホイットニー)は後に自分の歌として大ヒットさせるという筋書きです。

このジュークボックスから流れる『I Will Always Love You』を歌っている男性歌手は誰か…?映画公開から17年を経て、ようやく解明されました。彼の名前はジョン・ドー(John Doe 芸名なのでしょうが、本名を明かしたくないときに使う男性名でもある由)、日本語に訳すならば、何某身元不明の男、名なしの権兵衛。Youtubeの『"I Will Always Love You" by John Doe』、 ジョン・ドー の曲にそのシーンをかぶせて作りましたが、世界には私と同じ思いを持っている人が多いらしく、今までに13千回以上の視聴、11もの好意的なコメントを記録しています。

 

少なからず関わりのあるホイットニー・ヒューストンでした。
ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
 
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



November 10, 2011

バイ・バイ・ラブ Bye Bye Love

      ジャン〜ジャ・ジャッ ッジャ・ジャジャ・ジャッジャ
                 
〜と書いてしまうと、還暦をとうに過ぎた人間にはつらく、はずかしいものがありますが…、あの印象的なイントロ、そしてBye Bye Love flower_1サビから始まるこの曲:『バイバイラブ Bye Bye Love』。我々がステージ・デビューにこの曲を選んだのもこれが理由でしたが、Nobuさんのキレの良いギターで始まらなかったら4曲も続かなかったでしょう。

初めて聞いたのはサイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)でしたが、この曲がエヴァリー・ブラザーズ(The Everly Brothers)のデビュー曲であることを知ったのはずっとあとのように思えます。Boudleaux and Felice Bryant

夫婦ソングライター、フェリス&ブードロー・ブライアント(Felice Bryant and Boudleaux Bryant)はこの曲だけではなく多くのカントリーやポピュラー・ミュージックのヒット曲を残しました。

songfactsに寄せられた話に依ると…、ブライアント夫婦はこの曲をエルビスの為に書いたのですが断られてしまいます。次に話を持ち込んだのはチェット・アトキンス。チェットの話では、「レコーディングに若い二人がきているよ。彼らに話しをすれば〜。」 ということで、二人もこの曲が気に入りレコーディングが始まります。何時間もスタジオ内で苦労しているのですが、どうもピンと来る音作りが出来ません。終いにはフラストレーションが溜まり、ドン(Don)が他の曲のために考えていたイントロを弾き始めました。「おい。そりゃ何だ?」とチェット。「『バイ・バイ・ラブ』の前に付けてみようよ!」 彼はピンと来るものを感じたのでした。
彼のギター・イントロは大衆を魅了する仕掛け:聞かせ処となってエヴァリー最初のヒットとなります。この曲を皮切りに、『Wake Up, Little Susie』、『All I Have to Do Is Dream』、『Love Hurts』…と続きます。

実は…、4年前にNobuさんに教えてもらうまでは…、このイントロの弾き方を知りませんでした。

先日のステージの前に練習した『バイバイラブ Bye Bye Love』です。


今回も音楽ネタになってしまいました。

※ Amazon:"Bye Bye Love" 

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


November 02, 2011

オープン・ステージ at 東松山『イマジン』

準備をしておかなければなりません。いつもは録音したものに、カセットテープの動画を加えて公開していたのですが、…実は、このカセットのアニメーション制作が大変な作業なのです…、今回は我々にとって記念すべきステージ、ビデオに残すことにしました。カメラに動画撮影機能が在ることは知っていましたが使ったこともなく、急いで愛犬:Momoもも(small)をモデルにカメラテスト、カメラ据え置きの為にプロが使うような大きな三脚を友人から借りました。「ステージの上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、と言う言葉がよほど気になったのか…、急遽、読書用のLEDランプを購入、万が一に備えます。…どちらかと言えenergizerば、音楽には関係のない、どうでもよいことに注意が行っているようです。

とうとう…、その当日、10月29日(土曜日)がやって来ました。いつものように鶴ヶ島のカラオケ店で練習、もちろんステージでご披露する4曲が中心、…というか、ほとんどそれだけ。入念な(?)打ち合わせも終わり、後は本番を待つだけ。夕食を終え、「いざ、出発」。東松山は鶴ヶ島の隣と聞いていましたが、長いドライブと感じたのは気のせいだったのでしょうか。

私の心境としては、開店と同時に入り、他の客が来ないうちに演奏を終了、後はゆっくりと見物させてもらおう…というのがハラでした。そのお店:『イマジン』は鉄製の急な螺旋階段を上がった二階、店のドアを開けると4〜5人の先客、Nobuさんの顔見知りらしく…、ドラムセットを前に話が弾んでいる様子、その弾んでいる会話の内容が如何にもプロのミュージシャン、業界人の会話(?)といった感じ。 

「Nobuさん、話が違うじゃないの〜」と思いつつも、時すでに遅く、内心不安におびえながら…、何くわぬ顔で三脚を拡げカメラをセットできるのは年の功です。狭いお店、Nobu (1st Gtr), Kun(Drum) & Isao (2nd Gtr) の3人を一つの画面に収めることは出来ず、今回はKunさんには画面から外れてもらいました。客席からのヤジにもあったように、「3人合わせて180歳以上!」、画面左の彼は、…見かねて…、Baseで飛び入り参加してくれたもので、彼の本業はギターの先生の由。         Kun さんは彼ほど若くはありません。念のため…。

”Bye Bye Love” バイバイラブ

”Memphis”メンフィス

”Proud Mary” プラウド・メアリー

”Lodi” ローディ


リズムをとっているつもりなのですが、これは…、ほとんど「貧乏揺すり」ですね。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


August 24, 2011

愛はそよ風 Let Your Love Flow

カントリーミュージック人気ランキングでいつも1位か2位のサイト、『おやじと「Country Music」』あるいは『Hang Looseな音紀行』、いつも楽しく読ませて頂いております。どちらも九州の方で、ひょっとしたらお仲間同士(?)、私なんかと違い、ご両人とも、本格的なステージ活動をやっておられるようです。どちらも更新頻度が高いので、どちらの記事か、いつの記事かは判らないのですが、ベラミーブラザーズ(Bellamy Brothers)の記事を書いておられました。確か、動画もあり、彼らが来日、コンサートで歌っている(?)動画だったと思います。
Let Your Love Flow_1
「これだっ!」 新曲に悩む私にとって、正に救いの神、早速、彼らの『愛はそよ風 Let Your Love Flow』を歌わせてもらうことにしました。この曲は1976年全米1位の大ヒットですが、実は、この1曲が大きすぎた故か…、私は彼らがその後どうなったか…、全く知りませんでした。彼らの近況、カントリー一筋で現在も活躍しているのを聞くのは嬉しいことです。

バンドの2人に相談、試しにやってみると、実は歌の内容はよく判らないのですが…、きれいに韻を踏んでおり、なかなか歌い安く、邦題の『愛はそよ風』の通り、私にも爽やかに(?)歌えます。あまり練習していませんが…


これだけの内容ではブログも書けないし…、とインターネットを物色していると、日本語のサイトでは全く面白い記事はありませんが、アメリカのサイトで『愛はそよ風 Let Your Love Flow』にまつわる面白い記事を見つけました。

タイトル曰く…、
ベラミーブラザーズのメガヒット:『Let Your Love Flow』がカード会社のコマーシャルでリバイバル、全英チャート25位 --- (テネシー州ナッシュビル発、2008年11月17日)


もう一つ、アメリカにおけるトヨタ Purius のコマーシャル、よく知りませんが、ペトラ・ヘイデン(Petra Haden)という歌手が歌っています。


※ Amazon: "Let Your Love Flow"  

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. あなたの「ポチっ」をお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 


April 12, 2007

「ラブハーツ, Love Hurts」

Gram Parson 皆さんは「ラブハーツ」という曲をご存じですか。どこかの化粧品屋さんもその社名に使われていましたが、日本人的発想の「Love + Heart」は(ぺけ・バツ) 、「Love Hurts」が(まる)です。今の若い世代の方々には古いかも知れませんが、現代音楽が発展したのは60年代〜70年代(前半?)でしょう。ラジオ、それに続くテレビの世界的普及を背景に黄金時代を築きました。エヴァリーブラザーズに始まるこの曲は名曲の一つではないでしょうか。

 個人的にはその昔、The Byrds(ザ・バーズ)解散後、メンバーの一人であったグラム・パーソンとエミルー・ハリスがデュエットで歌う「Love Hurts」が好きです。
その直後にグラム・パーソンは事故で(?)亡くなります。

 YouTube を見ているとキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌って入るではありませんか。それもそのはず、舞台はグラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」、生前グラム・パーソンはキース・リチャードと親交があったとのことです。それにしてもキースの半分酔っぱらって(?)、ノラ・ジョーンズにしなだれかかりながら歌う様に、彼女が迷惑しているように映るのが気になりますが…。「ラブハーツ」が如何に様々な歌手にに歌われて来たかの記録がWikipediaにありましたので訳してみました。

 「Love Hurts(ラブハーツ)」はボードロー・ブライアントにより作曲され、1960年エヴァリーブラザーズによりレコーディングされ、その12月彼らのアルバム:「A Date With the Everly Brothers」でリリースされます。1961年3月、ロイ・オービソンは彼のシングル:「Running Scared」のB面で「Love Hurts(ラブハーツ)」をリリース、1962年にはアルバム:「Crying」にも収録。後にグラム・パーソンはエミルー・ハリスとのデュエットをアルバム:「Grievous Angel」で1974年にリリースされます。エミルー・ハリスは1988年のライブアルバム:「Spyboy」にもこの曲を収録。1975年秋、ハードロックバンド:ナザレスによりロックとして成功を収め、かれらのシングルヒットとなり、1976年始めには「ビルボード・ホット100」において8位に登りつめます。同じ頃、ジム・キャパルディのアルバム:「Short Cut Draw Blood」からのシングルカットはUKチャート5位、世界のチャート上位を占めます。「Love Hurts(ラブハーツ)」はシェールに依ってもアルバム:「Stars」に収録され、後に1991年リリースされたアルバムのタイトルトラックに再レコーディング、再リリースされ、ヨーロッパではシングルでのリリース、彼女の2000年代における再起を証明したもので、これが彼女のさよならツアーでした。1990年、ジョーン・ジェットはアルバム:「The Hit List」に収録。


省略

 2005年、グラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」でキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌う。2006年、ロッド・スチュワートがアルバム:「Still the Same... Great Rock Classics of our Time」にこの曲を収録。

 1975年のナザレスまでは、その歌詞は変わりなく歌われていましたが、以降、オリジナルにある「love is like a stove when it's hot(愛はストーブのようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」は奇妙なことに、「love is like a flame burns you when it's hot(愛は炎のようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」と少々非論理的なものに換えられているようです。その定義からして、「ストーブ」とは違い、「炎」は熱いもの以外のなにものでもなく、オリジナルの歌詞の方がより妥当と言えるでしょう。

Support Me: にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ
Visit Us
hkx brand 340-41


以下原文↓続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search