Little_

March 19, 2017

チャック・ベリー死去

Chuck Berry いわゆる洋楽を聴き始めた中学・高校生の時、私はあまりテンポの速いロックンロールが苦手でした。当時、もちろん歌詞の意味を理解していた訳ではありませんが、どうも内容が乏しいので、リズム、メロディだけを理由に好きになることはありませんでした。恥ずかしいことに、ビーチ・ボーイズの『Surfin'USA』の本歌が『Sweet Little Sixteen』で、ジョニー・リバースの『Memphis Tennessee』 、ビートルズの『Roll Over Beethoven』が実はチャック・ベリーの曲であるというのは知ったのはかなり後のようだった気がします。

 アメリカ音楽のルーツ、その幹の部分に、アフリカに起源を持つ黒人のブルースがあり、白人が主に持ち込んだ主にアイルランドの音楽と化学反応、急激に発酵して、今までにはなかった新しい音楽、ロックンロールが誕生しました。誰がその最初の実験をしたのか、誰がこの新しい醸造酒を造ったのか、その蔵元は特定できませんが、チャック・ベリーがおそらく、最初に名前を挙げられるべき人なのでしょう。

 こんなブルース、ロックンロールに対する貧弱な理解を変えることになったのは、今もバンドで付き合っている、ギターのNobuさんです。その彼がリードして演奏したのが、チャック・ベリーの『Johnny B. Goode』です。私はほとんど何もしていません。
 チャック・ベリー死去、享年90歳。ご冥福をお祈りします。

YOUR SUPPORT, please.皆様のご支援をお願いします。
    にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search