Georgia

August 19, 2014

Back In The USSR

 一人よがりな選曲はダメ、お客さんが知っている曲が一番との昨年末のライブの反省を踏まえ、新たに練習を始めた矢先、Maruさんがバンドを辞めてしまったのでした。そうこうしている内に、今度は私が住む団地の管理組合(兼自治会)の副理事長に選任されてしまい、今までの不勉強を償う事もあって、これに費やする時間も多くなり、自ずとバンド活動が疎遠になる傾向になって来たことも事実です。私は管理組合理事会に参加しなければならず、Nobuさんは他のカントリーバンドにも参加(ペダル・スチール)、Kunさんはまだ現役、と時間の調整が難しく、先日のバンド練習は前回から1ヶ月も過ぎてしまっていました。

Back in The USSR 次の新曲は何?…と注目されるところ、Nobuさんの回答は『Back In The USSR』でした。おなじみビートルズ、ポール・マッカートニーの曲、我々世代以下の人であれば殆どの人が知っている、あるいは、〜ばっくいんざゆーえすえすあーる〜の部分は耳にしたことがあるはずです。

 ビートルズの曲には、嘘か誠か、多くのエピソードが語られているのでインターネット上で探してください。パロディだらけのこの曲は1968年の作、世界に冠たる航空会社:BOACもパンナムも今はもうありませんが…、当時、米ソは冷戦の真っ只中、007ジェームス・ボンドが活躍する時代でした。

 〜〜〜 マイアミビーチをBOACで飛び立って、明日の朝には何年も離れていた懐かしの故郷に帰れる、という気分の高揚故か一睡も出来なかったが、やっと戻ってきたよ、うれしくてしょうがないよ、判るかい、ソ連に戻ってきたよ。 〜〜〜

 そうです、彼は007ジェームス・ボンドに対抗すべく、アメリカに潜入、市民としてで極秘活動していたソ連の秘密諜報員が、その任期を終えアメリカを脱出、故郷に生還を果たす。搭乗したのが英国のエアライン機内で逮捕されるかも…という恐怖から眠れなかった、とは私の解釈。如何でしょうか? 

 チャック・ベリーの『Back In The USA』をもじったものらしく、対抗意識のあった?ビーチ・ボーイズの『カリフォルニア・ガール』風のバックコーラス、そのビーチ・ボーイズの『サーフィンUSA』の元歌がチャック・ベリーの『Sweet Little 16』であったというから三つ巴の様相で、チャック・ベリーがロックンロールの神様と言われる所以です。

 USSRとはUnion of Soviet Socialist Republicsの略、通称はSoviet Union。ソ連は徐々に衰退、1985年ゴルバチョフはペレストロイカ(一定の範囲での自由化・民主化)、グラスノスチ(情報公開)を推進しますが、1986年チェルノブイリ原発事故が発生、これを官僚が隠蔽する事態となり、より一層のペレストロイカが進み、1991年遂に崩壊することになります。ソ連時代は頑強な一枚岩に見えたウクライナとロシア、しかし実はロシアがウクライナの天然ガスの供給源を握っており、ウクライナ政府はエネルギー不足と財政難で、チェルノブイリ原発をそのまま使わざるを得ず、それが退役したのは事故が発生してから10年後の1996年のことでした。現在進行形のウクライナ・ロシアガス紛争で、ウクライナは被害者面していますが、過去に何度も代金未払い・ガス抜き取りを行っていることも見逃せません。

 〜〜〜 ウクライナ娘にはほんとにノックアウトさ、西の女なんか目じゃないよ、モスクワ娘を目にすると歌いたくなるよ、Georgia's always on my my my my my my my my my mind …って。 〜〜〜

グルジア_Georgia  そのGeorgia's on my mind 、なんでここでホーギー・カーマイケルの『我が心のジョジア』が出てくるの…、と思ったりしたのですが、今回ロシアがウクライナから奪取したクリミヤ半島のある黒海、その東岸にGeorgiaとあり、どう見てもジョージア、日本語で言うグルジアで、ロシア語読みに由来するそうです。因みに、『我が心のジョージア』のそれはアメリカ東海岸にの州、コーヒーのそれはコカコーラ社の本社があるアトランタがその州都故、1762年、この土地を植民地としたジョージ6世の名前に由来します。

 2008年、グルジアからの独立を主張する同国北部の南オセチアをグルジア軍が攻撃して始まった「南オセチア紛争」、以降、グルジアとロシアは断交しています。駐日グルジア大使館・日本グルジア文化協会によると、グルジアの守護聖人である聖ゲオルギウス、英語のSaint Georgeに因んでいるそうで、やはりグルジアの英語名は Georgiaなのです。因みに、にグルジア語ではグルジアをサカルトヴェロ(Sakartvelo)というそうです。日本語では日本をNipponと表記しますが、英語ではJapan、同じくグルジア語でグルジアをSakartveloと表記するそうですが、英語ではGeorgiaです。

 音楽の話からどんどん逸れて行ってしまいそうです。左から右のスピーカーに流れる離陸するジェット機の爆音はありませんが、我々の新曲:『Back In The USSR』をお聞き下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


July 26, 2011

夜汽車よ、ジョージアへ Midnight Train To Georgia

今もそう呼ぶのでしょうか、ソウル、R&B(Rythm & Blues)。どうも好きになれませんでしたが、この曲は数少ない例外の一つです。『夜汽車よ、ジョージアへ  Midnight Train To Georgia』 、グラディス・ナイト & ピップスの1973年の大ヒットでしたが、残念ながら、彼らが他にどんな曲を歌っているのか全く知りません。

これほど直球、ストレートな訳で、これまた日本人に受けるタイトルはなかったのではないでしょうか。ただ、各単語を訳したら、琴線にに触れるような、それらしいタイトルになってしまった、という感じです。かまやつさんの『どうにかなるさ』にもありますが、「夜汽車」が出てくると内容以上により暗く、切なく、哀愁を感じさせます。力強く、テンポの速い彼らの曲、R&Bやゴスペル、にはどうもそぐわない感じがしたのですが、私の想像するその理由はこうです。

『どうにかなるさ』のパクリ(?)かどうか…の問題はさておき、この『夜汽車よ、ジョージアへ  Midnight Train To Georgia』こそ元歌(?)があります。ジム・ウェザリー(Jim Weatherly)は1974年、
『The Midnight Plane To Houston』を世に出します。お聴きのように、ちゃんとペダルスティール(?)が入っており、レコード会社の担当者はこの歌手がカントリー出身、この曲がカントリーであることを知っていたのです。彼は、何の苦労もせず、単に直訳して日本語タイトルを付けたのでしょう。『夜汽車よ、ジョージアへ  』とはカントリーにこそぴったりなタイトルでしょう。



この曲が世に出る経緯を彼自身が語っています。→ SONGFACTS 以下訳

私の友人、リー・メジャースファラ・フォウセットに電話で話した後にこの曲を思いついた。私たちはロサンゼルスで一緒にフラッグフットボールリーグでプレーしていました。リーはファラと付き合い始めたばかりでした。ある日リーに電話をすると、ファラがでました。話を続けると、彼女は今荷物をまとめているところと言います。彼女は家族に会うためにヒューストン行きの夜間飛行便に乗るようでした。話をしたのはほんの僅かな時間でした。電話を終わってこの曲を書き上げましたが、ほんの30〜40分ぐらい…、そんな感じでした。全く時間はかからなかった。というのはたぶん、リーとファラを曲中の人物としたからでしょう。

少女は成功しようとロサンゼルスにやって来たが、夢は叶わず、故郷へ帰ることになります。彼は彼女と一緒に旅立ちます。

至極単純な物語ですが、私にとっては現実であり、素直なことでした。私は彼らのためにこの曲を歌い、彼らもこの曲を好きでした。最初のアルバムに「Midnight Plane To Houston」を載せましたが、その半年〜一年後、アトランタのソニー・リンボーがシシー・ヒューストン(Cissy Houston ホイットニー・ヒューストンの母親、ついでにディオンヌ・ワーウィックの叔母)の曲として使いたいと言ってきました。電話で言うには、もっとリズム&ブルースぽいタイトルに、「Midnight Train To Georgia」に変更してもよいだろうかとのことで、「作者と発行者名さえ変えなければ何をやってもいいよ」と言ってやりました。




そんな経緯で、シシーの「Midnight Train To Georgia」は出来上がり、R&Bとカントリーの間をねらった曲として、R&Bチャートにも顔を出すようになりました。これをグラディスが聞きます。グラディスの曲で聞こえるバックグラウンドコーラスは既にシシーの歌にも現れていますが、より鮮明に、より重要な位置を占めるようになりました。そして、グラディスの曲は「かっこいい」怪物レコードになってしまいました。


続きを読む

express01 at 20:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 10, 2010

松の枝から差し込む月の光

幼児帰り…、とまでは行きませんが、我々バンド(たった3人)のメンバーの退行現象が顕著になってきました。ほとんどの曲が二十歳前後までの若いときに聴いた曲、知る人が聞けば『年齢不問の不文律』もあってないようなもの。最近は中学・高校生時代の曲が多くなり、当時はレコードを聴いているだけで幸せだった曲を、今自分で演奏するのですから、上手い下手はともかく…、これでよしとするのですが、一方では、「これでいいのだろうか…」、ふと自問する私です。

今まではブルースにご執心なNobuさんからも、この流れに一石を投ずるような提案がありました。彼は他の愛好家とも一緒に演奏する機会があり、そこで聞いたスタンダード・ジャズが大人っぽくて気に入ったようです。そりゃ、私も昔から思っていたことで、ある歳になったら、「音楽は?」と聞かれたら、クラシックあるいは「ジャズです」と答えよう…。その歳もず〜っと昔に過ぎてしまい、相変わらずこの有様です。

彼が持ち込んだ曲は『我が心のジョージア Georgia On My Mind』。私も好きな曲ですが、「好き」と「演奏(歌う)できる」とは全く別な話、むしろ、演奏できる「好き」な曲は例外中の例外と言ってよいでしょう。私にとっては、あくまでも、「聞く」だけに徹する曲です。ギターも、Am6, Dm9…とか, 使ったことがないコードが並び、微妙なコード進行になっており、元々ギターの基本が出来ていない、それ以前に、低音域から高音域へ「歌い上げていく」サビの部分は、歌唱力のない私が「歌う」にはほとんど不可能な曲です。

我が心のジョージア松ぼっくり

ジョージア、ジョージア
甘く懐かしいその歌
私は一日中
ジョージアの思いに浸る

ジョージア、ジョージア
君の歌うその歌
甘く、はっきりと聞こえる
松の枝から差し込む月の光のように

たくさんの手が私に差しのべられ
たくさんの目が優しく私に注がれる
夢のような幸せの中に居る私だが
今も、君のもとへ帰る道を見る

ジョージア、ジョージア
私には心の安らぎはない
甘く懐かしいこの歌
ジョージアの思いに浸る

いろんなところで日本語訳がでていますが、敢えて私なりに訳してました。原文と比べてかなり見劣りしますが、その辺のところは、平にご容赦を…。

『ジョージア Georgia』はイギリス王:ジョージ二世(George II)に因んで付けられた地名で、現在のジョージア州、この曲が州歌ですが、ここでは女性としての名前が掛けられています。

もし、この『ジョージア Georgia』という単語がなければ…、「今や多くの人たちの喝采を浴びる私だが、まだ心の平安はなく、思いは今も懐かしいあの人(故郷)に…」と、なぜか…、ちあきなおみの大ヒットを思い出してしまします。※後日、これを友人に聞いてみたのですが、残念ながら、同感は得られませんでした。

もう一つ、詩の中のこのフレーズがどうも気になります。
〜松の枝から差し込む月の光のように〜
銭湯の壁に描かれた「富士山と松並木、そして海」の影響か…、私は長い間、街道筋あるいは海辺の松並木を典型的な日本の風景と思っていました。

「海」が駿河湾なら「清水の次郎長」の股旅物ですが、加えて、〜松の枝から差し込む月の光〜、となれば隣の熱海、「貫一お宮、金色夜叉」の世界です。『松』は、前回登場した『峠』と並んで、時代劇の重要な舞台セットの一つです。
▼ Take My Trip より拝借
Pacific Coast Highway Viewところが以前、ロサンゼルスからサンフランシスコまでの太平洋沿いのパシフィック・ハイウエイを車で走って、それは一変しました。北へ上がるにつれて、今までの長いビーチは少なくなり、切り立った崖の海岸線が続きます。崖の上に続く松の木は大きく、長い年月、強い海風に耐えて大きく横に広がっており、日本の『松』のイメージとは明らかに違います。残念ながら、枝から差し込む月の光は見ませんでしたが…。

『ジョージア Georgia』という言葉にはどこか望郷の思いを募らせる、あるいは旅情を誘うものがあるようですが、決して缶コーヒーを飲みたいという気持ちにはなりません。

オリジナルではなく、好みで選びました。


Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search