Galveston

December 31, 2016

第8回 かってに、HKX紅白歌合戦

紅白幕_1
第8回HKX紅白歌合戦
紅白幕_1
 バンド活動は、メンバーそれぞれに事情があり、ライブ活動のお誘いもなく、隔週日曜日の練習日さえも確保できず、あまり充実したものではありませんでした。自ずと新曲も少なく、例えば、The Kentucky Headhuntersが歌う『So Sad(To Watch Good Love Go Bad)』(昔のエヴァリー・ブラザーズの曲)を練習中ですが、早い話がカバーのカバー、経過した日数の割にはその完成度が上がりません。主たる原因は私を含めた各自の練習不足と思われます。「打ち合わせ・音合わせ」とは、それまでに各自が練習した結果をその場に持ち寄って調整するもので、けっして練習の場ではないとはプロの言。辛うじてこの曲が紅白出場です。 

 バンド活動に比べて俄然面白かったのがストリーム・ラジオです。今まではこの歳になって新しく曲を発掘するなど想像も出来ませんでしたが、今までは知らなかっただけで、多くのお気に入りを見つけ出しています。この3〜4ヶ月の間に2千百曲を録音(ダウンロード)、その中から「これッ!」という130曲をiPhoneのプレイリストに収録、朝夕の散歩の時に聞いています。今年の『かってに紅白歌合戦』はこれです。

『Galveston』 by David Nail & Lee Ann Womack
『Still Rollin'』 by  Gretchen Wilson
 
『Sand 』 by Aaron Lines
『Single Thing In Mind』 by Conway Twitty

 私のギターの技量では15分ぐらいしか持たないのですが、リード、あるいはバックコーラスを含めて練習して「打ち合わせ・音合わせ」に望み、積極的にライブに参加したいと思っています。また、ギターの技量向上をこの私に望むのは難しく、基本的にはコードを刻むだけなのですが、これにちょっとした経過音(?)を加えて、ソロでもギターの伴奏で歌えるように、出来れば近所に住む同好の人達とサークル活動をしたいと思っています。

 ますます団地内に引きこもってしまいそうですが、バンド活動だけは積極的に外に出て行きましょう。
 
 みなさん、よいお年を!
  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT .  皆様のご支持をお願いします。
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ   


express01 at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 05, 2016

ガルベストン Galveston

Galveston_-_Glen_Campbell 『ガルベストン Galveston』という曲を覚えておられますでしょう。ジミー・ウェッブ(Jimmy Webb)が曲を作り、グレン・キャンベル(Glen Campbell)が歌って大ヒットした『恋はフェニックス Phoenix』に続く1969年のヒットで、この後に『ウイチタ・ラインマン Wichita Line Man』と続く、アメリカ版ご当地ソング三部作の一つでした。曲自体はストリングス、オーケストラの入ったいわゆるイージーリスニング(?)、ただ単に歌手:グレン・キャンベルがカントリーのバックミュージシャン、ギタリスト出身であったことから「カントリー」のジャンルに入れられたのでしょう。1969年と言えば、ベトナム戦争の時代でした。2016年現在、『ガルベストン』は「Country Music TV's Top 100 Country Music Songs」で8位(因みに、1位は"Stand By Your Man" by Tammy Wynette)です。

ガルベストン 作:ジミー・ウェッブ

ガルベストン、ああ、ガルベストンよ
今も潮風が吹いているのが聞こえる
彼女の黒い目が輝いているのが目に浮かぶ
僕がガルベストンを出たのは、彼女が21歳の時だった 

ガルベストン、ああ、ガルベストンよ
今も波が砕けるのが聞こえる
大砲が閃光を放つのを見ながら
銃の手入れをし、そしてガルベストンを思う

今も海辺に立つ彼女が目に浮かぶ
海を見て立っているのが
彼女は僕を待っているのだろうか
昔、よく一緒に走った砂浜で

ガルベストン、ああ、ガルベストンよ
死んでしまうのが怖い
彼女の涙を拭いてあげる前に
海鳥が日の光の中に飛ぶのを見る前に
ガルベストン、ああ、ガルベストン

 昔はレコード、10年前まではあれだけ買っていたCDも全く買わなくなり、「新曲」とはバンド仲間で次に自分たちでやる新しい曲の意味で、その多くは自分たちが青春を過ごした60〜70年代の曲にて、その後の曲はほとんど知りません。ましてや、昔あれほど凝ったオーディオにも、今や全く興味がなくなり、Youtubeからダウンロードしたタダの曲をiPhoneで聞いて満足している有様です。先日、ストリームラジオを録音できないものかとウエブを調べて見ると、Station Ripperという無料ソフトが人気とか、これにBroadwayというアルバムジャケットを探してくれる、同じく、無料ソフトを組み合わせると、その気になれば、一日に数百曲を曲ごとのファイル:MP3として収集します。

 そこで発見したのがこれです。『ガルベストン Galveston』、David NailがLee Ann Womackとデュエット、特にほとんど全曲にわたる彼女のハモはかっこよく、曲そのものが約半世紀も前のものとは信じられません。

こんな発見もある Station Ripper+Broadway+iTune+iPhoneです。追加は全部タダ、どうぞ皆さんもお試し下さい。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search