Everly_Brothers

December 31, 2017

第9回 かってに、HKX紅白歌合戦

 我が家にとって今年最大の出来事は、この夏、愛犬のモモが肝炎を発症したことです。9.2キロあった体重が急激に落ち、見る間に7キロまで落ち、肝臓が悪くなると腎臓も悪くなるらしく、かかりつけの開業医ではこれ以上の治療は無理と云われ、12歳を直前に最悪の事態を覚悟しました。開業医の紹介で獣医大学を紹介してもらい、かみさんは、毎週、彼女を連れて大学へ通い、治療を受けました。あれだけ食い意地のはった彼女ですが、治療食を受け付けず、食べても直ぐもどす有様。栄養補給のために皮下注射を打つのですが、もう刺すとことがないぐらいに痛々しい針の跡でした。かみさんが大学の指示通りの食事を作り、それを食べるようにようになると、体重が次第に増え、今では、腎臓の数値はともかく、体重だけは9キロと、体型だけは本来の姿に戻ったようです。今日も、モモと夫婦の三人で小山田緑地まで散歩に出かけたのですが、歩いた距離は8.2km、約12千歩を歩きました。犬の12歳と云えば老齢、昔はくっきりとしたブラック・タン・ホワイトでしたが、今や顔は真っ白、その三色の境目もぼけてきましたが、頭のボケはまだの様です。かみさんの献身的な介護でモモは元気を取り戻しました。もうしばらくは元気でいてくれることでしょう。

 こんな訳で毎年恒例の関西に行けるような我が家の雰囲気ではありませんでした。関西に住む姉弟、友人には会うことが出来ず残念でしたが、いい話もありました。というのは、団地内に「嵐が丘」と云う名の喫茶店があるのですが、残念ながらその名前の由来は未だ聞いていません…、そこで私の描いた絵の展示会をしていただけることになりました。展示会と云われても、小学校以来の話で…、皆さんに観てもらうにも額縁もなく、その展示方法は喫茶店のオーナーに任せるしかありません。

 先日、その喫茶店で奥さん4人組の「ウクレレ・ミニコンサート」があり、コンサートを見学させてもらいました。4人によるウクレレの演奏が主、演奏30分・休憩30分・演奏30分、客は15人(?)、男性は私のみ、他は全て女性(主婦)、喫茶店の常連客か出演者の友人の様子でした。内容的には良いコンサートでしたが、入場料が1千5百円(喫茶・軽食付き)とは安くはありません。

 絵の展示会だけでも感謝なのですが、我々バンドのコンサートをさせてもらえないだろうか…と、予め作成のデモCDを聴いてもらいました。毛色が違うと拒否されるかも知れないと危惧しましたが、去年、団地住民の一人が、サックス+リズム・マシンで、独演奏会をやったとかで…、我々の音楽も歓迎してくれるそうです。

 お店にはPAの設備は全くなく、私はギター2本のみ、ボーカルマイクは使わないデュオをイメージしていたのですが、バンドの皆に相談すると…、ボーカルアンプ、マイク3本、それぞれ楽器用のアンプを用意、今のバンドのままで出演することになりました。演奏45〜60分・休憩30分・演奏45〜60分、1曲3分と見て、前・後半10曲ずつ、予備に5曲ぐらいを用意しておけば、残りはしゃべりで埋めることができるだろう、というのが、私を除く、ライブ経験豊かな3人の意見です。

 持ち歌からすれば、The Everly Brothers(エバリー・ブラザーズ)、Creedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォター・リバイバル)からThe Eagles(イーグルズ)まで、と云うことになるのですが、ストレートにRock 'n' Roll Partyにしようという意見もあります。コンサートは3月に予定しているのですが、残り2ヶ月、皆で練習できるのはわずか3回か4回しかありません。

第9回紅白歌合戦 on 紅白幕
 これを機に、新曲をマスターすべく、次の2曲を今年の紅白の1位・2位に決定しました。

第2位 Everly Brothers - "Lucille "
Little Richardの1957年録音が
オリジナルで、1960年代のロックミュージックの先がけと云われます。ビートルズ始め多くのミュージシャンがカバーしていますが、今回は我々の路線の一つ、Everly Brothersのそれをお聴かせします。
 
 
第1位 The Eagles - "Peaceful Easy Feeling"
 1971年、彼らはデビュー、 "Take It Easy"の大ヒットを飛ばします。1972年、最初のアルバムに入っていたカントリーぽぃ曲です。
 
 
 これで何とかこの1年を終え、新しい年を迎えられます。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。良い年をお迎え下さい。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ      


express01 at 21:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 13, 2016

So Sad (To Watch Good Love Go Bad)

 当時は高校生、てっきり、『Bye Bye Love』はSimon & Garfunkleの曲と思っていました。実は、かつて彼らが模倣し,そして目指したのがEverly Brothersであったということを知ったのはそのレコードのライナー・ノートでした。Emmylou Harris & Gram Parsonsが歌う『Love Hurts』など他の歌手がカバーするのは聞いたことがあるのですが、Everly Brothersのそれはどうも古くさくて苦手でした。

 しかし、1983年、当時、オーストラリア・シドニーに在住していたとき、テレビで『Everly Brothers Reunion Concert at Royal Albert Hall』が放映されたのを見て、一変、痛く感激したのを覚えています。イギリス人のカントリー・ギタリスト:Albert Leeが奔走して実現した、10年ぶりの音楽活動復帰・同窓会でした。その中で、『Crying In The Rain』と並んで、気に入ったのがこの曲です。今回は、未完成ながら、The The Kentucky Headhuntersのカバーした『So Sad(To See Good Love Go Bad)』のカバーした『So Sad(To See Good Love Go Bad)』、そのまたカバーということになります。直訳ぽぃかも知れませんが、どうぞお許し下さい。

"So Sad (To Watch Good Love Go Bad)" by The Everly Brothers

楽しい時を過ごしたこともあった
だけど今はそれもどこかへ行ってしまった
愛が死んでしまうのを見ていると泣きたくなる
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

覚えているだろうか
あなたは言った 何があっても自分の気持ちは変わらないと
二人が別れるのを見るのは心が張り裂ける
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

あなたを失いつつあることを
確かに知った時
僕がこんなに落ち込むのも
不思議ではないでしょう

覚えているだろうか
あなたは言った 何があっても自分の気持ちは変わらないと
二人が別れるのを見るのは心が張り裂ける
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい
悪くなっていくのを目の当たりにするのはつらい

  もう同窓会が開かれることはありません。Phil Everlyは2014年1月3日に亡くなりました。74歳でした。
 Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  


express01 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search