Clint_Black

May 25, 2017

最近聞いたこの曲<7> "Long Cool Woman" 

Clint Black カントリー専門局のネットラジオ放送(Stream Radio)を聞き流していますが、最近、クリント・ブラック(Clint Black)が歌う『Long Cool Woman』をよく耳にします。これは、あの、ホリーズ(The Hollies)の曲です。ホリーズはイギリスのバンドで、1966年の大ヒット:『バス・ストップ Bus Stop』しか知らず、高校生の時、このタイトルを使ったダジャレをよく耳にした後は、長らくこのバンドに関わる話を聞くことはありませんでした。知ったかぶりをしていますが、 実は7〜8年前、バンドのNobuさんから聞くまで彼等がこんな曲を歌っているのを知りませんでした。バンドでもやってみた記憶があるのですが、録音も残されておらず、中途で頓挫してしまったのでしょう。

 このホリーズは、 アラン・クラークとグラハム・ナッシュの二人から始まりますが、そのグラハム・ナッシュは1968年末に抜けて渡米、ザ・バーズを抜けたデヴィッド・クロスビー、バッファロー・スプリングフィールドのスティーブン・スティルスと共にC,S & N、後にニール・ヤングも参加してC,S,N & Yで一世を風靡したのは皆さんご存じの通りです。

 そんな中、グラハム・ナッシュの抜けたホリーズは『Long Cool Woman (in a Black Dress)』で1972年全米2位、全英32位のヒットを飛ばします。ロジャー・グリーナウェイ、アラン・クラークと共にこの曲を書いたロジャー・クックは、1975年に渡米してナッシュビルに定住、クリスタル・ゲールやドン・ウイリアムスに楽曲を提供し、1997年には、イギリス人で初めての(おそらく唯一の)、「ナッシュビル・ソングライターの殿堂(The Nashville Songwriters Hall of Fame)」入りを果たします。

 前回のビージーズ(Bee Gees)が、英領マン島生まれの三兄弟から始まり、1963年にオーストラリアでデビューし、1973年に渡米して成功したのに似て、グラハム・ナッシュもロジャー・クックも格段に大きなアメリカ市場で成功したと言えます。イギリス、オーストラリアそしてアメリカと自分の才能をより活かすことの出来る場所を求めて移動する、出来るというのは、ビクトリア時代の英国が残した共通言語、英語の存在があるにせよ、我々日本人の多くにはなかなか理解しがたいものです。

 「全米2位」の通り、クリント・ブラックのみならず多くのカントリー歌手が歌っているようですが、今回は、カントリーを通り越して(?)、ブルーグラスの『Long Cool Woman (in a Black Dress)』です。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search