California

June 25, 2017

最近聞いたこの曲<8> "California"

 ネット放送局、現在はCountry 4 You- Your Nordic Country Music Radio(アメリカではなく、北欧であることがミソ)の放送を流しっぱなしにしながら、思い出したようにそれを録音しているのですが、何日か経つとその曲数は何百曲になってしまいます。放送局と云っても、Shoutcast方式で、おそらく個人が彼の好みで選曲して、繰り返して放送しているのでしょう。自ずと、数日の内に何回も同じ曲が録音されてしまいます。フォルダーの中に蓄積されたMP3ファイルをiTuneに取り込み、重複したファイル(曲)を削除します。こうして収集した曲(今日現在:2,766曲)をiPhoneに同期させて、主に散歩中に聞いています。気に入った曲は即プレイリストに入れ、判明した曲名とアーティスト名を元にYoutubeで検索するのです。<曲名とアーティスト名>が判るというのがWinampの最大のミソで、これが判らなければYoutubeでも検索しようがありません。

Big & Rich - California 「アレっ」と、気になる曲を発見しました。Big and Richが歌う『California』がなかなかカッコいい。私はこの曲で初めて彼等を知ったのですが、ディスコグラフィーにある曲をYoutubeで見る(聞く)と多くが過去に耳にした曲で、余り良いとは思わなかったのでしょうが…、『Lovin' Lately』はTim McGrawとの共作、カントリーの業界ではかなりの実力者です。軽快なメロディと砂浜のイメージはこの曲を夏ぴったりの曲。この曲がラジオから流れて来ると、自然と窓を押し下げ、暖かな日の光を顔に受けることでしょう。2人の歌声はうまく補完し合い、そのボーカルで彼等の円熟した雰囲気を醸し出している、とは最近の業界紙のコメントです。

"California" by Big and Rich

[Verse 1]
徹夜でドライブすれば3日で着いてしまう
彼女は夜明けと共に旅立つつもりと言う
ひょっとしたら彼女はでたらめを言っているのかも知れない
けれども、彼女の気持ちはもうここにはもうない
荷物は既にまとめて、愛車のアルティマは満タン
ダッシュボードの上には地図が
おいらの気持ちは裏切られ
不幸な事態にもう我慢できない

[Chorus]
彼女はカリフォルニアに恋しているから
輝く西海岸の太陽の夢
森や林があってもハリウッドではなく
丘はあってもビバリーではない
脇道にはビーチもなく
大通りには夕日、サンセットはない
彼女はカリフォルニアに恋して
おいらはつらい

[Verse 2]
アイホップにウェイトレスの仕事を待って
石をユニバーサル・シティにぶつけ
ヒップポケットに卑猥な視線を集め
誰かが彼女をいい女と思ってくれるよう
明日の今頃はコロラドに
おいらはビームのビンの中で悲しみに溺れ
フラッグスタッフ手前で、ひょっとしたら、
引き返すかも知れないが…
それに賭けてもダメだろう

 確かに夏の曲です。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


January 20, 2016

グレン・フライ死去

 1970年代に入ると、ニューヨークは景気の悪化、犯罪の増加、音楽スタジオの老朽化により、ミュージシャンには居心地の悪い街になってしまいました。1971年、デイヴィッド・ゲフィンがロサンゼルスに新しく設立したアサイラム・レコード(Asylam Records)が、「Asylam」とは、独仏語の「アジール(Asyle、Asile)、避難、亡命、保護、(亡命者などの)保護施設、聖域、不可侵」の意味、正にニューヨークのミュージシャン難民を受け入れたのでした。

 その一人がグレン・フライでした。フライは1948年デトロイト生まれ、バンド活動の後、活動の場所をロサンゼルスに移し、彼の地でソングライターのJ・D・サウザーやジャクソン・ブラウンと出会います。J・D・サウザーの紹介でリンダ・ロンシュタットのバック・バンドとなり、テキサス出身のドン・ヘンリーとともにイーグルス(The Eagles)を結成します。

 1972年、彼らのデビュー曲:『テイク・イット・イージー(Take It Easy  作:ジャクソン・ブラウン/グレン・フライ)』は大ヒット、これを期にジャンルとしてのカントリー・ロックは黄金期を迎えることになります。

Beverly_Hills_Hotel 多くのヒット曲を残してきた1976年、彼らの集大成とも云うべき最高傑作、『ホテル・カリフォルニア(Hotel California 作:ドン・フェルダー/ドン・ヘンリー/グレン・フライ)』が、後にも先にもない、大ヒットとなります。現に、イーグルスはこれを越える曲を世に出すことは出来ず、一世を風靡したカントリー・ロックの黄金期は一気に収束に向かいます。

 ブログを振り返ってみると、ビーチボーイズと並んで、いやそれ以上に…?、イーグルズがたびたび登場します。 『テキーラサンライズ Tequila Sunrise(2008/5/3)』、『アサイラム ASYRUM RECORDS、 黄金の1970年代(2009/9/14)』、『ホテル・カリフォルニアって何処にあるの?(2009/12/23)』、『『テキーラサンライズ』をもう一度(2010/3/24)』、『Standing on The Corner of Winslow, Arizona(2012/1/24)』、『Maruさん、ありがとうございました(2014/3/31)』

 如何に彼らをあこがれたか…ということでしょうが、未だに彼らの最後の、最大のヒット:『ホテル・カリフォルニア』をコピーしようとは思いません。

 10年前(?)、バンドのNobuさんとロサンゼルス近辺を旅行し、イーグルスがリンダ・ロンシュタットのバック・バンドとしてデビューしたクラブ:『トルバドゥール(Troubadour)』を訪ねたのが懐かしく思い出されます。…残念ながらお店は閉まっていましたが…。

 グレン・フライ死去、享年67歳。ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search