Bye

November 10, 2011

バイ・バイ・ラブ Bye Bye Love

      ジャン〜ジャ・ジャッ ッジャ・ジャジャ・ジャッジャ
                 
〜と書いてしまうと、還暦をとうに過ぎた人間にはつらく、はずかしいものがありますが…、あの印象的なイントロ、そしてBye Bye Love flower_1サビから始まるこの曲:『バイバイラブ Bye Bye Love』。我々がステージ・デビューにこの曲を選んだのもこれが理由でしたが、Nobuさんのキレの良いギターで始まらなかったら4曲も続かなかったでしょう。

初めて聞いたのはサイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)でしたが、この曲がエヴァリー・ブラザーズ(The Everly Brothers)のデビュー曲であることを知ったのはずっとあとのように思えます。Boudleaux and Felice Bryant

夫婦ソングライター、フェリス&ブードロー・ブライアント(Felice Bryant and Boudleaux Bryant)はこの曲だけではなく多くのカントリーやポピュラー・ミュージックのヒット曲を残しました。

songfactsに寄せられた話に依ると…、ブライアント夫婦はこの曲をエルビスの為に書いたのですが断られてしまいます。次に話を持ち込んだのはチェット・アトキンス。チェットの話では、「レコーディングに若い二人がきているよ。彼らに話しをすれば〜。」 ということで、二人もこの曲が気に入りレコーディングが始まります。何時間もスタジオ内で苦労しているのですが、どうもピンと来る音作りが出来ません。終いにはフラストレーションが溜まり、ドン(Don)が他の曲のために考えていたイントロを弾き始めました。「おい。そりゃ何だ?」とチェット。「『バイ・バイ・ラブ』の前に付けてみようよ!」 彼はピンと来るものを感じたのでした。
彼のギター・イントロは大衆を魅了する仕掛け:聞かせ処となってエヴァリー最初のヒットとなります。この曲を皮切りに、『Wake Up, Little Susie』、『All I Have to Do Is Dream』、『Love Hurts』…と続きます。

実は…、4年前にNobuさんに教えてもらうまでは…、このイントロの弾き方を知りませんでした。

先日のステージの前に練習した『バイバイラブ Bye Bye Love』です。


今回も音楽ネタになってしまいました。

※ Amazon:"Bye Bye Love" 

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 02, 2011

オープン・ステージ at 東松山『イマジン』

準備をしておかなければなりません。いつもは録音したものに、カセットテープの動画を加えて公開していたのですが、…実は、このカセットのアニメーション制作が大変な作業なのです…、今回は我々にとって記念すべきステージ、ビデオに残すことにしました。カメラに動画撮影機能が在ることは知っていましたが使ったこともなく、急いで愛犬:Momoもも(small)をモデルにカメラテスト、カメラ据え置きの為にプロが使うような大きな三脚を友人から借りました。「ステージの上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、と言う言葉がよほど気になったのか…、急遽、読書用のLEDランプを購入、万が一に備えます。…どちらかと言えenergizerば、音楽には関係のない、どうでもよいことに注意が行っているようです。

とうとう…、その当日、10月29日(土曜日)がやって来ました。いつものように鶴ヶ島のカラオケ店で練習、もちろんステージでご披露する4曲が中心、…というか、ほとんどそれだけ。入念な(?)打ち合わせも終わり、後は本番を待つだけ。夕食を終え、「いざ、出発」。東松山は鶴ヶ島の隣と聞いていましたが、長いドライブと感じたのは気のせいだったのでしょうか。

私の心境としては、開店と同時に入り、他の客が来ないうちに演奏を終了、後はゆっくりと見物させてもらおう…というのがハラでした。そのお店:『イマジン』は鉄製の急な螺旋階段を上がった二階、店のドアを開けると4〜5人の先客、Nobuさんの顔見知りらしく…、ドラムセットを前に話が弾んでいる様子、その弾んでいる会話の内容が如何にもプロのミュージシャン、業界人の会話(?)といった感じ。 

「Nobuさん、話が違うじゃないの〜」と思いつつも、時すでに遅く、内心不安におびえながら…、何くわぬ顔で三脚を拡げカメラをセットできるのは年の功です。狭いお店、Nobu (1st Gtr), Kun(Drum) & Isao (2nd Gtr) の3人を一つの画面に収めることは出来ず、今回はKunさんには画面から外れてもらいました。客席からのヤジにもあったように、「3人合わせて180歳以上!」、画面左の彼は、…見かねて…、Baseで飛び入り参加してくれたもので、彼の本業はギターの先生の由。         Kun さんは彼ほど若くはありません。念のため…。

”Bye Bye Love” バイバイラブ

”Memphis”メンフィス

”Proud Mary” プラウド・メアリー

”Lodi” ローディ


リズムをとっているつもりなのですが、これは…、ほとんど「貧乏揺すり」ですね。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 14:45|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search