Black

November 20, 2019

ボスポラス地峡決壊そして「ノアの箱舟」<2>

 イギリスの裁判官、東洋学者、言語学者であるウィリアム・ジョーンズ(Sir William Jones 1746 - 1794)はインド、カルカッタに判事として赴任中、サンスクリット語を研究、ギリシャ語・ラテン語を含むヨーロッパ諸語との間に、語彙。文法の類似点を発見、後にドイツで「比較言語学」に発展して行きます。

アララト山と修道院 ヨハン・フリードリッヒ・ブルーメンバッハ(Johann Friedrich Blumenbach 1752-1804)は「人類学の父」と呼ばれ、極めてキリスト教的世界観の濃いものでした。キリスト教・ユダヤ教における人類の「創世記」、アナトリア半島(現在のトルコ東部)アララト山に漂着したという「ノアの箱舟」伝説は黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域、ロシア南部、コーカサス地方を始祖とする人間をコーカソイド(Caucasoid(Caucasus(コーカサス) + oid(姿))と呼び、ヨーロッパ人、インド人、アラブ人、北アフリカ人の起源とした説を唱えました。Milanda Loves Traveling 「アララト山と修道院」

 「人類学」は英語でAnthropology。語源はanthropo(人間)+logy(学問)に由来します。因みに、Anthropoidは「類人猿」、語源はanthropo(人間)+oid(姿)に由来、apeと同義語です。人類学は生物学的特性を研究する「自然人類学」=生物学の一分野であり、「人種(DNA、血統、肉体)」を研究。一方、社会的慣習を研究する「文化人類学(社会人類学)」は「民俗(言語、文化、慣習)」を研究し、「言語学」、「考古学」、「民俗学」、「宗教」そして「芸能」さえも包括する学問領域です。

 1859年、英自然科学者チャールズ・ダーウィンは「種の起源」を発表。生物の進化を実証的に説明。端的に述べるならば、人間は神が創造したものではなく、生物の進化の歴史の中で誕生したという。これは神は自分の姿に似せた人を作り出し、アダムの肋骨から女を造り、アダム(男)とイヴ(女)は人類の祖であるとする「創世記<2章>・創造論」とは真っ向から対立します。アダムとイブの「創造論」と「進化論」、両者の対立は妥協点が見つけられずに現在に至っています。 
 
 しかし、1996年、ニューヨーク・タイムズに発表されたコロンビア大学の地質学者ウィリアム・ライアン(William Ryan)とウォルター・ピットマン(Walter Pitman)の説と符合するのです。温暖化で徐々に海水面が上昇、BC7500年(一説にはBC5600年)ボスポラスが決壊して、かつては淡水湖であった黒海に、地中海の海水が流れ込んで現在の黒海が出来上がったとする「黒海洪水説(Black Sea deluge」が「ノアの箱舟」伝説が現実に起こった大災害であった可能性が大であることを示しました。ナイアガラの滝を一日に流れ落ちる量の2百倍もの水がボスポラス地峡を黒海に流れ込み、それが少なくとも300日以上続いた、と推定しています。

古代西アジア地図
長谷川修一著「旧約聖書の謎」より拝借

 「旧約聖書」は有史以来、世界最古の歴史書であると云うことができます。その「旧約聖書」、「創世記」が語る「ノアの箱舟」伝説は、単なる神と人間の物語(作り話)ではなく、大災害の歴史的事実を物語ったものであろうと云う考えは、「ノアの箱舟」伝説(「創造論」)への今日的な「地質学」及び「気象学」(自然科学)的アプローチなのでしょう。黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域には、四大文明の一つ、メソポタミア文明がはユーフラテス川・チグリス川流域に興り、四大宗教、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の三宗教が興り、ヨーロッパ・インド祖語が興り、それが東進してインドに入りサンスクリット語になったことから考えると、インドで仏教が興ったとされるも、仏典は梵語=サンスクリット語であり、仏教さえも根源はこの地に辿り着くようにも思えてきます。こう考えると、黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域は「旧約聖書」、「創世記」の舞台にふさわしい特別な場所に見えて来るのが不思議です。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 09, 2019

ボスポラス地峡決壊そして「ノアの箱舟」<1>

 町田市主催の学習支援教室にアルバイトとして参加して1年が過ぎました。小学生高学年及び中学生を対象に主に英・数・国を教えるもので、先生役は将来教職を目指す近隣の大学生です。教室の目的は、小学生に関しては第一に「居場所」、中学生になると「学力向上」、これが中学3年生、中間テストも終わると「受験勉強」になります。我々高齢者の仕事は、主に教室の設営、バス停、迎えに来た父兄の車までの付き添いなど教室開始前・終了後の一時に集中しています。大学生が忙しくて、先生役が不足した場合に、私は中学生の「英語」に限り代行教員を務めています。しかし、そうではない場合、授業中は教室の様子を見ているだけで、ほとんどやるべきことはありません。

 そんな授業中に、自分の好きな小説・歴史関連の本を読むわけには行きません。そこで読みだしたのが「英語」に関連する本です。これなら、英語を教えるために勉強をしている、という言い訳が立ちます。

 こと中学生の「英語」に限って言うならば、学校のように同じレベルの生徒を前提に、同じテキストを使うならともかく、わざわざこの支援教室に来ているのであれば、その生徒のレベルに合わせたマンツーマンの指導をすべきです。支援教室で英単語(あるいは漢字)を覚えるというのは、先生役としては楽ですが、あるいは心地よい「居場所」、勉強した気になる時間が必要な生徒もいるかも知れませんが…、本来、丸暗記は一人でやるものです。先生は覚えるコツを教えてあげれば良いのです。先生の役割は、自分の中学生時代を振り返ると…、如何に英語に興味を持たせるか…、に尽きます。

 昔、私が高校1年生の時?、『赤尾の豆単』というのがあり、やみくもに「A」から順番に覚えようとしたことがありました。その最初に「abandon」という単語が出てきました。【他動】諦める、放棄する、捨てる、【名】自暴自棄の意味ですが、その後の人生で「abandon」の単語に出くわしたのは1回か2回、「(沈む)船から離れる、船を放棄する」という意味でした。今でも思い出すのですが、クラスメートの稲田君は自分の名前に近い音の響きの「inadequate」を手始めに覚えましたが、その意味「【形】不十分な、不適切な、無力な」は気に入らなかったようです。「赤尾の豆単」は使い物にならず、人気は『試験にでる英単語』に移った記憶があります。

  丸暗記のコツは単語を声を出して読み(音読、音声を発し、それを聞きながら…)、それを書き、できるだけ長い句あるいは節として繰り返すことに尽きます。英単語の丸暗記はただそれだけ、先生は要りません。別に英語学を勉強した訳ではなく、単に英語を使ってきた経験から、英単語には一定の規則みたいなものがあることがわかります。ということで、昨年読んだのが『英単語の語源図鑑』、その年のベストセラーです。英単語を<<方向・位置・時間関係、協調・否定を表す[接頭辞]>>+<<意味の中核を成す[語根]>>+<<機能や意味を付加する[接尾辞]>>、の3っに分解するものです。

 「abandon」は<<「a」古フランス語(ラテン語の「to、at」から)>>+<<「bandon」(=control 古フランス語)>>、本来「制御下に置く」、後に「制御に屈し、降伏する」、同じく「inadequate」は<<「in」ラテン語「〜でない・否定」の意味>>+<<「ad」(ラテン語の「to」から)>>+<<「aequus」(=equalラテン語)>>、「〜でない」+「十分な、適切な」、「不十分な、不適切な」という意味になった、と云うことになります。しかし、いずれの英単語も使用頻度は減少傾向で、当時も、差し迫って覚える必要はなかったようです。

 今読んでいるのが山並陞一著『語源でわかった!英単語記憶術』。驚くのは、著者山並氏は工学博士。英語教育関係者でもなく、かといって工学(エンジニア)の英語でもなく、即物的・受験勉強的な『英単語の語源図鑑』をより語源をラテン語、ギリシャ語に遡って解き明かす、より普遍的な読み物に思われ、世界の地理・歴史も踏まえ興味深く読んでいます。

 英語はインド・ヨーロッパ(印欧)語族の一つであることは誰でも知ってますが、彼らが何者で何処からやって来たのかは多くの人は知りません。因みに、日本語は[ウラル・アルタイ語族(モンゴル人、満州人、トルコ人)]で中国語は[シナ・チベット語族(チベット人、ミャンマー人)]。

black & caspian sea ユーラシア大陸は現在のトルコに位置するボスポラス海峡(及びダーダネルス海峡)を境に、西をヨーロッパそして東をアジアと呼ばれています。地名Bosphorus(ボスポラス)はギリシャ語。Bosは雄牛で、Beefの原音は同じ、phorusは英語のport, ford, と同じくpor(通す)が語源。よって、Bosphorus(ボスポラス)は「牛を通す場所」の意味で、黒海南岸を東西に行き来する横に細長い地形だったのではないかと云います。

 ここからが面白いのですが、黒海はかつては淡水湖で、地球温暖化で徐々海水面が上昇、BC7500年(一説にはBC5600年)ボスポラスが決壊して、地中海の海水が流れ込んで現在の黒海が出来上がった(「黒海洪水説(Black Sea deluge」)。それまでは淡水湖であったことに意味があり、その淡水湖の周りには多くの野生動物が生息、その野生動物を追って狩猟牧畜民族がいくつもの集落を作った。部族間の争いが絶えず、きわめて人間臭い土地だったので、言語の発達がなされました。インド・ヨーロッパ語の発祥はこの黒海(及びカスピ海)北部の東西に広がる一帯(現在のウクライナとロシア南部)と考える言語学者は多いと云います。※ボスポラス決壊(「黒海洪水説」)は旧約聖書「ノアの箱舟」伝説にもつながるが、ここでは割愛します。

 英語は、語形が似ているラテン語やギリシャ語を語源として解説するのが手っ取り早いが、それらの祖語であるインド・ヨーロッパ(印欧)語を語源に英語を眺め直してみると、さらに広い範囲の言葉を整然と理解することができると云います。
 
 インド・ヨーロッパ(印欧)語は大型の野生動物を求めて生活した狩猟牧畜民族が使い始めた言語で、家畜に関する言葉が多いのは当然です。例えば、子牛はラテン語でvitellus(ウィテルス)、英語のveal(子牛肉)の語源と同じ、その複数形vitellia(ウィテリア)の語頭viを短くiと発音するようになり、vitelliaがItalia(イタリア)になった由。

 インド・ヨーロッパ(印欧)語族は、BC2000年頃から寒冷化を割けて大移動、西を目指した多数派は中東からヨーロッパへ、南を目指した少数派はインドへ侵入します。中東地域に侵入した彼らはイラン、小アジアに定住、長い年月をかけてアラブ化されて行きます。インド・ヨーロッパ(印欧)語族は「アーリア人(Aryan)」とも呼ばれ「高貴な」という意味であり、ペルシャ語(イラン語)で「ariia」、サンスクリット語で「arya」と表記されます。「イラン」とはアーリア人が作った「アーリアの国」、「高貴なる者の国」なのです。ヨーロッパ方面に侵入した彼らは地中海沿岸を中心に定住、ヨーロッパ世界を形成します。一方、南下してインドに入った彼らは、長い年月の間にアジア系民俗と混血し、暑い気候により肌が黒くなり、インド人になっていきます。これが後の「カースト制」にもつながります。

 英国人の東洋学者(言語学者)ウィリアム・ジョーンズ(1746-1794)はカルカッタで古代インドのサンスクリット語を研究、サンスクリット語がヨーロッパの諸言語と類似していることを発見したのが始まりでした。人類学の分野では、インド・ヨーロッパ(印欧)語族という共通の祖語族から派生した民族の分類が一般化して行きます。

 英単語の覚え方から始まり、英単語の語源、英語の祖語(母語)であるインド・ヨーロッパ(印欧)語族の発祥、大移動と支配、それに関わるボスポラス海峡決壊、黒海洪水説と旧約聖書にある「ノアの箱舟」まで出てきました。ここまで来ると、英単語を覚えることとはあまりにもかけ離れてしまいます。

 英語の語彙を勉強して、これが他の学問分野への興味につながれば、これもまた嬉しいことではないでしょうか。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 28, 2016

ブラック・イズ・ブラック  Black Is Black

 ビートルズ来日50周年記念と銘打っていろんな記念行事が行われているようです。1966年、当時、私は高校2年生(?)、友人がビートルズ武道館公演の応募往復はがきの「当選」を記した返信を見せてくれたのを覚えています。

 同じ年、ロス・ブラボスというバンドが『ブラック・イズ・ブラック Black Is Black』を歌って世界的な大ヒットとなります。

 皆さん知っておられる「カントリー」ではありませんが、あくまでも遊びで、「カントリーぽぃロック」、CCR(Credence Clearwater Revival)とかバーズ(The Byrds)のコピーバンドをやっていますが、皆さんのウケを狙うには、少なくとも皆さんが良く知っているビートルズの曲もやらなければと思ったこともあるのですが、残念ながら、ポール(Paul McCartney)の歌はキーが高く私には全く歌えません。2015年に来日、今年74歳の彼、半音も下げることもなく、昔のままのステージとは全くの驚きです。

 皆さんのウケを狙って、数年前、ロイ・オービソンの『プリティー・ウーマン Pretty Woman』をやったのです。同名の映画が公開され主題歌としてのこの曲もリバイバル・ヒットしました。私は気持ちよくバックコーラスを付けるのですが、リードのNobuさんはギターで例のリフ(?)を繰り返しながら歌わなければならず、これがつらいそうで、皆さんの人気を博しながらも、次第にやらなくなってしましました。

  ということで、今回登場したのが『ブラック・イズ・ブラック Black Is Black』です。曲とバンド名は知っていましたが、それ以上の知識は全くなく、何故バンド名がスペイン語なのかも含めて、今回あらためて調べてみました。ロス・ブラボス(Los Bravos ”狼の群れ”)は1966年スペイン出身、ヒットチャート英国で2位、アメリカで4位、カナダで1位など、国際的ヒットを獲得した最初の非英語国出身バンドとなったそうです。

 どうですか?『プリティー・ウーマン』の出だしと似ているでしょう?曲・メロディは良く知っており、ミーハーの曲はやらないと自負していた私ですが、これはウケそうだということで3人に相談したのです。1音下げれば何とか歌うことが出来るし、『プリティー・ウーマン』の時代は3人でしたが、今やMaruさんを加えて4人、そのMaruさんがベースでリフをやってくれるならば、私とNobuさんは歌に集中できます。管理組合も卒業して、何の憂いもなく、バンド活動に集中して、今回の練習に望みました。何回か繰り返して、ええやないか…、なんとか良い感じで曲は進行して…、もうすぐ終わりと油断…、私がチョンボ、台無しにしてしまいました。完成までにはもうしばらくかかるでしょう。

 関西に住む当時の高校生からすれば東京に出るだけでも大金が必要でした。残念ながら、友人はビートルズの東京公演には行けませんでした。音楽、学生運動など、高校生としては早熟な彼に憧れ、あるいは嫉妬さえも感じたのですが、私は大学に進み、彼は浪人して失敗、就職することになります。社会に出てからは再会することもなく、ある日彼の死を仲間から聞いて、一緒に家族を訪ねました。ビートルズを始め、当時の音楽を聴くと彼を思い出します。
 Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search