Ape

June 20, 2007

「猿の惑星 」  The Planet of Ape

先日、2001年公開のリメイク版がテレビで放映されましたが、やはり『猿の惑星 The Planet of Ape』と言えば1968年公開、主演:チャールトン・ヘストンのそれでしょう。 原作にはなかったそうですが、この衝撃的なラストシーンは印象的でした。もう一つ、「何故、主役がチャールトン・ヘストンなの?」…が、公開当時からの疑問でした。何か、原作と映画との間に微妙なねじれがあるようです。
Last scene of the planet of the apes-2
伝記はWikipediaに譲るとして、原作者:ピエール・ブールは第二次大戦勃発前の1938年から数年間におけるインドシナで過ごします。当初ははイ ギリス領マラヤにおけるゴム農園の監督者として、大戦が勃発するとフランス軍に志願、フランス降服してからはレジスタンスの一員として諜報活動に従事しま す。1943年ビシー政権側に捕らえられサイゴンにて終身刑に服しますが、翌年、彼は脱獄に成功します。彼の強烈な体験は、後planet of apeに彼をして二つの大ヒット作 を書かせることになります。
bridge on the river kwa
一つは、『戦場にかける橋』 (Le Pont de la Riviere Kwai 1952)、その10年後に『猿の惑星』 La Planete De Singes 1963)、それぞれ映画化され、『戦場にかける橋』(The Bridge on the River Kwai 1957)、『猿の惑星』(Planet of the Apes 1968)、いずれもアカデミー賞作品賞。


2つの作品の共通テーマは、小説・映画を問わず、「地位の逆転」です。看守と服役者、主人と奴隷(あるいは使用人)…、植民地経営の監督者の地位から捕虜 の地位に転落するという屈辱的な彼の体験そのものなのでしょう。この意味で、多くの人が言うように、『猿の惑星』の猿は『戦場にかける橋』における日本軍 捕虜収容所長であり、猿=日本人、と描かれている説に賛成してしまいます。

ピエール・ブールの体験した第二次大戦は既に終わっており、共産主義の台頭する、冷戦の時代、核戦争の危険を胎むカタストロフィーの時代に入っています。ハリウッドにも吹き荒れたマッカーシズム(反共「赤狩り」)の嵐が過ぎ去った直後に作られたのが『猿の惑星』でした。

マイケル・ウイルソンに依る脚本は人類破滅後の世界を描き、同時に「赤狩り」時代に生きた自分(人間)をこの映画に重ねているとの説もあるようです。

チャールトン・ヘストンと言えば、1959年、『ベン・ハー』でアカデミー賞主演男優賞を獲得、容姿・キャラクター共に白人・アメリカ人を象徴する俳優。 1968年の『猿の惑星』では宇宙飛行士役の彼が、猿に捕まり、手かせ・足かせをはめられ檻の中に入れられる、奴隷・服役者・奴隷を演じます。その対比が 極端で、よく彼がこの配役を承諾したと思うのですが、今や82歳、元全米ライフル協会会長としても有名な保守層の代表者、どこか『新・猿の惑星』を見るようです。

本業にもお越し下さい。
  Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


express01 at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search