Anthropology

November 20, 2019

ボスポラス地峡決壊そして「ノアの箱舟」<2>

 イギリスの裁判官、東洋学者、言語学者であるウィリアム・ジョーンズ(Sir William Jones 1746 - 1794)はインド、カルカッタに判事として赴任中、サンスクリット語を研究、ギリシャ語・ラテン語を含むヨーロッパ諸語との間に、語彙。文法の類似点を発見、後にドイツで「比較言語学」に発展して行きます。

アララト山と修道院 ヨハン・フリードリッヒ・ブルーメンバッハ(Johann Friedrich Blumenbach 1752-1804)は「人類学の父」と呼ばれ、極めてキリスト教的世界観の濃いものでした。キリスト教・ユダヤ教における人類の「創世記」、アナトリア半島(現在のトルコ東部)アララト山に漂着したという「ノアの箱舟」伝説は黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域、ロシア南部、コーカサス地方を始祖とする人間をコーカソイド(Caucasoid(Caucasus(コーカサス) + oid(姿))と呼び、ヨーロッパ人、インド人、アラブ人、北アフリカ人の起源とした説を唱えました。Milanda Loves Traveling 「アララト山と修道院」

 「人類学」は英語でAnthropology。語源はanthropo(人間)+logy(学問)に由来します。因みに、Anthropoidは「類人猿」、語源はanthropo(人間)+oid(姿)に由来、apeと同義語です。人類学は生物学的特性を研究する「自然人類学」=生物学の一分野であり、「人種(DNA、血統、肉体)」を研究。一方、社会的慣習を研究する「文化人類学(社会人類学)」は「民俗(言語、文化、慣習)」を研究し、「言語学」、「考古学」、「民俗学」、「宗教」そして「芸能」さえも包括する学問領域です。

 1859年、英自然科学者チャールズ・ダーウィンは「種の起源」を発表。生物の進化を実証的に説明。端的に述べるならば、人間は神が創造したものではなく、生物の進化の歴史の中で誕生したという。これは神は自分の姿に似せた人を作り出し、アダムの肋骨から女を造り、アダム(男)とイヴ(女)は人類の祖であるとする「創世記<2章>・創造論」とは真っ向から対立します。アダムとイブの「創造論」と「進化論」、両者の対立は妥協点が見つけられずに現在に至っています。 
 
 しかし、1996年、ニューヨーク・タイムズに発表されたコロンビア大学の地質学者ウィリアム・ライアン(William Ryan)とウォルター・ピットマン(Walter Pitman)の説と符合するのです。温暖化で徐々に海水面が上昇、BC7500年(一説にはBC5600年)ボスポラスが決壊して、かつては淡水湖であった黒海に、地中海の海水が流れ込んで現在の黒海が出来上がったとする「黒海洪水説(Black Sea deluge」が「ノアの箱舟」伝説が現実に起こった大災害であった可能性が大であることを示しました。ナイアガラの滝を一日に流れ落ちる量の2百倍もの水がボスポラス地峡を黒海に流れ込み、それが少なくとも300日以上続いた、と推定しています。

古代西アジア地図
長谷川修一著「旧約聖書の謎」より拝借

 「旧約聖書」は有史以来、世界最古の歴史書であると云うことができます。その「旧約聖書」、「創世記」が語る「ノアの箱舟」伝説は、単なる神と人間の物語(作り話)ではなく、大災害の歴史的事実を物語ったものであろうと云う考えは、「ノアの箱舟」伝説(「創造論」)への今日的な「地質学」及び「気象学」(自然科学)的アプローチなのでしょう。黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域には、四大文明の一つ、メソポタミア文明がはユーフラテス川・チグリス川流域に興り、四大宗教、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の三宗教が興り、ヨーロッパ・インド祖語が興り、それが東進してインドに入りサンスクリット語になったことから考えると、インドで仏教が興ったとされるも、仏典は梵語=サンスクリット語であり、仏教さえも根源はこの地に辿り着くようにも思えてきます。こう考えると、黒海とカスピ海の北及び二海に挟まれた地域は「旧約聖書」、「創世記」の舞台にふさわしい特別な場所に見えて来るのが不思議です。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search