ALWAYS

February 12, 2012

We Will Always Love Whitney Houston‎

 ホイットニー・ヒューストンが12日(現地時間の11日)に死去の報道、ホテル「ビバリーヒルトン」で同日、彼女の遺体が発見されたという。


whiteney houston

彼女がケビン・コスナーと競演した映画:『ボディ・ガード Bodyguard (1992)』は面白くて、テレビの再放送も含め、何回も見てしまいました。彼女の歌ったその主題歌:『I Will Always Love You』は空前のヒットとなりますが、これ以外にどんな曲を歌っているのかも知らず、ましてや、ブログのテーマに彼女を取り上げたことはありません。
説 明するまでもなく、『I Will Always Love You』はカントリー歌手:ドリー・パートンの大ヒット作です(1974)。サウンドトラック制作中、ホイットニーに『I Will Always Love You』を勧めたのは競演のケビン・コスナーで、オリジナルではなく、リンダ・ロンスタットのカバー曲を勧めたのでした。
 
「これ、お気に入りの曲?」、で始まるレストランのシーン。店のジュークボックスはこの曲を流し始め、二人は小さなダンスフロアに場所を移します。「これ、カウボーイの歌でしょう? 悲しい歌ね…」、レイチェル(ホイットニー)は後に自分の歌として大ヒットさせるという筋書きです。

このジュークボックスから流れる『I Will Always Love You』を歌っている男性歌手は誰か…?映画公開から17年を経て、ようやく解明されました。彼の名前はジョン・ドー(John Doe 芸名なのでしょうが、本名を明かしたくないときに使う男性名でもある由)、日本語に訳すならば、何某身元不明の男、名なしの権兵衛。Youtubeの『"I Will Always Love You" by John Doe』、 ジョン・ドー の曲にそのシーンをかぶせて作りましたが、世界には私と同じ思いを持っている人が多いらしく、今までに13千回以上の視聴、11もの好意的なコメントを記録しています。

 

少なからず関わりのあるホイットニー・ヒューストンでした。
ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
 
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



November 27, 2007

映画:『三丁目の夕日』 どうしてALWAYS?

昭和30年代がブームのようです。映画:『ALWAYS 三丁目の夕日』が2005年の三丁目の夕日日本アカデミー賞を総なめ、今続編:『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が公開中です。なぜ「ALWAYS」なのか、その意味がよくわかりませんが、このコミックを原作とする映画は世代を超えて日本人を魅了しています。「世代を超えて…」なのですが、制作者側の意図としては「団塊の世代」がその主標的のように思えます。その世代は名前の通り、絶対的に人口の多さでは突出した世代です。今や彼らは定年を迎え、お金はともかく時間はあり、割引料金で映画を観ることが出来ます。ここに、「これだ!」と言う映画が出てきたのでしょう。彼らは、劇中の<<古>>行淳之介少年に自らを投影、感情移入させるのです。今、多くの古行淳之介少年が今、定年を迎えようとしています。

これに対をなすように、時代は同じく昭和33年(1958年)、ドラマ:『点と線』が放映されました。前者が「黄金の時代」、「明日が明るくて輝いていた時代」を描いているのに対して、後者はその「時代の背後にある」社会性がテーマでした。余談ながら、アリバイ崩しで引っ張りに引っ張って、最後に、「そうだ、飛行機がある!」…はないでしょう。如何に舞台がその時代にせよ、少々拍子抜けでした。
tokyo olympic
古行淳之介君はその後、TV放映開始(皇太子ご結婚、力道山 vs シャープ兄弟)→ 東京オリンピック → ビートルズ来日 → 学生運動 → 大阪万博、を同時代のものとしていきます。明治の日本人が近代国家建設に向けて、坂の上の雲を目指して生きていた時代、小説:『坂の上の雲』の時代は1945年の敗戦という結果となり、昭和の「明日が明るくて輝いていた時代」は1990年のバブル崩壊、第二の敗戦という結果に終わってしまいました。「明日が明るくて輝いていた時代」に身を置くことは心地良いものですが、「日の当たらない」影の部分では、ここに始まる高度経済成長が大きな疑獄事件、深刻な環境汚染そして第二の敗戦をもたらしたことが置き去りにされています。

2008年北京オリンピックロゴ何もタイムマシーンにのって50年もの過去に行くことはありません。2年前、始めて中国広州に行きました。香港から列車で2時間ぐらいでしたでしょうか。そこは正に『三丁目の夕日』が現在進行中です。上海や北京ではなおさらでしょう。それもそのはず、中国は来年、2008年に北京オリンピック、2010年には上海万博を迎えます。中国の<<古>>行淳之介少年にはどのように映っているのでしょうか。

Ps:「ウーン…」。書き終わった後もまだ悩んでいます。「ALWAYS」て、何なんでしょうね。まさか、日本人は「いつも」同じパターンを繰り返している、という意味ではないでしょうが…。

もう一つ、当時のダイハツ・ミゼットは丸ハンドルではなく、まだバーハンドルでは…。ひょっとしたら、その音楽の割にはつまらなかった(?)、  桑田佳祐監督、1990年作品『稲村ジェーン(舞台は昭和40年)』に使われたミゼットを借用したのでは…。

本業にもお越し下さい。Momo Santa
discount coupon


期間限定
クリマス・クーポンプレゼント中
Hong Kong Express
Hong Kong Express logo




Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search