鎌倉街道

January 26, 2017

散歩の途中<19> 代官坂

 過去何回か(?)ご紹介している小山田桜台団地ですが、小田急町田駅に出るのにバスで30分、本来は15分弱のJR横浜線淵野辺駅に出るべきなのでしょうが、如何せん朝夕の通勤・通学時間を除けば1時間に1本しかありません。しかし、2027年、東京・名古屋間開業予定の中央リニア新幹線が着工(?)、品川を発車した最初の駅は隣町:相模原市橋本らしく、それにともなって、現在、唐木田まで来ている小田急多摩線を延伸、横浜線相模原駅に接続、その間に2〜3駅が新設されるそうです。小田急延伸・モノレールの構想は、この団地開設の30年も前から言われている話、10年後、近くに新駅が出来たとしても、その頃には外出する意欲もなくなっていることでしょう。

 「陸の孤島」状態はしばらく続きそうですが、そのお陰で、東京都に在りながら単なる昭和の里山風景どころか、遡って、平安後期から鎌倉にかけての武士勃興・政権確立の舞台、できる限り直線に配した「鎌倉街道」、さらに遠くの古代、阿倍比羅夫・坂上田村麻呂が東北に向かい(?)、防人が横山をはるか九州を目指して下って行った痕跡が「奥州古道」として残っているのは奇跡ではないでしょうか。
鳥瞰図
 団地の掲示板の言葉、「水彩画を楽しんでいます。ご一緒にいかがですか。」に誘われて水彩画同好会に入会しました。つい最近まで高校で美術の先生だった方、かつてそれなりの先生について絵を学んだ方など、本格的に水彩画をやっておられるようで、持っておられる道具類(絵の具・筆)も違います。彼等の水彩画に比べれば、私の絵は極端に言えば線画、色付けも単純、持ち物も友人にもらった絵の具は別に、筆は絵手紙用の水筆一本だけ。そもそも彼等のサイズがA4であるのに比べ、私のそれはA5あるいはF0と彼等の半分です。私の絵を見た一人が、「こんな風景がお好きでは?」と写真を見せてくれます。

 数年前、町田市と多摩市を隔てる大きな段差(多摩丘陵、『万葉集』で言う「多摩の横山」)を越えて小田急多摩線終点駅:唐木田駅に至る道路が完成、路線バスはないものの、車で行けばわずか10分、唐木田駅発の急行に乗り、代々木上原で本線急行に乗り換えて新宿に出る新ルートが発見され、時間的にも金銭的にも、都内が近くなりました。唐木田に至る道路の途中で目に入るのがその写真の風景です。私だけでなく、その彼も、おそらくこの道を走る多くの人にとっては大いに気になる景色なのでしょう。早速描いた絵がこれです。
170117小山田代官坂辺り
 ただものではない立派な門構えの農家、その敷地の裏から「多摩の横山」へ通じる「代官坂」が始まります。下小山田と上小山田のほぼ境、標高が上がるにつれて突然小さな谷戸に畑の畝が現れるたかだか1キロほどの坂にすぎません。鶴見川、結道川、馬駈堀など水の便良い麓では田んぼが広がる「田方」と呼ばれる代官坂地蔵のに対し、この辺は「岡方」と呼ばれるそうです。耕耘機など、小型の農業トラクターなどが辛うじて通行出来る道幅で、終末のハイキング客か地元農家の人しか通る人もおらず、「奥州古道」の痕跡を深く残す道と言えるでしょう。

 さて、その名前、「代官坂」とは、どこからやって来たのでしょうか?甲斐、武田氏が滅び、かつてその家臣だった大久保長安が徳川家康に仕官、一族郎党を連れて八王子に移住、「千人同心」を組織、江戸〜八王子〜甲府を結ぶ将軍の脱出路として甲州街道を整備、佐渡・院内・石見を統括する金山奉行として権勢を振るいました。当地境川流域(淵野辺・橋本)あるいはこの下小山田・上小山田にも少なからず、甲斐以来の彼の郎党の子孫が住んでおり、長安の冬至の官職名:八王子代官頭に因んで「代官坂」と呼ばれるようになったのではないかと云う説があります。近くには「大久保台」の地名、八王子には「野猿峠」と言う地名があり、長安の出自が金春流猿楽師であったことも合わせて考えると想像力も膨らみます。「陸の孤島」も悪くはありません。 
  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT . 皆様のご支持をお願いします。
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


express01 at 21:47|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search