蒲生氏郷

February 02, 2019

第2回絵画展のご案内 

190201_絵画展案内状

 見慣れたと云うか、最近、少々見飽きた小山田荘の風景を後に旅に出ました。見飽きたとは言いすぎ…、見る目を変えてみようと、リフレッシュを目的に関西に行ってきました。芭蕉は150日をかけて「おくのほそ道」を歩いたと云います。それに比べれば、私の4泊5日の旅行はつましいものです。

181026_司馬遼太郎 初めて、東大阪にある司馬遼太郎記念館を訪れました。館内は写真撮影禁止。訪問者は数えるほど、安藤忠雄設計の地上1階から地下2階まで吹き抜けの館内を、無謀にも2時間以上もかけてスケッチ、建築を志す学生気分に浸ることが出来たのは幸運でした。

 多くの近江商人を輩出した東近江、西武グループの創設者 堤康二朗も近江鉄道愛知川(あちがわ)出身でした。このこともあって、近江鉄道はれっきとした西武グループの一員です。米原からJR東海道線の内陸側を平行して、彦根・多賀神社・愛知川・五箇荘・近江八幡・日野そして貴生川(きぶがわ)でJR草津線に連絡します。

沿線の日野は信長・秀吉時代のキリシタン大名、 洗礼名 レオン、利休七哲の一人、蒲生氏郷(がもううじさと1556 – 1595)が生まれています。

彼の5代前の当主 蒲生貞秀(さだひで1444 – 1514)は武将としてだけでなく、日野菜歌人としてもすぐれた人物でした。 日野の地に発見された根が淡紅色の野菜(カブ)を漬けたところ非常に美味で、京に住む公家に献上すると、その美味であること天皇にまで知られるようになりました。このカブは「日野菜」、日野菜の漬物は「日野菜・桜漬け」と呼ばれ、蒲生氏上洛の際は必ず献上したそうです。

私を、貴生川駅で拾ってくれた友人は京都人、近くで畑を借りて、日野菜を育て、日野菜漬けを作るのが彼の趣味の一つ、頂いてみると、なるほど…、ご飯がすすみます。

もう一つは伊賀鉄道、城下町 伊賀市中心部とJR関西線 伊賀上野・近鉄大阪線 伊賀神戸(いがかんべ)を結ぶ、全長16.6kmの第三セクター鉄道です。駅名にもある「四十九(しじゅうく)町」は奈良時代、行基(668 – 749)に由来、修験道の開祖 役行者(えんのぎょうじゃ =役小角 7 – 8世紀)の弟子にて、この地に山伏の修験道場 「四十九院」があり、伊賀流忍術発祥の地でした。

芭蕉は、最大のパトロン 藤堂新七郎 良忠(俳号 蝉吟 せんぎん)を亡くします。彼は、処女作 「貝おほい」を故郷 上野菅原神社に奉納、決意を新たにして、当時、新興の江戸に向けて出発しました。

「おくのほそ道」への旅立ちは、それから14年後のことです。
第2回絵画展画像
楽しんで頂ければ幸いです。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 07, 2018

2018年関西の旅<2> 近江鉄道

 その日は一日かけて近江鉄道沿線の古い木造の駅舎を訪ねるのが目的でした。しかし、朝起きるのが遅くなり、出発もずるずると遅くなってしまいました。JR京都駅に着いたが10時頃か、これでは近江鉄道の始発の駅、米原に着くのが昼前になってしまいます。これでは終着駅、貴生川駅での友人との待ち合わせ時刻16時までわずか4時間しかありません。米原,泙嚢圓ず、一つ手前の彦根駅△ら近江鉄道の旅を開始しました。これで、予定していた本命の一つ、鳥居本駅舎をはずすことになりました。
181107近江鉄道
 近江鉄道の一日乗車券を買って、やおら時刻表を見ると、地方なので当たり前と云えば当たり前なのですが、1時間に1本の運転しかありません。彦根口駅で降りたのは間違いないのですが、 その駅舎の姿さえ憶えていません。私の勘違いかも知れませんが、写真を撮っていないところから見ると、少なくとも期待した木造駅舎はなく、駅周辺にもこれと云ったものもおらず、次の電車が来るまでの1時間をどう過ごすか途方に暮れてしまいました。

 他にすることもなく、沿線に関する知識をいくつかご披露しましょう。現在も交通の要衝である湖東地方、かつては北陸道・東山道(近世の中仙道)・東海道の三道の結節点であり、歴史の舞台でした。

 すでに鎌倉が新田義貞軍に滅ぼされた(1333年5月8日)のも知らず、京を落ちて鎌倉を目指す六波羅探題、北条仲時軍は近江国番場宿蓮花寺(現在の米原市 砲肪り着くも、前を佐々木道誉の軍勢に阻まれて万事休す。仲時は一族432人と共にここで自刃しました(5月9日)。哀れです。

 次の尼子駅ざ瓩、近江国犬上郡藤堂村には、戦国時代、藤堂高虎(1556-1630)が生まれています。信長・秀吉そして家康に仕え、外様ながら伊勢・伊賀国を支配しました。旅の目的地はこの伊賀上野ですが、近江にも甲賀があり、両者は間の山を県境に隣接しており、共に忍者の里として知られています。面白いことに、戦国期の伊賀国と甲賀では、守護大名(甲賀の六角氏)の支配は緩く非常に限定的で、「惣」と呼ばれる連合体が形成されるほどに、地侍(小領主)に依る自治がなされていました。 余談ついでに、小松左京の「敦賀・加賀・滋賀・多賀・甲賀・伊賀の「賀」の連なり…」を渡来文化に関する著作の中で読んだ記憶がありますが、湖東は大陸から伝わった文化が大和国地方へと広がる幹線ルートであったことは間違いありません。

 次ぎに立ち寄ったのが五箇荘駅ァ4儻客向けに、それらしい装いの駅舎ですが、絵に描いてみようという気持ちにはなりません。当地は近江商人発祥の地。西武グループの創業者:堤康次郎(1889 - 1964)も、一つ手前の愛知川駅の在る愛荘町で生まれました。私の乗る近江鉄道も西武グループの一員で、鉄道車両は西武鉄道のお下がり、県南部を走る近江鉄道の路線バスにも関東を走る西武バスのカラリングが施されて、関東に住む私は不思議な感覚に陥ります。本当かどうか知りませんが、滋賀県で一番人気のプロ野球チームは「西武ライオンズ」だそうです。

 街並みが保存されているようなのですが、そこまで歩いて往復するだけで1時間は必要、街並みを見て回るとなると…、次に乗る電車は2時間後になってしまいます。周辺を廻っただけで駅舎に戻ります。誰もいない駅舎で、一人、作戦の練り直しです。次はレトロな駅舎の新八日市駅、メンソレータムの近江兄弟社で有名な近江八幡駅を予定していたのですが、これだけでも一日は必要と理解して、今回は断念することにしました。まだ一枚の絵も描けず、時間だけが過ぎていきます。 …と、駅に置いてあるパンフレットに『厳選!近江鉄道本線こだわり旅』とあり、見所の一つに、私が予定していた桜川駅Гあります。

 八日市駅Δ乃生川行きに乗り換え、いくつか駅を過ぎ、桜川駅Г嚢濕屬靴泙靴拭2りを散策など…の余裕もなく、次の電車が来るまでの1時間、スケッチに没頭しました。陽が落ちるのも早く、影が長く感じられます。貴生川で畑を借りている友人から電話の一報、「今、何処?」、畑作業は間もなく終わるそうで、予定を変更して、貴生川より手前の水口駅で拾ってもらうことになりました。
181104_近江鉄道桜川駅駅舎_2
  予定していた日野駅┐蘯崛襪ら見るだけに終わりました。もう一つの近江商人、日野商人の拠点、蒲生郡日野町です。戦国時代、蒲生氏郷(1556 - 1595)が生まれた地でもあり、何故か…、彼に愛着を感じています。2012年、会津若松に旅行し、街中に偶然、氏郷のお墓を発見(興徳寺 遺髪のみ)して感激したことがあります。千利休の一番弟子で、千利休切腹後は彼の息子を会津若松に招いて千家存続、茶道発展に尽くしました。彼は名護屋布陣中に病死、京都大徳寺にある黄梅院に葬られています。彼は熱心なキリシタンでしたが、彼の死後、会津地方でキリスト教がどうなったのか大いに興味があります。

181107_日野菜 水口駅で降車、陽は西に傾き、駅舎の長い影に見入っていると、友人の車がやって来ました。私とは大いに異なり、彼には「食」に対するこだわりがあります。その一つが「京野菜を使った漬け物」です。先ほどの日野、此処が原産かどうかは知りませんが、「日野菜(ひのな)」というカブの一種の漬け物です。近江国が発祥、「千枚漬け」と並ぶ京漬け物の一つです。

 旅行から帰ると、約束通り、彼が自分で漬けた「日野菜漬け」が届いています。さすがに…、こだわりの彼が漬けた「日野菜漬け」、上品なおいしさで、ごはんが進みます。どうも、おおきに!また、よろしくお願いします。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       
  


express01 at 15:33|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 17, 2014

『沈黙』 その時代

姉弟3人の約束で、今年1年は大河ドラマ:『軍師官兵衛』を共通テーマにしよう、ということになっています。

軍師としての官兵衛は多くの人に描かれていますが、むしろ、彼が「終生、敬虔なキリシタン」であったことに大いに興味をそそられます。彼だけではなく、高山右近、大友義鎮、大村純忠、有馬晴信、小西行長、蒲生氏郷…など多くの戦国武将が「キリシタン大名」として名を残しています。「慈悲」・「隣人愛」・「人間としての自己確立」がキリスト教の生き方だとすれば、どうして戦国武将はキリシタン洗礼を受けたのか…、武士としての生き方と矛盾しないだろうか…。例えば、小西行長は、同じくキリシタン、彼の娘婿:宗 義智(対馬府中藩主)と共に朝鮮貿易を独占、一方では李氏朝鮮を欺き、他方では秀吉も欺き、いざ文禄・慶長の役(1592〜1593)が始まると、熱心な日蓮宗徒である加藤清正と競って、この「大義」も「仁愛」もない戦争に、何の節操も躊躇もなく参加したのです。

彼等の生きた16〜17世紀、目を世界に広げてみると、そこは「大航海時代」も既に後半に入ろうとしていました。後半という意味は…、かつて時代の先鞭をつけたスペインとポルトガルの国力が傾き始め、スペインの植民地であったオランダが独立、国教会をつくったイギリス、そしてオランダ、ドイツで宗教改革運動、前者に対抗宗教改革が発生、新大陸・アフリカ・アジアを含む全世界規模での新旧キリスト教勢力は抗争の真っ只中でした。

William_Adams_1707_map_of_Japan対抗宗教改革運動としてイエズス会が正式に許可され(1540)、ザビエルが日本に上陸したのは1549年。九州に始まった布教は30年後には東北にも及び、1585年の頃に官兵衛が入信、彼は高山右近、蒲生氏郷の勧めで受洗したとルイス・フロイスは記しています。

それから更に30年の間、幾度かの禁教令にも拘わらず、関ヶ原の戦い前後まで毎年1万人余が新たに洗礼を受け、キリスト教は拡大していきます。徳川幕府は、1620年、宣教師ら修道会士と信徒、及び彼らを匿っていた者たちを大量に処刑(元和の大殉教)、続いて起こった「島原の乱」(1637)に恐怖して、結果キリスト教徒を徹底的に弾圧するようになります。

宣教師、修道士、信徒の処刑は彼等にとっては「殉教」、「殉教」は迫害を恐れない新たな信徒を生み出します。恐怖した幕府は処刑を止め、「棄教」(強制改宗)政策に転換、徹底的、積極的かつ巧妙に推進していきます。すでに戦国時代は終わり、徳川幕府が政権を奪取、ウイリアム・アダムスの進言によるものか…、スペイン、ポルトガル(ローマ・カトリック教国)を国外に追放・国交を断絶、逆に、宗教色の希薄な、そして世界交易の覇権を握りつつあるイギリス、オランダ(プロテスタント教国)に接近して行った。これが遠藤周作の小説:『沈黙』(1966)に描かれている時代です。

プロテスタントに対抗すべく海外に派遣されたイエズス会は世界の東の果て、日本にキリスト教布教の最適地を発見、その熱心な布教活動及び自然科学を始めとする西洋医学が普及、民衆だけではなく武士階級にも、海外交易を欲する領主階級にまで浸透、「キリシタン大名」と呼ばれる戦国武将が現れたのは既に書いた通りです。今まで控えめであったキリスト教が、その普及とともに、一神教故か…既存の宗教勢力と衝突・社寺仏閣の破壊、封建思想との軋轢、幕府政権への挑戦(「島原乱」)、植民地化の恐れさえも生じてきました。

1643年、史実では4人の司教が官憲の拷問を受けて全員が棄教、その中の一人、キャラをモデルにしたのが、小説:『沈黙』のロドリゴ司祭です。ロドリゴは、彼の師匠であり、前任者であるフェレイラ司祭の棄教・裏切りの経緯を知るために日本に潜入しますが、キチジローの裏切りで長崎奉行に捕縛されてしまいます。「根が絶たれれば茎もはも腐るが道理」、長崎奉行の言葉の通り、この国はすべてのものを腐らせていく沼でした。教義なきキリスト教は”羽の生えた大日如来”、”頭に輪っかをつけた弥勒菩薩”、キリスト教が歪曲化されて行くのを見るのは最も過酷な拷問です。「殉教者」をいくら作っても敵の思う壺、奉行は「神」への疑問を植え付けてロドリゴの精神を破壊します。「神」の沈黙は続き…、信徒が過酷な拷問で呻きながら緩慢に死んで行くのをロドリゴは看過できず、遂に…、「踏み絵」に足をかけた瞬間、生まれて始めて「神」の声を聞きます。『沈黙』、2014年、マーティン・スコセッシにより映画化されるそうです。

遠藤周作?中学生の頃…?、その彼女は、同じクラスだったのですが、賢くそして美人、あこがれの女の子でした。夏休みの終わって、読んだ本の感想文の校内コンクールがあり、彼女はみごと優勝しました。感想文そのもの、その評価の内容は忘れてしまいましたが、彼女の読んだ本が遠藤周作の『沈黙』だったことはよく覚えています。後日、図書館でその本を見つけて読み始めましたが、読み続けるのは難しく、残念ながらその面白さに出会うことなく、途中で諦めてしまいました。

以来、小さくはない劣等感とともに生きて来ましたが、少しは抜け出せそうです。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search