花粉症

February 23, 2011

マスク姿、どこか昔の『霊幻道士』

先日、ドイツに旅行に行った友人の話では、参加した旅行者全員を前に添乗員から一言注意があった由。「感染者と誤解されるので、マスクはしないように。」

通勤客 マスク姿2いつ頃から全く逆なことをするようになったのかは知りませんが、日本人がマスクをするのは病原菌を吸い込まない為の自衛策と同時に、自分の咳やくしゃみを他人に浴びせないための、あくまでも感染予防と為です。逆に欧米では、感染予防と為に身につける習慣が無く、むしろ、マスクをつけているとよほどの重症患者か…あるいは強盗かと勘違いされかねません。

道を歩いていて不愉快になるのですが、今でも日本人男性は唾・タンをはきますが、欧米では見たことがありません。逆に、日本人はくしゃみや咳をするときは周囲に気を遣うのですが、彼らはそれほど気を遣っている様子もなく、鼻をかむことに至っては、とんでもないほど大きな音を立てます。唾・タンは有無を言わさず止めて欲しいが、いずれも生活習慣で誰もが当たり前のことと思っているのですが、この生活習慣の違いが何処に起因するかというと、人口密度ではないでしょうか。他人がそんなに間近にいなければ、誰だって遠慮なくくしゃみや咳、鼻をかんだりするのではないでしょうか。

昔は、風邪を引いて少々熱があっても、コンコン咳をしながらも、つらいのを押して職場や学校にやって来るのが美徳と思われた時期もありました。都心への人口集中が進んだ高度成長の時代、定員の倍もの乗客を乗せた通勤電車は、「授業に遅れる」、「私が行かなけりゃみんなに迷惑が…」とばかりにマスク姿が多くなったのではないでしょうか。日本人の生真面目さと人口密度の高さがマスク姿の氾濫につながったように思えます。
キョンシー6
それにしても今の日本、何か変にマスク姿が多すぎます。私など、暗闇で遭遇したら、昔の『霊幻道士、キョンシー』を思い出して卒倒していまいそうです。

先日の新聞によると、中高生とその親に伊達(だて)マスクが流行の由で、「先生に怒られているときマスクをしていると聞き流せる」と年中マスク姿、先生が注意しようも「風邪・インフルの予防」と言われればそれまで。「窓口で市民に激高されてもパニックに陥らずに冷静に話せる」、とはある公務員。「化粧してないから…」とか、「マスクをしていると落ち着く…」など、どうも『霊幻道士、キョンシー』のおでこに貼られたお札・呪文のようです。どれもこれも一昨年の新型インフルエンザ流行を機に、その対策のためではなく、全く違う理由でマスクが手放せなくなっているようです。

彼らにとって、風邪・インフルエンザ・花粉症はきっかけ、言い訳に過ぎず、マスク姿は居心地のよいことなのでしょう。こうなってくると、風邪・インフルエンザ・花粉症予防の為にマスク着用されている方には申し訳ないのですが、日本人のその姿はまさに病的、何らかの精神疾患を持っているようにも見えます。

朝の散歩でコーヒーを飲みに行くMAC、いつも見かけるおっさんが店を出て行くのが見えます。目で追うと、自転車で来ているらしく、前のカゴから手袋、帽子を取り出し、続いて、マスクをつけて、過ぎ去って行くではないですか。彼は風邪でも、インフルエンザでも、花粉症でも、対人恐怖症でもありません。

理由は簡単、「マスクって暖かい…」。


Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 02, 2008

今年の花粉予想は「早め・多め・長め」

幸い、私にはその悩みはありませんが、花粉症の方にはつらい季節がやって来ました。環境省に依る今年の花粉予想は「早め・多め・長め」、特に関東・東北地方の飛散量は例年の1.5倍〜3倍とのことです。同省運営の「花粉観測システム(はなこさん)」が注目を浴びているそうです。それもそのはず、国民の約20%がアレルギー性鼻炎で発作時のくしゃみ、鼻水、 鼻づまりに悩んでおられるようで、近年は国民病の様相を呈しています。大別して、鼻炎症状が年間を通してみられる「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」の二つがあり、後者の代表がスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどを原因とする花粉症です。

この話を香港スタッフにすると、帰ってきた答えが「鼻敏皇 Allergic Rhinitis Nose Drops = 鼻敏皇 ライス・アレルギー鼻炎ノーズドロップス」。香港ではベストセラーのようです。同商品の説明書を訳してみました。

鼻敏皇 ライス・アレルギー鼻炎ノーズドロップス
Made in Hong Kong
nose drops image100%純粋、天然漢方成分。香港を代表するバプティスト大学による臨床試験の結果、鼻炎アレルギーの諸症状を効果的に緩和させることが証明されています。鼻水、鼻づまり、後鼻漏、(アレルギー性の)くしゃみ、無臭覚(症)に効果があります。3歳以上の子供に使用できます。

使用方法:ボトルを垂直(正立)に保ち、それぞれの鼻孔に2度ずつスプレー、これを1日に3回行います。誤って鼻からのどに入り、飲み込んでも安全です。スプレー時、上下を逆に(倒立)しないようにしてください。子供の手の届かないところ、冷暗所に保管してください。より高い効果の為に、冷蔵庫内での保管をお奨めします。

主要成分:  鵝不食草(Herba Centipedae)23%、?連(Rhizoma Coptidis)4%、 金銀花(Caulis Loniceras)5% 、桔梗(Radix Platcodi)6%、 防風(Radix Ledebouriellas)5%、 陳皮(Pericarpium Citri Reticuulatae)4%、薄荷(Herba Menthae)16%、?芩(Scutellariae Baicalnis Radix)10%、 甘草(Glycyrrhizae Radix)6%、白芍(Paeoniae Lactifiorae)16%、大棗(Zizyphi Inermis Fructns)5% 


4つの保証を掲げる製造業者です。→ 黎氏薬業(Lai's Medicine)
四大信心保證

1)          逾廿多年製藥經驗,自設廠房,香港製造,優質保證

2)          通過國際認可化驗中心 (SGS) 測試,絕對安全

3)          合乎香港衞生署之標準

4)          保證百份百純中藥製造,是最值得信鯏中藥產品


お買い求めは… → Hong Kong Express


HKXからのお知らせお探しのオススメ商品、ブランドを簡単に見つけることができるようになりました。→ 商品・ブランドランチャー

以下原文
続きを読む

express01 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search