紅白歌合戦

December 31, 2014

第6回 かってに、HKX紅白歌合戦

 先日の日曜日は音楽漬けの一日で、午前中は地元中学校ブラスバンドの演奏会:「アンサンブル・コンサート」、皆さん一生懸命で非常に好感を持てたのですが、音楽を聞く側の立場からすると、アンサンブルの意味にも通じるのですが、その曲の出来不出来は曲の最初と最後の部分が全員で「ピシーっ」と決まるかどうかよるようです。

 午後は久しぶりのバンド練習、午前は聴衆・聞き手側に立っていた私が、一変、逆に演奏者として「ウッドストック Woodstock」挑戦したのです。私のよく知っている曲で自信を以て臨んだのですが、どうも…、私が勝手に理解している曲と本物の曲の進行とは違うようで、頭ではその違いが理解できても、残念ながらその演奏(歌)を修正することができていません。結果としては、中学生の吹奏楽のアンサンブルをとやかく言う前に、自分のパート、演奏(歌)がお粗末でした。

 この1年を振り返ってみると、順送りとは言え、今年は管理組合の副理事長を引き受けてしまい、多くの時間をその活動に費やしました。現役の時代は幸いな事に何も重要な仕事もして来ませんでしたが、今回はその罪滅ぼしのために、理事会でやるべきことは率先して、私なりに一生懸命やって来ました。自ずと、音楽に費やする時間・情熱も削がれてしまっているようです。Nobuさんはもう一つのカントリー・バンドでペダル・スチールを彈いており、聞く話ではレベルが高いそうで、プレッシャーがあるそうです。自ずと、彼のエネルギーも向こうのバンドに行くでしょう。もう一つ忘れてはならないのは、ベースのMaruさんが辞めてしまったこと餅を焼くで、音の厚み・リズムが弱くなったように思えます。皆んなが知っているビートルズの曲をやろうという話も、今のところたった2曲止まりで次が出ません。あれやこれやで、で今年のバンド活動は停滞したと言わざるをえません。お餅を焼きながら今年の反省でした。

第6回HKX紅白歌合戦
 ということで、今年の「第6回紅白歌合戦」、エントリー自体が少なく、Nobuさんの「Back In The USSR」、Kunさんの「Norwegian Wood」そして私の歌う「Who'll Stop The Rain」の3曲、どうも完成度が低くイマイチ、「ピシーっ」とまでは行っていません。


 新春には「ウッドストック Woodstock」をお聞かせしましょう。良い年をお迎え下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 31, 2013

第5回 かってに、HKX紅白歌合戦

このブログ:『ISAO's Scrapbook』、1日の訪問者数(Unique User数):30〜40で推移していたのですが、突然、12月24日から上がり始め、一昨日、28日には138、通常の4.5倍〜5.5倍の訪問者があり、「こりゃー、サイト炎上か?」…、と一瞬恐怖してしまいました。

原因はすぐ判明、24日に公表したブログのタイトル:『年賀状、気の利いたコメントは?』でした。郵便局の『年賀状は25日までに』のキャンペーンもあり、ちょうど今の時期、皆さんの多くは年賀状作成に知恵を絞っておられます。宛名だけではなく、最近はおめでたい絵さえもパソコン任せ、何か気の利いた手書きのコメントを添えたく、ネットを検索されているのでしょう。因みに、当ブログに訪れた検索キーワードは多い順に「年賀状」→「コメント」→「気の利いたコメント」→「気の利いた年賀状」…、検索語ズバリのタイトルです。久しぶりのプリンター、印刷途中でインク切れ…、それに加えて、気の利いたコメントを考えるのはしんどく、勢いネットに頼ってしますのでしょう。

私は毎年、年賀状の枚数を減らしたのですが、出しても、出さなくても頂く枚数は同じ、根負けして最低必要数は出すことにしています。ましてや、小学校以来の絵を再開、その絵を皆さんから喜んでもらっているので、今回の年賀状はそんなに苦労することもなく早々と出し終えています。どんな年賀状なのか…、お正月にはお見せすることにしましょう。
Christmas Live Concert

12月22日(日)、"STUDIO ONE(埼玉県東松山市)”でのライブには多くの方に来ていただきありがとうございました。コンサートでは8曲を演奏、三脚にビデオカメラとPCMレコーダーを置いて録音・録画に臨んだのですが、ビデオカメラで録画は右端が切れ、何故か…、最後の7・8曲目が記録されていません。ということで、PCMレコーダーには録音されている曲を持って今年の『第5回 かってに、HKX紅白歌合戦』にしたいと思います。※因みに、『第1回〜』『第2回〜』『第3回〜』『第4回〜』
5回HKX紅白歌合戦
『Bye Bye Love』、サビから1番に入るのですが、喉がつかえてヘン。歌い込んでいるはずなのですが…。『Bluemoon Of Kentucky』『Let Your Love Flow』『More Than I Can Say』『Memphis』と続き、『Rock 'n' Roll Christmas』が唯一クリスマスらしい曲で。

『Sister Golden Hair 』


『The Way 』、我々にとっては最新の、1990年代の曲、大事なところで私のチョンボでした。


2014年が良い年でありますように…。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search