秦河勝

February 26, 2020

日本海に至る大運河 - 淀川(その2)

日本海に至る大運河 - 淀川(その1)から続く

保津川下り 丹波亀岡を出て16km、保津峡を経て京都嵐山渡月橋に至る「保津川下り」。木材のいかだ流しが行われていましたが、京都の豪商、角倉了以(すみのくら りょうい 1554-1614)は、丹波から京への物流拡大を意図して河川改修工事を行い(1606)、喫水の浅い高瀬舟による輸送ルートを完成しました。しかし、急峻なため遡行して物資を京都から丹波に輸送することは不可能で、保津川に沿った道から長い綱を用い、人力で高瀬舟を曳い航行する「曳舟」が行なわれました。現在の「保津川下り」では30人乗りの川船はトラックにより陸路、亀岡に搬送されます。余談ですが、保津川は渡月橋の手前で「大堰川(おおいがわ)」と呼ばれ、5世紀、ここに古代秦(はた)氏が「葛野大堰(かどのおおい)」を造り、水量を調節、嵯峨野・桂川右岸の灌漑を実施。その功労に因んで彼は「秦河勝(はたかわかつ)」と名付けられたといいます。渡月橋を境に再び桂川と呼称が変わります。

 ヤマト政権はその誕生以来その成長を育んできた、「国のまほろば」、奈良盆地を後にします。南都(奈良)仏教勢力の拡大、森林・水資源の枯渇、水・陸交通の諸問題を解決するために、桓武天皇(737 - 806)は長岡京(784-794)に遷都します。従来の大和川から淀川水系に代わったのです。桂川・瀬田川・木津川の三川が山崎で集まり、呼称を淀川と変えて大阪湾に注ぎます。一方、山崎は山陽道(西国街道)と山陰道が結節する水陸交通の要衝であり、長岡京はその山崎の北に位置しました。

 その長岡京もわずか10年で、さらに北に位置する平安京に遷都(794)します。その間、長岡京建設の責任者が暗殺、それに加担したとして早良親王が拘束され後に死亡、皇后の死、天然痘の流行…、「早良親王の怨霊」とも云われる災害・事件に嫌気がさしたとも云われますが、それだけでは納得できる理由にはならないでしょう。その頃、多賀城が陥落(780)するなど、東北の各地では蝦夷の反乱が続発、桓武天皇は守旧勢力の反対を押し切って実行した遷都を成功させ、同時に、頻発する蝦夷の反乱に対処しなければなりませんでした。遷都と対蝦夷戦争を遂行するには税収確保と輸送路の確保が最重要課題であり、その2つの課題解決の為に、日本海側へ通じ、山陰道・北陸道そして日本海沿岸海上ルートにより近い、平安京遷都(794)となったのではないでしょうか?802年、アルテイ、征夷大将軍坂上田村麻呂に降伏、胆沢城が建設されます。旧仏教勢力の押さえとして、最澄を唐に送り(遣唐使 空海も一員 804)密教を学ばせ、平安遷都は完成、806年、桓武天皇は崩御します。

淀川の源_3 平安京は一山超えるだけでそこは大津、淀川水系全体を見ると、大阪湾を発し、山崎で集合する三川の一つ、瀬田川は琵琶湖に繋がり、これを縦断して、対岸の梅津から日本海若狭湾の敦賀、あるいは今津から小浜に出ることができます。淀川水系は日本の河川の中で、東北から南西に弧を描く脊梁山脈を、瀬田川の部分で横切る、言わば地峡、日本海側と太平洋側を繋ぐ唯一の河川です。ここまで考えて桓武天皇は平安遷都を実施したのでしょう。

 平安遷都から3百年後の平安末期、平清盛(1118-1181)は寵愛した祇王の故郷(近江国江部荘)に灌漑用水路(祇王井)を建設(1173)、宋との貿易の為に瀬戸内海航路の整備、行基(668-749)が開いた大輪田泊を拡充するなど、大型土木工事の実績を積み重ねてきました。そして清盛は琵琶湖北岸の塩津(滋賀県長浜市)から若狭湾に面した敦賀(福井県敦賀市)に至る運河(約36km)を建設、脊梁山脈を横切って、大阪湾と日本海を結ぶ「淀川水系大運河」を構想したのです。息子の宗盛がその意思を継ぎますが、当時の土木技術では実現困難、残念ながら実現しませんでした。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 30, 2016

そうだ、バスで、京都に行こう!<2> 蚕の社

                 
 「嵐電(京福電鉄)」は京都の長い歴史を往還するタイムマシンかも知れません。白梅町駅で嵐電(北野線)に乗車、「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」駅で本線に乗り換え、「太秦広隆寺」駅、そして「蚕の社(かいこのやしろ)」と、ひらがなで綴った駅名はまさにタイムマシン、映画:『Back To The Future』デロリアン(De Lorean )です。
白梅町駅
 司馬遼太郎著の何かの本で読んだが、彼はまだ若く産経新聞京都支局で大学か宗教の担当であった時、街の銭湯で一人の老人と出会い、「日本にキリスト教を初めて伝えたのはフランシスコ・ザビエルではない。彼よりさらに千年前、すでに古代キリスト教が日本に入って来た。」と話してくれたのがその小説を書き始めた動機であったとは、少々出来すぎだったのではないでしょうか。銭湯で会った老人とは佐伯 好郎だったのか…?、その小説とは彼の初期の短編:『兜率天の巡礼 』でした。

 本来、キリスト教は全能の唯一神以外に神の存在を認めない一神教であるが、預言者の一人にすぎないイエスは自ら神の一人子となのって神の座を獲得したが、そのイエスを生んだマリアは何者だろうか。西暦431年の東ローマ帝国の首都、コンスタンチノープル、教父:ネストリウスの「マリアは神の容器であったかも知れないが、神の母ではない」という説は神学論争に敗れ、邪説の烙印を押され、一派は異端として追放されることになります。コンスタンチノープルを追放された彼等はペルシャ、インド、天山北路を東へ、中国に至る。大唐の興隆期、636年に首都:長安に現れ、他民族宗教に寛容な治世下に景教寺院「大秦寺」を建てるが、武宗の時代、仏教寺院と同じく廃棄された。これ以降、中国で景教徒と呼ばれた古代キリスト教ネストリウス派は歴史に消息を絶ちます。

 それから一千年後の明の時代、1625年、『大秦景教流行中国碑』が発見され、出土の状況は、ポルトガルのイエズス会士アルヴァロ・セメドが記録している。

 景教徒の日本渡来は唐よりも古く始まるが、推古朝の6世紀、コンスタンチノープル追放後百年、普洞王が率いる一派がいまの兵庫県赤穂郡比奈ノ浦に上陸して入植した。後に河内、たけのうち峠を経て飛鳥に至り、やまと朝廷の女性をもらい受ける。女性は普洞王の子を出産して比奈ノ浦に下った。その子が長じて倭女を娶って男子が誕生する。それが秦河勝でした。河勝は山城地方を開拓、織物の生産を興隆して、その私財を蘇我氏に抗する聖徳厩戸皇子に注ぎました。

 京都のデロリアン、一両編成(?)の嵐電電車は「太秦広隆寺」駅に到着、駅前の広隆寺を訪れる。昔、小学校か中学校の遠足で来たような…、弥勒菩薩半跏像、秦河勝お及び河勝夫人と伝えられる木造座像を始めとする蒼々たる国宝・重要文化財がならぶ秦氏の氏寺であり、平安京遷都(794)以前から存在した、京都最古の寺院である。残念ですが…、秦河勝像をして「〜ペルシャ人かユダヤ人に見える」というくだりがあるが、どう見ても我々と同じモンゴロイドにしか見えません。東隣の「大酒神社」は、明治の廃仏毀釈により分離されたが、それ以前は広隆寺内に鎮座する異教の廟所、「大闢(たいびゃく)ノ杜」でした。

 「大酒神社」から徒歩で10分、今回のハイライト、「蚕の社(かいこのやしろ)」に辿り着きます。正式には「木島坐天照御魂(このしまにまずあまてるみたま)神社、または木島神社」と呼ばれます。我々姉弟の二人だけ、社外の騒音は嘘のようで、大木に囲まれた境内は静寂そのもの、二人の足音しか聞こえません。やがて、本堂に向かう左手に三脚の鳥居が忽然と現れます。
三脚鳥居_蚕の社

  1千5百年も隔てる過去と現在、1万1千キロを隔てる西と東、幻と現を往還した短い旅は間もなく終わります。「蚕の社」駅で乗ったデロリアンは現在に向かって走り出します。
※参考資料:司馬遼太郎著『兜率天の巡礼

  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。  
I appreciate YOUR SUPPORT .   ▼  皆様のご支持をお願いします。
  にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  


express01 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 15, 2015

「芭蕉」を振り出しに

芭蕉 今日は、関西の友人から、ブログの更新がないのを心配して、安否確認の電話をもらったりしたのですが、もう月半ば、前回のブログ更新から2週間も過ぎていますが、何を書こうか…、全くキーボードが進みません。実は、先週にはアルバイトも終わり、今日あたり、今年のテーマの一つである「芭蕉」にゆかりの江戸(東京)深川辺りに行ってみようか…などと思っていましたが、この長雨で出かけることも出来ません。しかたがないので、今までに読んだ本、聞いた話、テレビ・新聞からの知識をできるだけノートに残しているのですが、私のテーマ:「芭蕉」を振り出しに手繰ってみることにしましょう。

 気になったのが、芭蕉の出自は伊賀国の「無足人」だった、ということです。古代、荘園制度の崩壊に連れて、伊賀国では、村々の自治が「惣」という共同体で行われるようになり、戦国期には「伊賀惣国一揆」を持って守護大名の支配に抗したが、織田信長の二度に渡る伊賀討伐で壊滅します。「本能寺の変(1582)」、堺に逗留していた家康はわずかな供回りとともに決死の逃避行を敢行、その際、彼等「伊賀衆」は家康を護衛して無事岡崎まで送り届けます(「伊賀越」)。
 
 諜報活動、破壊活動、浸透戦術、暗殺等、「忍者」の能力を鍛錬、この「惣」を担ってきた彼等「伊賀衆」を、藤堂藩は、禄はないが苗字帯刀を許すという、「無足人」という特権農民制度を設け、治安維持、有事の補助的防衛力として活用しました。因みに、「服部半蔵」としてよく知られる服部半蔵正成は家康に仕えた伊賀同心の支配役の武士にて、蛇足ながら半蔵門は彼の名前に由来、彼もまた伊賀服部氏の出自でした。徳川幕府が江戸に開かれ、下級の「伊賀衆」は御庭番・公議隠密として重宝されることになります。芭蕉=忍者説はこの辺りから出たのでしょう。

傀儡士 観阿弥(1333-1384)は南北朝時代から室町時代にかけての猿楽師にて、息子の世阿弥とともに、「能」を大成した人物ですが、彼の祖父は伊賀の服部氏一族の出自であると云う説があります。「猿楽」は操り人形を使い、例えば、武庫川の船着場に屯する河原者の木偶(でく=人形)遊びが散所に移り、西宮神社のえびす人形劇が後の人形芝居の源流となり、芭蕉と同時代の元禄時代には、近松門左衛門の人形浄瑠璃に発展、他方では能楽、歌舞伎へと発展して行きます。逆に遡ると、平安時代には傀儡(くぐつ)として人形劇を行い、女性は劇に合わせて詩を唄い、男性は奇術や剣舞などの大道芸や相撲を行っていた大道芸人でした。「傀儡(くぐつ)」はガラクタを入れる袋、この袋を背負って旅する芸人。傀儡女は歌と売春を主業とした遊女の一種で、後白河法王は喉を潰すほどに彼女たちの歌う「今様」を好み、『梁塵秘抄』を遺したことで知られています。

 「忍者」と「猿楽」をさらに遡ると、6世紀頃に渡来した渡来人集団:秦氏に辿り着きます。大陸の機織りを伝えてヤマト朝廷に仕えた「ハタオリベ」が、後に「ハットリ」に転化しますが、服部氏と秦氏は同根でした。秦河勝(かわかつ 生没年不詳)は秦氏の族長であったとされ、聖徳太子の側近として活躍しました。彼等は機織り・鉱山・土木・稲作・醸造・養蚕・陶磁器・冶金の技術に優れた技術者集団であったし、音楽・舞踊・操り人形・軽業・催眠術・医術・占い・手品・幻術・奇術・魔術を行う集団でもありました。彼等は一度に大挙して渡来したのではなく、初期の渡来人は技術者集団として迎えられて高い地位に付いたが、渡来を重ねるごとにその職種は多義に渡るようになった。遅れてやってきた渡来者は東国に開拓民として移住させられた例もあり、もはや収容しきれなった者は各地を放浪するか、権力の及ばない所に逼塞せざるを得なかったのでしょう。彼等が、「人々を欺瞞し、時には魅了する」能力とは、言葉を換えれば「忍術」や「芸能・芸術」ということになります。ついでながら、芭蕉の姓「松尾」も秦氏に繋がります。

 431年、東ローマ帝国のコンスタンチノープル、「マリアは神の容器であったかも知れないが、神の母ではない」と主張するネストリウスは神学論争に破れ、異端とされた。ネストリウス派(=東方教会)はペルシャ帝国へ逃れ、ゾロアスター教とも交じり合い、後にはペルシャ文化の中核となる、7世紀ごろには中国へと伝わり、唐代(618-907)の中国においては景教と呼ばれた。秦氏は古代キリスト教であるネストリウス派(景教徒)でした。漢民族はローマを中心とする勢力圏を「大秦」と呼び、後に秦氏が秦・始皇帝の子孫と称したのは、こうした経緯があったのでしょう。洛西、太秦広隆寺にある秦河勝像は明らかにモンゴル系の造作ではない、とは司馬遼太郎の言。キリスト教・ユダヤ教・ゾロアスター教・仏教・道教、この地に至るまで各地の土着信仰に加えて日本の神道と、ここに至る長い旅路のフィルターを経ており、その原型を探るのは極めて困難です。
 
 インド北部に生まれたとするジプシー、西へ向かうとヨーロッパ、スペインのフラメンコもそう、彼等が移住したアルゼンチンではタンゴという文化が生まれました。ネストリウス派と出会って、あるいはその後を追いかけるように、東へ向かったジプシーは唐の時代の中国に入り、秦氏一族とともに、東の果て、倭国に到達、傀儡(くぐつ)、今様、大道芸人、忍者、西宮神社のえびっさん、近松、芭蕉につながりました。

 以前も紹介しましたが、最後に、スペイン人、サラサーテが作った「チゴイネル・ワイゼン(Zigeunerweisen ドイツ語で「ジプシーの旋律」の意味)」をお聞きください。どこか…、近松、芭蕉につながって聞こえませんか。
  参考資料:広瀬久也『人形浄瑠璃の歴史 』、司馬遼太郎『ペルシャの幻術師 (文春文庫)

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 13:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search