田沼意次

November 22, 2015

女流俳人 五十嵐浜藻

  昨日は、柄にもなく、「いま蘇る江戸の俳人、五十嵐浜藻・梅夫の旅と俳諧」と題する研究員発表会に参加しました。もちろん、研究成果を拝聴する側です。たまたま、研究員の一人が私のテニス仲間、その彼と歴史の話をするという間柄だけで、私には俳諧・連歌、いわんや彼の研究する五十嵐浜藻・梅夫父娘はその名前すら聞いたことがありませんでした。

 五十嵐浜藻(いがらしはまも)は、1773年、町田市南大谷の名主:五十嵐梅夫を父に長女として誕生、祖父:祇室に始まる俳諧連歌の家に育った。 時代は「田沼意次の時代(1767- 1786)」、米を中心とする重農主義から重商主義的政策への転換がなされ、商業資本・高利貸などが大いに発達、「粋」・「通」・「洒落」など江戸文化が確立、江戸が都会に変貌した時代です。その反動として、松平定信が幕政を担って「寛政の改革(1787)」を行うも失敗、その失敗を立て直すこともなく幕末を迎えることになります。

 五十嵐浜藻1806年、俳諧連歌に入れあげた浜藻(当時33歳)・梅夫父娘は、家業の札差(米の購入・販売・金融)を入り婿の夫に任せ、6年にも渡る西国行脚の旅に出ます。結婚して何年目だったのでしょうか? ご主人との間の子供は?お金に関する不自由はないにせよ、旅に残してきた家庭はどうなったのでしょうか?そんなことを心配した、気遣った一句でも残しているのでしょうか、下流老人である私は心配になってきます。

 しかし、古今東西、芸術家は裕福な権力者の家に生まれるか、裕福な権力者をパトロン、庇護者が不可欠です。飲まず食わずの人間に時代を突き破る芸術は生まれるはずはないでしょう。浜藻父娘のように、単に裕福な家に生まれただけではなく、見方によっては常軌を逸した行動こそ時代を突破する力になり得たのでしょう。商品経済の高度化は、手紙による通信および出版産業を発展させ、各地のプロの俳人やそのファン、アマチュアに援助を頼んで旅をすることが可能になったことを意味し、地方に住む彼らは都会からの情報としてこれを歓迎しました。

 おそらく「芭蕉没百年」を記念して、芭蕉縁の地を訪ねて関西・四国・九州に旅し、各地で俳諧連歌の「座」、今日で言えば「セッション」に参加します。「俳諧」の本来の意味は、宮廷・貴族的な「雅」に対して、「冗談・ユーモア・たわむれ・ふざけ」でした。五・七・五からなる17音の発句に始まり、七・七の14音の第二句、五・七・五の第三句、次の14音の第四句…、と交互に繋いでいく、「鑑賞」と同時に「創作」の能力が不可欠な芸術です。「わび茶」を完成した利休とならび、俳諧連歌の「座」は近代を、特に女流俳人:五十嵐浜藻による俳諧連歌の「座」はやってくる近代をも越えて、多分に今日的な意味を持っているのかも知れません。

1年目(1806) 江戸⇒尾張⇒大津⇒四国⇒御手洗⇒小倉⇒博多⇒久留米⇒長崎⇒博多(越年)
2年目(1807) 筑前⇒下関⇒広島⇒横路⇒庄原⇒上下の里⇒笠岡⇒讃岐津田(越年)
3年目(1808) 高松⇒小豆島(京都で越年か)
4年目(1809) 京都⇒近江⇒伊勢⇒尾張⇒上有知⇒京都(越年)
5年目(1810) 京都⇒摂津兵庫⇒難波⇒河内⇒伊賀上野⇒伊勢⇒大津⇒京都(越年)
6年目(1811) 京都⇒丹後⇒越後⇒信州⇒江戸帰着(12月11日)
 
 フランス革命勃発(1789)でオーストリア領ネーデルランドをも戦場となり(1792)、国元に戦火が及んだオランダの日本市場独占の手薄を突いて、ロシアが南下、1792年、日本人漂流民:大黒屋光太夫らの返還と交換に日本との通商を求めてラクスマンが来航します。

 革命戦争後、オランダは従来の日本市場独占を再構築する必要に迫られ、1823年、日本再研究のためにドイツ人、シーボルトを日本に派遣します。彼の研究は、動植物・鉱物に始まり宗教・風俗習慣・法律・政治・地理・芸術・学問・言語等広範囲におよび、1826年には、オランダ商館長の江戸参府に随行しています。 

 一行は、1826年2月15日に長崎を出発、下関を経て3月18日に京都に到着、3月25日京都を出発し、4月10日に江戸に到着しているが、その京都滞在中に、彼は浜藻が編集した俳諧連歌集:『八重山吹』を資料として購入しています。その書はライデン大学「シーボルト・コレクション」の一つとして今も保存されているそうです。

※ 参考資料:倉本一宏「旅の誕生 」 池上英子「美と礼節の絆

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 18, 2011

「天狗党の乱」以来のわだかまりは?

「旧敵・薩長」が会津にエール 「風評被害に負けるな」 戊辰戦争以来のわだかまりを乗り越え、困ったときはお互い様〜、とは6月7日付朝日新聞

関ヶ原の戦い(1600)の結果、長州藩では、所領安堵の約束は反故にされ防長二州に押し込められるという辛酸を舐めたことから、毎年正月になると、家老が「今年は倒幕の機はいかに」と藩主に伺いを立てると、藩主は毎年「時期尚早」と答える習わし=儀式(?)があり、藩士は藩士で、江戸に足を向けて寝る習わしが280年間も続いたそうです。

倒幕を果たした長州藩の本拠地:萩市が、1986年、お互いに敵として戦った「戊辰戦争(1866)」から120年を記念してそろそろ和解を…、と会津若松市に対して友好都市提携を持ちかけたが、市民の間から「時期尚早である」、「我々は恨みを忘れていない」として、その提携は拒否されたそうです。何事も水に流してしまう日本人ですが、会津若松市民は違ったようです。

天狗党行軍経路













桜田門外の変(1860)」から4年後、頼りとする水戸本家筋の一橋慶喜(よしのぶ)の居る京都を目指して西進してきた天狗党ですが、彼らには幕府追討軍が追尾して来ます。夜明け前 第一部(下)
※嶋崎藤村の『夜明け前』、和田宿から馬籠宿通過までの天狗党の動きが描かれています。
前に立ちはだかる彦根藩・大垣藩を避け、美濃揖斐を北上、最難関である雪の蠅帽子(はえぼうし)峠を越えて越前に至ります。さらに、木ノ芽(きのめ)峠を越えて敦賀に入りますが、慶喜(よしのぶ)が禁裏守衛総督として大津に本営を置くに至っては、日本海づたいに長州に合流する案を捨て、前田加賀藩に投降します。常陸大子を発して約1千キロ、挙兵して40日後のことでした。投降した彼ら800人余は前田加賀藩に手厚く処遇され、幕府の沙汰を待ちます。

天狗党を追尾して来た幕府追討軍提督が田沼意尊(たぬまおきたか)とは、どこかで聞いたような名前です。僅か600石の旗本から5万7,000石の大名にまで昇進し、いわゆる田沼時代(1767〜1786)を築き上げたが、急激な改革が保守的な幕府閣僚の反発を買い失脚した田沼意次(たぬまおきつぐ 1719〜1788)の孫であり、その領地:相良藩は取りつぶしにとなり、陸奥1万石に減転封の上で家督を継いだのが彼、意尊(おきたか)でした。

慶喜(よしのぶ)から天狗党処分の一任を取り付けた意尊(おきたか)は、加賀藩に降伏していた天狗党を形式的に取り調べただけで一党800人余のうち350人を斬首刑に処した。多くの藩が処刑実行を辞退した中、「桜田門外の変(1860)」 の雪辱に燃える彦根藩士が志願して刀を振るったのでした。

明治7年(1874年)、天狗党員を祀った松原神社が敦賀市松島町に建立され、毎年10月10日には例祭が行われています。これが縁で、処刑地である敦賀市は昭和40年(1965年)に水戸市と姉妹都市となり、後に敦賀市の仲介で彦根市と水戸市が姉妹都市になったと聞きます。
天狗争乱
加賀藩から幕府への引き渡しが決まると、天狗党浪士の多くは足枷の上、鰊蔵に詰め込まれ、ほとんど全裸で、一日握飯一個と湯水一杯しか与えられなかったといわれています。この事件は近世(江戸時代)で最も凄惨なものとなってしまいますが、原因が幕末という時代だけにあるのではなく、貶められた父祖:田沼意次(おきつぐ)の汚名を濯ごうとうする孫:田沼意尊(おきたか)の幕府へ異常なまでの忠義心、狂気じみた生真面目さにあると言えるでしょう。もちろん、彼に一任した慶喜(よしのぶ)の責任も大きく、ついて廻る酷薄さは救いようがありません。

維新後、上総小久保(現在の千葉県富津市)へ移封され、版籍奉還により藩知事となります。幕府中枢に在って、あれだけの惨劇の主役でありながら、何の報復処分も受けることもなく、むしろ明治政府から厚遇を受けたようにも見えます。

そろそろ、水戸市民もわだかまりを露わにするのでしょうか…。
Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
Your Support, Please. あなたの「ポチっ」をお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search