王政復古

April 27, 2018

明治150年 絶対的存在

 始めてまちだ市民大学を受講することになりました。「町田の歴史」講座は昔からありますが、今年は「明治150年」、〜町田にこだわって「明治維新を」考える〜のテーマが面白そうです。

明治150年ロゴ 諸説ありますが、明治維新とはペリー来航による開国(1853)から大政奉還(1867)、王政復古(1868)、戊辰戦争(1868-1869)、廃藩置県(1871)などを経て西南戦争(1877)までを言うことが多い。因みに「幕末」とは開国(1853)から大政奉還(1867)までの14年間という短い期間です。今年、政府が旗を振る「明治150年」も、各自治体によってそのロゴマーク意匠が微妙に異なります。新政府を主導した長>薩>肥>土の順に日の丸が小さくなり、水戸は日の丸ではなく葵のご紋、反政府側の会津二本松は「戊申150年」、神戸横浜は「開港・開国150年」と全く政治色はなし…と、当時の立場、いや現在に至っても、どこか釈然としない思いが込められているようです。 因みついでに、私の住む町田市は当時幕府の天領で新選組の近藤勇・土方歳三とも縁が深く、会津・二本松まではいかなくても、佐幕の信条かと思いきや、政府(=長)と全く同じ旗を掲げています。

 中国からもたらされた朱子学は江戸時代、林羅山によって武家政治の基本理念として再構築され、徳川幕府の正当学問となります。朱子学に基づいて編纂された『大日本史(1657開始〜1906完成)』は尊王論、これを水戸藩の学問:『水戸学』として発展させます。幕末、その『水戸学』が一大「尊皇攘夷」思想となりますが、徳川斉昭はその思想の具現者として徳川家康の業績を賞賛したように、「尊皇攘夷」思想と徳川幕藩体制は何ら矛盾しません。「尊皇攘夷」は日本の権力者がごく当たり前に持っていた思想と言えます。源頼朝は天皇から「征夷大将軍」という官位を得て、鎌倉に開幕した(1192)ことに始まり、約7百年間武家政治が続きました。 天皇は、政権から遠ざけられていますが、その時々の政権にその正当性を与える最高権威者でした。徳川家康も天皇より「征夷大将軍」の官位を得てその統治に正当性を獲得しました。

 権威者が権力者に「正当性」を与え、見返りに、その「存在」を認める、あるいは「保護」を受ける。ローマ帝国はゲルマン人の侵入により崩壊(467年)、これを機に中世に入りますが、ヨーロッパ各地に興ったゲルマン諸王国は、言ってみれば、侵入してきた蛮族、より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)を支配・統治して行かなければならず、そこで利用したのがキリスト教(ローマ教皇)でした。 ゲルマン人王は自らキリスト教に改宗、ゲルマン人王は「神の代理人」としてのローマ教皇の権威を認め、 その権威に基づき、ゲルマン王の支配・統治に正当性を与え、その見返りに、ローマ教皇は経済的・軍事的な保護を得、ヨーロッパ全土にキリスト教を拡大します。同時に、ゲルマン人王自らがキリスト教徒となったことで、イエス・キリスト(絶対神)の下では王も人民もタダの人に過ぎない、「神の下では皆平等」という考えが広く普及しました。
幕末の武士
 天皇に任命された征夷大将軍はこの国の実際の統治を行う権限が与えられていますが…、 時代は幕末、幕府に従ってこそ真の勤皇(天皇に忠を尽くすこと)であるとする<佐幕派>、 これに対して、もはや統治・実際の政治能力のない幕府は一刻も早く倒すべきであるとする<勤皇・倒幕派>、これが幕末の様相でした。 両者は共に「勤皇」。では「勤皇」が過激化して「倒幕」に変わった理由は何か?天皇が絶対君主であり、その座は不可侵であることから、「天皇の前では、臣下は全て平等」、だから将軍(幕府)が天皇の意志に背く事があれば討ってよい、討つべきである。「一君万民論」は討幕派の志士により広く支持されました。

  この150年、「明治維新」の理解は時代によって変遷してきました。明治新政府は「王政復古」を自らの正統性の拠り所とし、啓蒙思想家は維新の開明性・進歩性を強調、民権家は維新を自由への第一歩、民権運動を「第二の維新」と呼び、日清戦争(1894-1895)の勝利を「第二の維新」、維新の「果実」と呼び、神格化・絶対化された天皇中心とする「伝統」と欧米文化を吸収してきた「文明」性を主張、 大正デモクラシーの時代(1910-1920)、明治維新をブルジョア革命の一種とみなし、護憲運動を「第二の維新」ととらえ、その反動としての皇国史観、絶対化された天皇への回帰、 「大東亜共栄圏」思想に至り、そして敗戦(1945)。「天皇人間宣言」があり、戦後の復興を経て、政府による「明治100年」式典(1968)と司馬遼太郎「坂の上の雲」連載開始、「自由民権100年」(1981)、日本の「近代とは何か」が問われ、そして現代、「草の根」から見た「維新とは何だったの」かが問われています。  
 
…が、不思議なことに、体制・反体制、与党・野党、国家・市民、どの時代、どの視点から見ても、天皇という「絶対的な存在」がついてまわります。西欧における「神の下では皆平等」は西欧民主主義の根本起源となったと同じく、幕末の 「一君万民論」(=「天皇の前では、臣下は全て平等」)が日本における近代民主主義確立に不可欠な「平等」意識を発生します。個人的には、積極的に認めたくはないですが…、天皇という「絶対的な存在」が日本における近代民主主義確立には不可欠でした。

※参考資料:
石居人也 講座『明治維新とは何だったのか』

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       



express01 at 13:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 13, 2018

2018年、明治維新150年

西郷どん 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。2018年、平成30年が始まりましたが、今年が元号・和暦「平成最後の年」となります。最初から意図されたものか偶然なのかは分かりませんが、「平成最後の年」である今年は「明治維新150年」に当たり、これに因んだ多くの催し物が企画されており、NHK大河ドラマ『西郷どん』もその一つなのでしょう。1968年、山口県出身の総理大臣佐藤栄作の時に「明治維新100年」、三億円事件、東大紛争、参院選で石原晋太郎・青島幸男・横山ノックが当選、戦後の高度成長は2年後の「大阪万博 EXPO '70」を目指していよいよ加速、同じく1970年安保反対に向けて大学紛争・学生運動は一層激しさを増します。司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』の連載が始まったのもこの頃でした。

 私は戦後の「ベビーブーム」と云われた時代に生まれた、いわゆる「団塊の世代」の終わりに属します。中学時代の「東京オリンピック(1964)」はテレビでしか知りませんが、大学時代は関西に居たので「大阪万博(1970)」のアルバイトに熱中、大学紛争中で授業にはほとんど出ずに終わりました。敗戦という絶望の状態から這い上がって世界の高みを目指して来た自己の姿を、西洋列強の圧倒的な文明になすすべもなかった東アジアの小国日本が苦難を乗り越えてアジアの大国清国を破り、ついには世界の大国ロシアを破り、列強国入りを果たした明治人の物語『坂の上の雲』に重ね合わせます。この小説が一躍国民的ベストセラーになったのは、その文学的価値だけでなく、作品が時代の絶妙なタイミングで世に出されたことにもその理由がありました。

 坂の上の雲を目指して登って来た日本人が行き着いたのが1945年の「敗戦」でした。面白いことに、1868年明治改元から今年に至る150年の半分、75年、1945年の「敗戦」に当たります。正確には文字通りの「ミッドウェー海戦(1943)」ですが…、「敗戦」と云う破局・絶望はトラウマとして日本人の深奥に巣喰います。人それぞれに、その言葉が指し示す出来事は異なると思いますが、私にとっては、「バブル崩壊」と「冷戦終結」は第一の「第二の敗戦」、2008年の「リーマン・ショック」、2009年、民主党(鳩山由紀夫)政権が誕生、続く2011年菅直人政権の時に発生した「3.11東日本大震災、東電福島原発破壊」が第二の「第二の敗戦」でした。大災害は起こりうるものとして仕方がないが、その大災害に対処して国民をリードしていく術を知らない菅直人民主党政権に絶望、この民主党に一票を投じてしまった悔いが残ります。「3.11」を機に、人生に何か「あきらめ」のようなものを感じたのも事実です。

 今年、2018年、日本の近代を語る上でその原点となる、「明治維新」と「敗戦」。少なくとも前者は150年前の、すでに完全な歴史上の出来事です。関係者は生きているはずもなく、情緒や物語ではなく、「明治維新」を歴史的に検証してみることが重要です。「明治維新」を検証するれば、その後の歴史が如何にあの「敗戦」に繋がったのか明らかになるはずです。

 ヨーロッパ近代国民国家の基礎である民主主義は、キリスト教の、特にプロテスタントでは、神の前では王様も牧師も庶民も皆平等、ということに由来します。では、同じく近代国民国家を目指す明治日本政府は何に由来するのでしょうか?「神」の代わりに、「万世一系・神聖不可侵の天皇」を持ってきたのであり、「ご一新・維新」という革新性の反面に「王政復古」、英語のRestoration(復興・復古)が当てられ、天皇を頂点とした社会構築にあたり、国民の精神的支柱として「国家神道」を制定しました。

 革命にはしばしば「狂気」がつきまといます。水戸攘夷論の特徴は自己陶酔・誇大妄想・非論理性、その結果、水戸は内部抗争に明け暮れ自滅してしますが、これを受け継いだのが長州下級武士です。幕末には孝明天皇を担ぎ出して攘夷を声高に叫び、錦の御旗を振りかざして倒幕、戊申・西南の戦役に勝利、明治新政府の主導権を握ったのが長州閥であり、この長州閥、山口県出身者が、天皇神聖化・天皇主権の下、大正・昭和と日本の政治を動かし、長州閥軍部の自己陶酔・誇大妄想・非論理性、彼らの「狂気の沙汰」が日本を破滅に至らしめます。

  西郷どんは西南戦争で敗れた逆賊であり、幕府・会津藩と同じくは靖国神社に祀られていないそうですが、京都時代祭にはさすがに維新勤王隊列を歩きます。維新から150年、幕府・会津・新選組も時代祭の列に入ってもらえばいかが?ひとまずは「靖国問題」を横に置いて、安倍晋三総理大臣も山口県出身の長州閥、長年続いたわだかまりを解消できる立場の人であり、今年が絶好のチャンスのはずです。



express01 at 22:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search