渡り鳥

February 28, 2019

「渡り鳥」、「寅さん」、もうすぐ「徘徊老人」?

男鹿半島 東北を旅行中の友人からLINEメッセージ(?)をもらいました。伊賀上野(伊賀市)に住む友人(大学時代、同じゼミ)が共通の友人で、彼らは京都で同じ下宿に居た間柄の由。毎年上野天神祭り(10月最後の土・日曜日)に合わせて友人宅で催される同窓会(?)に途中から私が参加させてもらうようになり、今やこの同窓会は、場を提供してもらっている友人宅には大変ご迷惑をおかけしているのですが…、参加者の年中行事となっています。そこで知り合ったのが彼で、同じ大学でしたが、在学中は互いに知る由もありませんでした。出身は新潟、もっと近い東京にいくらでも大学があったはずなのですが…、ワンダーフォーゲルに4年間を費やし、卒業後は将来故郷に帰るべく、東京の企業に就職したそうです。

 私が上野天神祭り同窓会に初めて参加したのが2012年10月、6年前。何処の祭り上野天神祭_2も、それを担う若者が都会へ出て行ってしまい、山車を引く人すらも満足に集まらない状況は上野天神祭りも同じです。家族を小田原(南足柄)に残し、世話をするために彼は新潟で両親と同居、新潟からはるばる車でこの同窓会に参加するだけでなく、上野天神祭りにも山車を引いて参加。今や、『越乃寒梅』を土産に、山車を引き、地元の住民からも大いに当てにされる存在となっています。

軽四4WD_1 去年10月の同窓会の帰りに、彼の車に同乗させてもらったのですが、お父さんは亡くなり、お母さんは新潟に住む彼の妹さんに任せて…、彼は小田原(南足柄)に帰ってきたそうです。長年の両親の世話、新潟と小田原の二重生活から解放されたからか、『ワンダーフォーゲル(=Wandervogel ドイツ語で「渡り鳥」の意)』になりきることを宣言、軽四の4WDワゴンを購入、日本各地を訪ね、夏は登山、冬は見知らぬ土地を訪ねる。もちろん車中泊、地元の温泉・銭湯に浸かり、地元の食事と地酒…、と私には出来そうもない夢を語ります。以前は、月の終わりの10日間だけでしたが、今は逆、10日間が在宅で、20日間は「渡り鳥」の由。あるいは「寅さん」、悪く言えば「徘徊老人」…。

 2月初めから私の絵画展が開かれていますが、10日(日)の夜、6時ごろだったでしょうか…、彼から電話「近くまで来てるんだけど…」。「何処?」と聞くと、「家の前」。外に出てみると、長い旅路を物語る汚れた軽四ワゴン、同道の静岡から来た彼の友人に初対面の挨拶。「今日は日曜日で閉店」、小田原経由で静岡まで帰らなければならず、二人は団地内のスーパーで食品を買い込んで、あわただしく出発していきました。予定通り、15日に彼は現れ、喫茶店『嵐が丘』では、馬子にも衣装の額装された私の絵を見てもらうことが出来ました。店内では、私がまだ紹介していないのに、店の人・お客さんに親し気に話しています。ちょうど、上野天神祭りの山車を引いているように…。
第2回絵画展案内状+遼太郎記念館

 22日、彼が、前回、挨拶だけに終わった静岡の友人とともに『嵐が丘』に現れ、私の絵を楽しんでもらうことが出来ました。感心した様子で、「こんなに臨場感のある絵が実況見分で使われたら楽だったろうに…。」 後で聞くと、ワンダーフォーゲルの同期、元静岡県警捜査官(?)、どうも絵手紙の展示会と思っていたようです。わずか30分の滞在でしたが、再び北へ向かう二人がわざわざ時間を割いて寄ってくれたことに感謝、「はなむけ」にコーヒー代は私がごちそうすることにしました。

 彼らは小山田の『嵐が丘』を発ち、多摩の横山を超え、武蔵野(関東平野)鎌倉街道を北へ、上野国田沼から下野国日光に入り、鬼怒川温泉から陸奥国、現在の福島県会津若松、大内宿、喜多方、米沢、羽州街道(?)を北上すると云います。何やら、イザベラ・バードが踏破したルートとほとんど同じです。

Isabella Bird_1 大英帝国に生まれたイザベラ・バード(Isabella Lucy Bird, 1831 - 1904)は脊椎に難病を抱え、医者の勧めで、世界旅行をするようになり、紀行作家として活躍します。1878年と云えば、「西南戦争」が終了して1年、政府側を率いた大久保利光が暗殺された年、内戦の火種がまだ冷めやらぬ時、戊辰戦争で敗者側に落ちた陸奥国・出羽国を縦走、海峡を越えて、北海道まで走破、のちに『日本奥地紀行("Unbeaten Tracks in Japan"』を著した。如何に「太陽の沈まぬ」と喩えられるビクトリア王朝時代の大英帝国の後ろ盾あるにせよ、47歳の女性が成し遂げたことに驚嘆せざるを得ません。金谷Cottage Inn
 
 季節が良くなったら、彼女ゆかりの日光「金谷ホテル(Kanaya Cottage Inn」を皮切りに、じっくりと、彼女の道程を辿ってみようではありませんか。

※参考資料:日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
      イザベラ・バードの東北紀行[会津・置賜篇]: 『日本奥地紀行』を歩く


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 06, 2011

WATARIDORI

カモ実は、私はインフルエンザウイルスが交易による人の往来が感染を拡げるものと思っておりました。ウイルスが渡り鳥によって運ばれて来るものであると知ったのはつい最近のことです。

12月2日、島根県安来市で見つかった高病原性鳥インフルエンザウイルスは、10月14日に北海道稚内市でカモのふんから採取されたウイルスと遺伝子の配列が99%一致。「渡り」の早い時期に北海道に着いたことから、カモは中国を経由せずにシベリアから直接飛んできた可能性が高いという。

冬季に大流行し春には収束するという周期性から、星の運行や寒気の影響によるものと考えました。「インフルエンザ」はイタリア語:influenza (ラテン語: influentia).からの転用、口語では「flu」と短縮して使用します。最近では、「流行性感冒:流感」という言葉もあまり聞かれなくなり、TV・新聞でも「インフル」の略語が使われるようになって来たようですが、此処に至り同じ短縮するのであれば、英語と同じ「フル」にしておけばもっと便利だったのでは…。

スペイン風邪(1918)、アジア風邪(1957)、香鹿児島県ツル保護会港風邪(1968)、ソ連風邪(1977)と、呼び名は違っても、実はそれらの起源は全て中国です。それは中国が世界最大のカモの産地であるからです。「口蹄疫」は牛・豚・羊など家畜が感染するのですが、「インフルエンザ」は、ヒト以外の動物にも感染する人畜共通感染病です。特異なのがカモで、通常インフルエンザウイルスは肺や気管支などの呼吸器に感染し増殖しますが、カモの場合は腸の中で増殖します。カモ自体は何の症状も起こさず、ひたすらウイルスが大量生産され、糞とともに排泄されるわけです。

では、どうして鳥インフルウイルスは拡大したのでしょうか?主に渡り鳥に依るといえるらしいのですが、渡り鳥自体が強毒性の鳥インフルエンザウイルスに感染して、その目的地まで飛来するまでに死んでしまっており、今回の出水市で死北極中心 渡り鳥ルートんだ野生のナベヅルからの発見は貴重なものです。彼らの方角ジャイロは、北極(N極)と南極(S極)を感知して飛んでいるので、南北には飛べるが、東西には飛べないのです。ここに、局地的には交易などの人為的要素が入り込む余地はあるのですが、中国でウイルスの宿主となった渡り鳥は、シベリア(北極圏)へ戻り、そしてその保留地で他の渡り鳥に感染します。 そしてウイルスを移された他の渡り鳥が日本へとと飛来するのです。

素人の妄想ですが、シベリア(北極圏)に立てば、どちらに向かっても「南」に飛ぶことなり、既にシベリア(北極圏)もウイルスに汚染されているのであれば…、今回日本へやって来たと同じようにヨーロッパに、アメリカに向かった渡り鳥もいるはずです。

ひたむきな…、一途な…、渡り鳥の飛行。強毒性の鳥インフルエンザウイルスとは全く結びつきません。今年も、近所の公園の池にカモはやって来ています。カルガモの親子など毎年ニュースになるぐらいです。強毒性の鳥インフルウイルスを運んできているかも知れないのですが、その穏やかな風景とはあまりにも対局にあります。


Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search