沈黙

February 05, 2017

『沈黙』、全てを腐らせてしまう底なし沼…か

 明治以降、日本文化に果たしたキリスト教文化の影響は大きく、特に大学を頂点とする高等教育に多大の影響を与えました。戦後、映画・文学その他アメリカ文化の氾濫が見られましたが、例えば、クリスマス、バレンタイン・デイ、加えて、最近ではハロウィンやサンクス・ギビング(アメリカだけの習慣)などの習慣が商業主義的に定着されつつあるとは言え、その文化の根幹であるキリスト教の布教はむしろ失敗に終わったと言えるのではないでしょうか。 

 私は辛うじて戦後生まれの戦後育ち、学校で学んだ英語もアメリカ英語(?)、テレビ番組の多くは西部劇やコメディ・ドラマ、中学生に始まる洋楽偏向趣味はほとんどがアメリカから輸入されたキリスト教的価値・道徳に裏打ちされたものでした。同じ頃によく訪れた神戸三宮、トアロード、元町にかけて、ガード下に並ぶ店舗はリバイスのジーンズを始めアメリカくさい商品で埋まり、車窓に見える東灘区から芦屋・夙川に立つキリスト教会の尖塔の風景はエキゾチックなものでした。確かにアメリカ文化に傾いたが、それ以上のものでもなく、その背景にあるキリスト教に興味はあっても、その信仰そのものに向かうことはありませんでした。

沈黙_3 先日観た映画、『沈黙』。イエズス会フェレイラ神父が長崎で拷問を受けて転向・棄教したという衝撃的な報告を受けて、かつて彼の指導を受けた弟子達が、禁教下の日本に潜入して恩師を探し出します。

〜 この国は全てを腐らせてしまう底なし沼だ。この国にはどうしてもキリスト教を受け付けぬ何かがある。〜 

フェレイラ神父の発した言葉です。

 1549年、そのザビエルが日本に来訪してキリスト教が正式に日本に伝わります。それから約40年で(秀吉によるバテレン追放(1587))キリスト教徒数は20万人を越えています。以来禁教となり、1889年明治憲法下、制限付きながら信教の自由が明文化され、西欧からの技術・科学・文化とともに、これを支えるキリスト教も流入、1945年の敗戦と共に信教の自由が保障されたにもかかわらず、信者数の増加は見られません。465年前の当時の人口(12百万)の1.6%がキリスト教信者であったことに比べ、今日(2014)のカソリック、プロテスタント及び正教信者数が1百万と、人口のわずか0.8%に過ぎません。
 
 鎌倉時代、庶民には難解な密教の呪術性を徹底的に排除、国家権力(鎮護国家・貴族)の為のという旧来の仏教(6世紀仏教伝来以来の「南都六宗」に天台宗、真言宗を加えた旧仏教諸派)から決別して、個人の救済に専念したのです。従来、天台浄土教を信仰していた貴族・武士だけでなく、一般民衆にも急速に広がりました。文字を読めない、況んや難解な仏典を理解できない多くの庶民に対して、「ナムアミダブツ」と念仏さえ唱えれば…、あるいは「座禅」を組むだけで…、「念仏踊り」に身を委ねるだけで…、往生できると説いた鎌倉新仏教が誕生しました。これは正に日本の宗教改革でした。

 その一つ、法然に始まる浄土宗は、親鸞(1173-1263)に引き継がれてその革命性をさらに先鋭化して浄土真宗となり、室町時代、蓮如(1414-1499)の時、ひたむき(純粋)に念仏を唱えて阿弥陀仏を信仰するとして、「一向宗」と呼ばれ、北陸・近畿・東海地方に興隆します。生活共同体(惣)であると同時に宗教共同体(講)、室町から戦国時代にかけて、各地で新しい村落自治共同体が出現するまでに発展します。「一向宗」の時代は、1580年、信長による石山本願寺敗北まで続くことになります。

 この時期にキリスト教が伝来したのです。イエズス会の意義は、宣教のみならず、ルネサンス後期の「人文主義(humanism)」に基づき、コレジオやセミナリオ等、高等・初等教育に積極的に取り組んだことです。当初、仏教僧、特に禅宗の僧侶がこれを学び、戦国武将の中に南蛮貿易の実需のために改宗する者、次第に真の信仰を行う改宗者が現れ、社会の指導者層のみならず一般大衆にまで広がります。 利休の高弟にも蒲生氏郷(レオン)、細川 忠興(その正室ガラシヤ)、高山右近(ジェスト)、大友宗麟(フランシスコ)、黒田如水(シメオン)等のキリシタン大名が少なくありません。鎌倉時代に遡る武士道の精神、禅を母胎とする茶の湯の精神、キリスト教の精神、これら三つに通じるのは「静寂の精神」「清貧の精神」です。

 〜 この国は全てを腐らせてしまう底なし沼だ 〜 

 はたして、そうでしょうか…。この国、この時代に、利休はキリスト教から学び、芸術、道徳、哲学、宗教など、日本文化の総体、「茶の湯」を完成させたのではないでしょうか。

  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。   
I appreciate YOUR SUPPORT . 皆様のご支持をお願いします。
   にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


February 17, 2014

『沈黙』 その時代

姉弟3人の約束で、今年1年は大河ドラマ:『軍師官兵衛』を共通テーマにしよう、ということになっています。

軍師としての官兵衛は多くの人に描かれていますが、むしろ、彼が「終生、敬虔なキリシタン」であったことに大いに興味をそそられます。彼だけではなく、高山右近、大友義鎮、大村純忠、有馬晴信、小西行長、蒲生氏郷…など多くの戦国武将が「キリシタン大名」として名を残しています。「慈悲」・「隣人愛」・「人間としての自己確立」がキリスト教の生き方だとすれば、どうして戦国武将はキリシタン洗礼を受けたのか…、武士としての生き方と矛盾しないだろうか…。例えば、小西行長は、同じくキリシタン、彼の娘婿:宗 義智(対馬府中藩主)と共に朝鮮貿易を独占、一方では李氏朝鮮を欺き、他方では秀吉も欺き、いざ文禄・慶長の役(1592〜1593)が始まると、熱心な日蓮宗徒である加藤清正と競って、この「大義」も「仁愛」もない戦争に、何の節操も躊躇もなく参加したのです。

彼等の生きた16〜17世紀、目を世界に広げてみると、そこは「大航海時代」も既に後半に入ろうとしていました。後半という意味は…、かつて時代の先鞭をつけたスペインとポルトガルの国力が傾き始め、スペインの植民地であったオランダが独立、国教会をつくったイギリス、そしてオランダ、ドイツで宗教改革運動、前者に対抗宗教改革が発生、新大陸・アフリカ・アジアを含む全世界規模での新旧キリスト教勢力は抗争の真っ只中でした。

William_Adams_1707_map_of_Japan対抗宗教改革運動としてイエズス会が正式に許可され(1540)、ザビエルが日本に上陸したのは1549年。九州に始まった布教は30年後には東北にも及び、1585年の頃に官兵衛が入信、彼は高山右近、蒲生氏郷の勧めで受洗したとルイス・フロイスは記しています。

それから更に30年の間、幾度かの禁教令にも拘わらず、関ヶ原の戦い前後まで毎年1万人余が新たに洗礼を受け、キリスト教は拡大していきます。徳川幕府は、1620年、宣教師ら修道会士と信徒、及び彼らを匿っていた者たちを大量に処刑(元和の大殉教)、続いて起こった「島原の乱」(1637)に恐怖して、結果キリスト教徒を徹底的に弾圧するようになります。

宣教師、修道士、信徒の処刑は彼等にとっては「殉教」、「殉教」は迫害を恐れない新たな信徒を生み出します。恐怖した幕府は処刑を止め、「棄教」(強制改宗)政策に転換、徹底的、積極的かつ巧妙に推進していきます。すでに戦国時代は終わり、徳川幕府が政権を奪取、ウイリアム・アダムスの進言によるものか…、スペイン、ポルトガル(ローマ・カトリック教国)を国外に追放・国交を断絶、逆に、宗教色の希薄な、そして世界交易の覇権を握りつつあるイギリス、オランダ(プロテスタント教国)に接近して行った。これが遠藤周作の小説:『沈黙』(1966)に描かれている時代です。

プロテスタントに対抗すべく海外に派遣されたイエズス会は世界の東の果て、日本にキリスト教布教の最適地を発見、その熱心な布教活動及び自然科学を始めとする西洋医学が普及、民衆だけではなく武士階級にも、海外交易を欲する領主階級にまで浸透、「キリシタン大名」と呼ばれる戦国武将が現れたのは既に書いた通りです。今まで控えめであったキリスト教が、その普及とともに、一神教故か…既存の宗教勢力と衝突・社寺仏閣の破壊、封建思想との軋轢、幕府政権への挑戦(「島原乱」)、植民地化の恐れさえも生じてきました。

1643年、史実では4人の司教が官憲の拷問を受けて全員が棄教、その中の一人、キャラをモデルにしたのが、小説:『沈黙』のロドリゴ司祭です。ロドリゴは、彼の師匠であり、前任者であるフェレイラ司祭の棄教・裏切りの経緯を知るために日本に潜入しますが、キチジローの裏切りで長崎奉行に捕縛されてしまいます。「根が絶たれれば茎もはも腐るが道理」、長崎奉行の言葉の通り、この国はすべてのものを腐らせていく沼でした。教義なきキリスト教は”羽の生えた大日如来”、”頭に輪っかをつけた弥勒菩薩”、キリスト教が歪曲化されて行くのを見るのは最も過酷な拷問です。「殉教者」をいくら作っても敵の思う壺、奉行は「神」への疑問を植え付けてロドリゴの精神を破壊します。「神」の沈黙は続き…、信徒が過酷な拷問で呻きながら緩慢に死んで行くのをロドリゴは看過できず、遂に…、「踏み絵」に足をかけた瞬間、生まれて始めて「神」の声を聞きます。『沈黙』、2014年、マーティン・スコセッシにより映画化されるそうです。

遠藤周作?中学生の頃…?、その彼女は、同じクラスだったのですが、賢くそして美人、あこがれの女の子でした。夏休みの終わって、読んだ本の感想文の校内コンクールがあり、彼女はみごと優勝しました。感想文そのもの、その評価の内容は忘れてしまいましたが、彼女の読んだ本が遠藤周作の『沈黙』だったことはよく覚えています。後日、図書館でその本を見つけて読み始めましたが、読み続けるのは難しく、残念ながらその面白さに出会うことなく、途中で諦めてしまいました。

以来、小さくはない劣等感とともに生きて来ましたが、少しは抜け出せそうです。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search