歌合戦

December 31, 2012

第4回 かってに、HKX紅白歌合戦

例年この時期にやっているが『かってに、HKX紅白歌合戦』、去年はどんな事を書いたのかと『第3回〜』をのぞいてみると、当時の我々の新曲が並んでおり、昨年のトリは『Bye Bye Love』でした。※因みに、『第2回〜』『第1回〜』

そう言えば、今年:2012年皆様に発表する新曲はありませんでした。それもそのはず、この一年は、「依頼があるかも知れない…」とライブを意識、1曲3分、30分のステージを想定、10曲を完全にマスターしようと、練習時間の2/3をこの10曲の練習に充ててきました。

老眼鏡と中古ではあるがエレアコ・ギターを用意した私…、念願の…、悲願の…、出演の依頼があり、もったいぶりながらも、「はいはい」と二つ返事でお受けした11月4日25日のライブに実現、その模様は既にご報告しております。
第4回HKX紅白歌合戦

という訳で、今年の『かってに、HKX紅白歌合戦』、残念ながら成り立ちません。4日と25日のライブ、どちらも5曲をやったのですが、25日のそれでは『Surfin' USA』の次に、『Johny B.Goode』をやったのですが、どういう訳か…?、曲の途中でプッツリ切れて使い物にならりません。最初の演奏、まだ、店の人がステージに上がりアンプやマイクの調整中の『Matchbox』、『第4回 かってに、HKX紅白歌合戦』、今年のトリとさせていただきましょう。

今年の12月はこれで6本目のブログ…、数だけは…よくやりました。おつかれさまでした。皆様、良いお年をお迎え下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


December 30, 2009

HKX紅白歌合戦

例年通り、クリスマスが終わると、一気に年末、師走モードに入りました。「家族みんながコタツに入って、ミカンを食べながらNHK紅白を観る」、というのが平和な日本人の大晦日のイメージですが、どうも私にはこの国民的行事、あるいは儀式(?):「NHK紅白」が苦手です。各地の除夜の鐘で始まる「ゆく年くる年」の11時45分まで、4時間半も続くそうで、ファンの方には申し訳ないのですが、始まる前からうんざりしています。

ということで、NHK紅白歌合戦の向こうをはって、Hong Kong Express Gazette では勝手に「第1回HKX紅白歌合戦」を開催することになりました。

私の好みは「カントリーぽぃロック」、いわゆる洋楽の中でも少数派のジャンルで、国民的行事になる可能性はほとんどありません。中には「ちょっと違うんじゃないの?」、というご意見もあろうかと思いますが、その辺のところは「私の好み」ということでお許し下さい。

紅白歌合戦
※ボリュームの調整はパソコンでお願いします。

カントリーのにおいの濃い,白組のトップは…、
リボン白#1. Too Many Highways by Ty England

それこそ、二昔前のカントリー歌手:Merle Haggard が同名の曲を歌っているようですが全く別のものです。彼の名前を知っているだけで、他にどんな曲を歌っているのか全く知りません。

紅組は
リボン赤#2. Send Me A Cowboy by Bonnie Bishop

新人ではありませんが、同じく、他の曲は全く知りません。女性の歌も好きなのですが、どうも、2曲目のヒットにはつながらない歌手が多いように思われます。



リボン白#3. Something Like A Broken Heart by Hanna-McEuen

もう10年は経ったでしょうか、ストリームラジオで見つけたのですが、当初、曲名が判りませんでした。予想通り、何回も繰り返されるフレーズが曲のタイトルそのものでした。2人組で上手いのですが、好みはこの曲だけです。

リボン赤#4. Good Hearted Man by Tift Meritt

カントリーというよりはポップスに入るのでしょうが、お気に入りの一つです。



リボン白#5. Sister Lost Soul by Aljandro Escovedo

今年は、はすかしながら、この曲をカバーしました。お聞きになった方もおられるでしょう。

リボン赤#6. Love Hurts by Gram Parsons/Emmylou Harris
オリジナルはEvery Brothersの曲。Emmylou Harrisがメジャーデビュー(?)のきっかけを作った曲The Byrdsにカントリーの要素を持ち込んだのはGram Parsonsでした。



リボン白#7. Take It Easy by The Eagles
彼らはこれから始まりました。

リボン赤#8. You Don't Seem To Miss Me by Patty Loveless/George Jones

カントリー界の北島三郎、大御所:George Jones とPatty Loveless のデュエットです。「どカントリー」ですが、お気に入りの一つです。



リボン白#9-10. It Makes No Difference/I Shall Be Released by The Band

カントリーというよりは、ルーツ・ミュージックでしょう。「トリ」はやはりThe Bandでしょう。

彼らの名前:「The Band」とはよく付けたもので、これを越えるアーティストは未だ現れていません…、とは審査委員長である私の意見。えこひいきで2曲も披露してしまいました。

今回は、白組の勝ち。← どうでもいいのですが、形だけ…。

最初で、おそらく最後の…、「第1回HKX紅白歌合戦」は無事終了いたしました。お気に入りの曲はありましたでしょうか?

除夜の鐘も鳴り始めました。
皆様にとって2010年が良い年でありますようにお祈りしております。

Support Me: Momo 紅白
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Visit Us:        Hong Kong Express
来年もよろしくお願い申し上げます。


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search