横山の道

September 07, 2013

散歩の途中<4>  三多摩、昔は神奈川県

多摩地区とは、東京23区より西側の地域で、「東京都下」あるいは、「三多摩」とも呼ばれるそうです。どこか愛嬌のある「さんたま」の響きです。1871年の廃藩置県で三多摩地域の大半は神奈川県に所属することになりましたが、それから22年後、1893年、その三多摩が東京府に編入されることになりました。
とんぼ池20130905

小山田荘を散歩中に知り合ったお年寄りから昔話を聞いたことがあります。話はこうです。東京の上水道を担ってきたのが玉川上水。明治の初めにコレラが大流行、その水源である「多摩川上流でコレラ菌による汚染」とのうわさが広まり、当時、多摩川の上流は神奈川県に属していたが、東京府が水源を直接管理するために編入した、というものです。水源とは全く無関係な南多摩郡(現在の町田市、八王子市、多摩市、稲城市、日野市)も、北・西多摩とともに、東京府に編入されたのでした。

江戸時代、この地域には鶴見川の源流があり、幕府の天領だったこともあり、裕福な稲作農家が多く、明治初年この地で最初に敷設された鉄道:現在のJR横浜線が計画された当初は町田市側を通る計画でしたが、彼等の反対により変更され、実際の線路は相模原側に敷設されることになった、という。彼が言うように、この地域の農家は裕福で、前回も触れた通り、新撰組(近藤勇・土方歳三など)を育んだ風土、明治になると、方向を変え…?、自由党を設立した板垣退助が「多摩は自由党の砦」と表現するほどに、自由民権運動が盛んとなりました。南多摩郡の東京府への編入は、どうやら神奈川県内の自由党の勢力を削ぐためのものだったようです。

どうも、明治以前、小山田荘にも近い、小野路と呼ばれる地域が町田の中心であったようで、古くは平安時代以前から、そして鎌倉街道の宿場街として栄え、徳川の治世では天領の裕福な農家、幕末には新撰組を育み、明治になると、どうしたことか…自由民権運動の地に変わります。一方では、かつての中心地:小野路を遠く離れた相模原側に国鉄(現在のJR)横浜線が敷設され、稲作に適さず、桑畑に蚕、絹の産地と開港された横浜を結ぶ「絹の道」として結ばれ、その沿線は発展していきます。次に小田急本線が開通すると、町田の中心は両駅のある現在の中心地域に移動してしまいました。皮肉な見方をすれば、明治以降の近代、小野路の勢力の及ぶ地域に鉄道が敷設されるのを嫌い、あるいは避けて来たようにも思えます。白洲次郎 正子夫妻が戦況の悪化を予測して、1942年、当時の東京府南多摩郡鶴川村(現在の東京都町田市能ヶ谷)に農家を購入して疎開生活を始めたことでもその田舎ぶりが想像できるでしょう。後の「武相荘」、その小野路からそう遠くはありません。
武相荘
戦後の高度成長期、北側に隣接する多摩市は、大阪の千里丘陵と同じく、当時、国家プロジェクトとして造られた人工の街、整然と区画整理された近代的な街並みがきれいです。その多摩市開発に際して作られたハイキング道が「横山の道」、古くは唐の侵攻に備えた防人制度か、はたまた東国の力を削ぐ目的か、多くの男達がこの道を越えて西国に向かった奥州古道、「いざ鎌倉」の鎌倉街道が交差し、新田義貞の軍がこれを越えて南下、鎌倉を目指しました。

「横山の道」を南に超えるとまるでタイムスリップ、江戸時代の風景、場合によっては鎌倉時代の風景さえも目に入って来たような錯覚に陥ります。道を境にした北側と南側、対比は面白く、映画:『ビレッジ The Village (2004 )』を思わせます。南側は私の住む小山田(小山田荘及び小野路の在る地域)、今やいくつかの里山を残す昔ながらの山村、言い換えれば、どこかピントがずれた…失礼、開発からは取り残された地域…、だからこそ、今となっては良かったということになるのでしょう。

南多摩、小山田のほんの一部が私の散歩道です。
花の家裏20130831
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


July 17, 2011

魔物、それはあちこちに

1971年、高度経済成長期に東京に大量に流入する「団塊の世代」と呼ばれる世代の住宅を確保するために、多摩丘陵の森を切り開いて造成されたのが、東西14km・南北1〜3kmに及ぶ全く人口の都市:「多摩ニュータウン」でした。理想を目指した計画と施設(インフラ)が実施された「ニュータウン」は多摩市の人口の60%を占め、豊かな税収を背景に発展しました。

私の住む町田市も、東京一局集中を背景に成長した街、東京都心から30〜35km、都内では家の買えない地方出身の「団塊の世代」が移住して来た街、という意味では多摩市と同じです。20年前に町田市にやって来た私ですが、当時、市内をバキュームカーが走るのを見て、市の大動脈であるはずの町田街道の狭さに、JR横浜線と私鉄各線の連絡の悪さに、驚いてしまいました。違いは、町田市が自然発生的に(ほとんど無秩序と同義)成長した街であるのに対して、多摩ニュータウンは100%人工的に造られた、地方から出てきた「団塊の世代」だけを住民とした、考えてみれば、奇妙な街です。

「奇妙」と言えば、先日、不思議な感覚に陥りました。多摩市は私の住む町田市の北に隣接、車のナンバーが同じ「多摩」にも関わらず、西隣の相模原市、北隣の八王子市に比べるとどこか疎遠な感じがします。私の住む「小山田地域」の位置に関係するのかも知れません。多摩市と町田市との境に、多摩ニュータウン造成当時に、自然破壊のちょっとした言い訳に、これも人工的に造られた「横山の道」と称する東西10kmに及ぶ遊歩道が整備されており、その中間地点に「一本杉公園」があります。
一本杉公園 鎌倉街道2
この「横山の道」を境に、多摩市側はニュータウンとして整然と区画整理された人口都市、反対の町田市側は、ゴルフ場はあるものの、大半は東京都の運営する緑地を中心にした「小山田地域」です。平安から中世、鎌倉時代にかけては、地名の由来である小山田氏が馬を飼育する広大な牧場、城館を備えた領地でした。話を裏返せば、開発の進んだ多摩市と遅れた町田市…。

整然と区画整理された多摩ニュータウンを中世・鎌倉時代以来の森が覆い隠しているようも見えます。
一本杉公園_小野路















the-village 1the-village 2





映画:『ビレッジ The Village (2004』(M・ナイト・シャラマン監督)森の奥深くのアーミッシュ(?)の小さな村、全員が家族のように団結し、幸せに暮らしていました。「語ってはならぬ物」、魔物の住む森には決して立ち入らないという掟を頑なに守っていました。しかし、恋人の怪我から命を救うために、その掟を破り、医薬品を求めて、森を抜け町へ向かいます。苦難の末、主人公はやっとのことでフェンスを乗り越え外界に…。かつて、主人公の祖父の時代、卑劣な事件に遭遇し、大切な人を亡くした幾組かの家族とともに、犯罪のない楽園を求めて、巨額の遺産を基に自然保護区の奥深くに造った村だった、というのがオチでした。

当時若かった「団塊の世代」は、同時に高齢となることが問題なのです。多摩市の高齢化率は、1995年には全国の高齢化率(14.5%)を下回っていましたが、2015年には全国の高齢化率(25.2%)を上回るそうです。かつては豊かな財政を背景に高度なインフラが整備され、市職員の待遇も近隣の市町村を上回っていましたが、いつしかこれが足枷に、高齢化に伴う国民健康保険、老人医療費などの増加、反対に、所得の低下する高齢者層が拡大して、個人市民税は大きく減少、赤字財政に陥ると見られています。
サンリオピューロランド看板
あれほど華やかに見えた多摩センターも、どこか、さびれて見えます。三越百貨店が居なくなり、続いてIDC大塚家具も撤退してしまいました。「サンリオピューロランド」は…?。

理想を求めて「ビレッジ」、「ニュータウン」を造りましたが、魔物は森だけでなく、町や村、あちこちに現れるようになりました。
Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
Your Support, Please. あなたの「ポチっ」をお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search