April 14, 2017

散歩の途中<20>号外 こぶし公園の桜

0312こぶし公園 かみさんはまだ留守、朝食が終わると、愛犬:モモが散歩の催促にやって来ます。モモは滅多に吠えることはなく、ただやって来て、目を見ながら手で、いや前足でちょいちょいと、促す仕草をするのです。朝のコースはほとんど同じなのですが、今日は少し違います。いつもは、当地の散歩コースの定番:尾根道に向かうのですが、逆の方向に先導して行きます。団地の北側に、「こぶし公園」という、ひょっとしたら、我々夫婦だけがそう読んでいるのかも知れませんが、一本の大きなこぶしの木(左上は昨年3月)が目印の公園です。

 いつもなら遠くにそのこぶしの木が見えるのですが、今日は視界を遮るように公園の前の桜が満開です。0414こぶし公園あまりにも見事なので、昨日更新したばかりなのですが、その桜を皆さんに是非ご覧にいれたいと、愛犬:モモの紹介もかねて、号外版を出すことにしました。どうぞ、お楽しみ下さい。

YOUR SUPPORT, please. 皆様のご支援をお願いします。
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


April 01, 2017

花見に冷たい雨

 東京の桜の開花は全国で一番早かったのですが、それは観測地点の靖国神社だけの話し、それ以降の足取りは遅く、明日から近所の散歩の定番コース、尾根道で開催される予定のさくら祭も「ウソでしょ」といった感じで、雨にも祟られて最高気温は7℃、1ヶ月は後戻りしたような冷たさです。

 毎年、年が変わった1月はそうも感じないのですが、2月、3月に入るとその寒さが耐えがたいものになり、東北・北海道の寒さはこんなどころではないのでしょうが…、「暑さ寒さも…」、そのお彼岸も通り過ぎて、「将軍様、もうわかりましたから、勘弁して!」と思わず悲鳴が出てしまいそうです。春の到来の道程は、最も昼の時間が短い「冬至」を過ぎて徐々に昼が長くなり、「春分・お彼岸」で昼夜の時間が同じに、そして、次第に逆転して行きます。その道の先に「花見・さくら祭」、新たな舞台の緞帳(どんちょう)が開きます。

  昔、大阪支店でまだ新入社員だった頃、1972〜1973年か?、季節は夏、東京から転勤でやって来た先輩曰く、「大阪ではよほどの貧乏人でない限りエアコンを持っているが、東京ではよほどの金持ちでない限りエアコンを持つ必要はない。」 大阪の夏は「くそ熱い」と表現されるだけあって、8月の平均気温が鹿児島・沖縄より高く、ただ暑いだけでなら何とかしのげるのですが、あのまとわりつくような湿度の高さは半端ではありません。東国、町田(東京都)に住んで30年、それまで住んでいた関西を抜いて、人生で最も長く住んだ所になってしまいましたが、本当にエアコンの冷房が必要なのはほんの一ヶ月間ほど、逆に当地の冬場は寒さが厳しく、ましてや私の部屋は日の目を見られない北向き、一日中エアコンの暖房のお世話になっています。

 雨の花見とは散々ですが、かみさんが庭で育てる鉢植えは既に見頃を迎えています。
春の花

 冷たい春雨に、先輩の一言を思い出しました。

YOUR SUPPORT, please.皆様のご支援をお願いします。
    にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ    


April 07, 2009

花見で、「薔薇(バラ)戦争」

尾根道 菜の花畑自転車に乗るのをためらうような寒い冬の朝は、「尾根道」をウォーキング、いや、散歩と決め込んでしました。ここはウォーキング、ランニングだけではなく、地元では有名な桜の名所、この週末が桜祭りでした。桜祭り当日には、遊歩道だけではなく、車道も来場者に開放、普段の清々しい朝の風景はなく、昔の歩行者天国のように人であふれています。各地の「桜祭り」には、待ちわびた春の到来を喜ぶ、祝う、という単純明快な意味があるのでしょう。

桜の枝人でごった返す風景からは想像できないのですが、日本人は、時代、老若男女を問わず、桜に対して特別な感情、琴線に触れるものを持っているようです。私の想像ですが、先人が詠んだ桜は「山桜」で、今日多く目にする桜は江戸時代末期に作られた品種:ソメイヨシノ(染井吉野)がその後全国に拡がったもので、その風景は彼らの詠んだものとは違うように思えます。

桜がそれほどまでに愛されているのであれば、もちろん日本の国花であろうと思っていましたが、実は、「菊」あるいは「桜」、日本国花の規定はないが、それに準じた扱いを受けるようです。しかしパスポートの表紙には「十六菊」、言わずと知れた天皇家の「菊の御紋」が記されており、今に至っても「臣民」なの?…どうも腑に落ちません。

拝領(?)した「十六菊」のパスポートを持って訪れた英国(UK グレートブリテン及び北アイルランド連合王国) 、その国花は?。元々は4つの国(?)で成り立っており、スコットランドがアザミ、ウェールズが花ニラ、北アイルランドはシロツメクサ。臣民(?)である私が訪れたイングランドのそれはバラです。

15世紀、高校の世界史でおなじみの「百年戦争」が終結、イングランドはブリテン島に撤退、ヨーロッパ大陸の足がかりであるフランス北部フランダース地方を失うことになります。敗戦を契機にイングランド国内では不満が爆発、1455年、ヨーク公リチャードが現王家のランカスター朝に反旗を翻し、国内をランカスター家とヨーク家に二分する内乱はその後30年の長きにわたりました。血みどろの戦い
は両家の和解で終わりを迎え、1485年テューダー王朝の成立に繋がっていきます。Lancashire_roseYorkshire_rose
ランカスター家が赤薔薇、ヨーク家が白薔薇をそれぞれ紋章とするところから、「薔薇戦争 Wars of the Roses」と呼ばれるのはご存じの通りです。ランカスター家の血筋、ヘンリー・テューダーが「薔薇戦争」を勝利し、イングランド王Tudor_roseとなります。彼は両家和解の証として妻をヨーク家から迎え、その結婚を機に彼は両家の紋章を組み合わせた「テューダー・ローズ」をイングランドの紋章として採用、現代に至っています。

時代は極最近、昨年12月、ヨーク大学を訪問、学生達と話をする機会がありました。ヨーク大学とランカスター大学との間には「Roses Tournament」という大学間スポーツ対抗戦が、毎年夏、開催地を交互に実施されているそうです。通称、「薔薇戦争 Wars of the Roses」の由で、日本で言えば、「源平の戦い」に因んだ運動会の「紅組・白組」というところでしょうか。

近所のお花見から始まり、強引に薔薇戦争まで持って行ったのは少々無理があったようです。お許し下さい。

Visit Us
hkx banner


April 07, 2007

もも、ドッグランデビューは果たしたのですが…

「桜」といえば、小生がイメージするのは義理人情のやくざな世界、遠山の金さんが白州に座らされた犯人を目の前に、諸肌脱いできる啖呵(タンカ)、「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!」。「これにて一件落着」で北町奉行の遠山左衛門尉の見せ場は終わり、舞台はつましい平穏な庶民の暮らしに換わります。「金さん」は面倒見の良い、どこか堅気(かたぎ)ではない、やくざに片足をつっこんだ市井の人に変わります。

わかりませんが、江戸時代中・後期、幕政の改革を行った田沼意次の時代が「金さん」の生きた時代のような気がします。改革の一環として賭博は桜に幕桜に短冊禁止となり、それを逃れる為に花札が生まれたということのようです。花札にも「桜」が登場します。図柄は「金さん」の入れ墨:桜吹雪と同じく明瞭なデザイン、「派手さ」「きんきらきん」。デザインとしては嫌いではないのですが、どうもしっくり来ません。


徳川家康の菩提を弔うために家光により建立された日光東照宮。世界遺産に登録されているそうですが、同じ理由で、あまり好きではありません。仏壇があのように派手になったのは、東照宮完成に伴い多くの宮大工が解雇され、彼らの多くが仏壇製作に関わるようになったのがその理由であると聞いたことがあります。

「散りゆく」、「朽ちてゆく」ところにこそ魅力があるように思えます。


講釈はこのぐらいに、今朝も尾根道緑道に行ってきました。今日・明日が「桜祭」、沿道には数百メートルに渡り露天商が並び、桜見客でごった返していることでしょう。
Holding Momo今回はこの箇所は避け、少々離れたところにあるドッグランに愛犬:「もも」を連れて行ってきました。普段の散歩ではおてんば・やんちゃ娘で通って入るのですが、大きな社会を知りませんでした。ドッグランデビューは既に果たし、今回は2回目なのですが、どうも多くの仲間達に上手く融け込めないようで、じゃれ合って負けそうになると両親の所へしっぽを巻いて逃げ帰って来ます。
まるで子供の時の自分の姿を見ているようですが、いつかは彼女もこの社会に融け込んでいくことでしょう。

※ ↑素顔は恥ずかしいのでサングラスをかけさせましたが、これがいけません。どうも中東風(?)の別人になってしまいました。昔の犬さらいではありません。似ておりませんが、「店長:イサオが愛犬を抱く」の図です。

桜の季節とともに新らしい社会に出られた方も多いことでしょう。どうぞ社会に揉まれてください。きっと、多くの収穫を手にされるはずです。

本業にもお立ち寄り下さい。↓
 
Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


April 03, 2007

「花の色は〜」、やっぱりおすすめは尾根道

この季節、特に今年は桜が例年以上に満開のようです。今日付の朝日新聞に「咲き誇れ15秒 桜CM急増」のコラム。1〜3月に始まった桜が登場するCMを見ると、今年は31本で、昨年の2倍、5年前の5倍にあたるととのことです。コラムにもありますが、「和の良さの再発見」というここ数年来の現象(ブーム?)と、阿部首相の掲げる「美しい日本」(プロパガンダ?)が大きく影響しているのでしょう。

「花の色は  移りにけりな  いたづらに   
        我が身世にふる  ながめせし間に」  小野小町
        …とは昔々「古典」の授業にも出てきました。


「願はくは 花の下にて 春死なむ             
        そのきさらぎの 望月のころ」  西行

「散る桜 のこる桜も 散る桜」とは良寛の辞世の句

桜には「華やかさ」の隣に「潔さ」、「せつなさ」、突き詰めれば「死」
がつきまとい、華やかであればあるほど、もの悲しくなってしまします。英語のCherry には「陽気さ」の意味は含まれていても、「潔さ」、ましてや「せつなさ」の意味は微塵もありません。何処に由来するのかわかりませんが、古来より日本人特有の情緒なのでしょう。

…という思いに浸るのは別の機会に譲り、今しか見られない満開の桜を見るべく近所の名所:尾根緑道に行ってきました。

onemichi 4.ご近所にお住まいの方はよくご存じですが、桜並木が1〜2km、これに続いて10km(?)の自転車・歩行者専用道路が整備されています。野鳥保護目的のサンクチャリーあり、ドッグランあり、遠くには丹沢山系の向こうに富士山を望むことができるお気に入りのコースです。


Bike at Macそこは自営業、サラリーマンとは違い、お金はともかく、時間には融通が利きます。朝7時半より仕事を開始する9時までを自転車による体力作りと決めており、この尾根道を往路、登りを7kmで折り返し、復路の途中でマクドナルド、たまには奮発して、いや見栄を張ってスターバックでコーヒーを飲んで一服してから帰るのが楽しみです。季候の良い今から初夏にかけては最高です。ご近所にお住まいの方は是非走って見てください。

店長:イサオが近場の尾根道をリポートしました。
本業もよろしくお願いします。↓
 
Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search