東日本大震災

March 14, 2016

陸奥(みちのく)

 
 東日本大震災から5年、新聞・テレビでは特集が組まれ、初めて公開された事実にあらためてその日に起こった事実に驚愕してしまいます。あの日、私は歴史上の「ポツダム宣言受諾」、玉音放送で日本の降伏発表を聞いて泣き崩れる姿(1945年8月15日)が頭に浮かび、日本の「第二の敗戦」を直感しました。何か取り返しのつかないことになってしまったのではないか、個人的にも、今までとは全く違う人生がやって来たものと感じたのです。上手くは言えないのですが、5年経った今でも、基本的にはこの思いは変わりません。
白河関跡
震災から1年後の白河の関
 少々突き放した言い方になりますが、災害の記憶は新しい災害が起こる毎に、その記憶はなくならないまでも、次第に風化していくでしょう。解剖学者:養老孟司曰く「東北大震災は人々の記憶から消去されざるを得ない。その背景には東北の人たちの”温厚さ”もありはしないか。苦渋があまりに大きすぎて、お上に従えば悪いようにはならないと信じたいのでしょうか。(朝日新聞)」 東北人から主体的な声が上がらない。ふと、気がついてみると、お役所発注の巨大防波堤ばかり…

 同じく日曜版、大きな挫折、胸が張り裂けそうになる別離のような苦難に打ちのめされたとき、そんな傷心を抱えた旅先には、北と南、どちらがふさわしいか?55%が北、45%が南へ、「北で悩み、南で忘れる」ようで、「北」と答えた人の最も多くの人が「北東北」を目指すそうで、さらに北に位置する北海道ではありません。雪の舞い散る寂寥たる冬景色の中で悩みを深め、そんな冬景色の中にも「東北の人たちの”温厚さ”」・暖かさを求めているようにも思えます。

 果たせなかった恋や夢、「傷心旅行」だけではなく、そのBGMとしての「演歌」にも注目しなければなりません。ここで云う演歌とは別離・失恋・悲恋・喪失をテーマにした曲の多くはこれに重なります。少し例えが古くて申し訳ないのですが…、同じ演歌でも、南の国:九州出身の水前寺清子、北、それも北海道まで行って北島三郎と、どちらも明るく、賑やか、彼らの持つ地域・方角性はこれの対局にあるもので、全く対象にはなりません。

 平安時代(794年 - 1185年/1192年頃)、イメージ的にも南西から東北に弓なりにつながる日本国ですが、「西の鬼界ヶ島(喜界島)」と東端、陸奥国「外が浜」は国の辺境を指す代名詞とされ、都人(みやこびと)にとっては東山道白河の関の向こうにある陸奥(みちのく)は彼方の異国の地、異国情緒を大いに感じる地域だったようで、山城・大和に次いで多く歌に歌われています。「唐の詩人がときに憧憬した西域までも、平安貴族は好んだ。ただ、どう想像していいかわからず、レールが転轍するように、関東のかなたにひろがる陸奥の天地を連想した、と私は考えている。」 とは司馬遼太郎の言(『北のまほろば―街道をゆく』)。 

 陸奥(みちのく)への憧憬・陸奥趣味は、最初の征夷大将軍:坂上 田村麻呂(758-811)の遠征からの凱旋(801-804)に始まりました。『源氏物語』の主人公:光源氏のモデルの一人といわれる、源融(みなもとのとおる 822 - 859)は陸奥国塩釜の風景を模して六条河原院を造営、塩釜を模すための塩を毎日、難波の海(大阪湾)の汐を汲んで運ばせたとは全くあきれた話です。平安中期、能因( 988-1058?)が、平安末〜鎌倉初期に、能因の跡を追って西行は二度、そして江戸期に入ると、芭蕉陸奥を旅し、紀行文『おくのほそ道』を残すことになります。江戸後期、三河国に生まれた菅江真澄(1754 - 1829)は、本草(薬草)学者にして旅行家、膨大な量のスケッチ画を残しますが、陸奥の最深部、津軽・下北だけでなく海峡を渡り、ロシアが周辺をうかがう北海道へ向かいます。黒船来港、ぶっそうな幕末はもうすぐ目の前です。

 平安貴族の風流は全く理解できませんが、彼らの抱くロマン・妄想には興味をひかれます。平和が確立された元禄の芭蕉、平和にひびが入り始めた時代の菅江真澄にも興味をひかれます。ほとんどボランティアの管理組合理事の仕事も5月で終わります。もちろん、雪の舞い散る寂寥たる冬の季節が終わったら…、彼らの痕跡を訪ねて、東北、かつての陸奥(みちのく)を訪ねようと思っています。

 東北支援、私に出来るのはこれぐらいです。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


April 17, 2011

3.11と 黄金の国、ジパング

3.11 FUKUSHIMA を機に何かまた人生感が変わったような気がします。それまでは、年末に始めた禁煙が私にとっては画期的な出来事だったはずなのですが…。

FUKUSHIMAも禁煙にも全く関係ありませんが、思い切って、ブログタイトルを『ISAO's Express Gazette』に変更しました。(旧名:Hong Kong Express Gazette) また一からの再出発となりますが、皆様のご支援をよろしくお願いします。

「1000年に一度」の枕詞は869年の「貞観の三陸地中尊寺金色堂1震・大津波」に因む。その時代、東北は、日本で初めて金が発見された場所であり、また馬や毛皮などの珍しいものの産地でもあった。長い戦乱を経て、奥州藤原氏の時代を迎えます(1087)。砂金産地を押さえ、馬や毛皮などの様々な物資を商いし、海外交易を行い莫大な経済力を蓄えました。奥州平泉の地に京都の宇治平等院鳳凰堂を凌ぐ王道楽土を築きます。これが元王朝(1271〜1368)の首都:大都(現在の北京)を訪れたマルコ・ポーロが聞いたという黄金の国、「ジパング」のモデルではないかとされています。

12〜13世紀の中世西ヨーロッパ。地中海貿易の覇権、十字軍支援の艦隊の主導権を巡って二つのイタリア海運都市、ジェノバとベネチアが競っていましたが、ベネチア人、マルコ・ポーロは1298年の「メロリアの戦い」で捕虜となり、同じ牢獄にいた縁で著作家:ルスティケロと知り合い、旅行記:『東方見聞録』を口述したと言われます。ついには、「キオッジアの海戦(1378〜1380)」でベネチアが勝利、東地中海貿易を独占します。
jenova flanders
当時、フランダース地方(現代のベルギー)は毛織業が盛んで、都市が繁栄、非常に高い経済・文化を誇っていました。敗れたジェノバは東地中海を放棄、ジブラル海峡を大西洋に出て、このフランダース地方との交易にその活路を見いだそうとします。

一方、7世紀にアラビア半島に興ったイスラム勢力が、8世紀、アフリカ西北部に進出、ジブラルタル海峡を渡って711年西ゴート王国を滅ぼし、ムーア人(イスラム教徒)に依るイベリア半島占領が続いていました。

ポルトガル西岸部はフランダースへ向かうジェノバ商人の内海専用の「ガレー船」の寄港地として栄えます。レ・コンキスタ(国土回復運動)の中で、ポルトガルはリスボンに遷都、強力な中央集権体制をとり、ジェノバ商人の力を借りて、航海術・海軍力を強化、イスラムから入った信用為替手形制度を持って『海洋貿易立国』を計ったのです。東地中海では、1453年ビザンツ帝国がオスマン朝トルコにより滅亡、逆に西地中海では、ポルトガルが徐々にイスラム勢力を駆逐、1492年グラナダが陥落し、レ・コンキスタが完成します。

発見のモニュメントポルトガルは1415年、北アフリカのセウタを占領、1460年ごろまでに象牙海岸・黄金海岸を経てガーナの地に城塞を築いて金や奴隷の交易を行い、その間に15万人の黒人奴隷を取引したとされます。以降、1497年にはバスコ・ダ・ガマが喜望峰を周りインド航路を開拓、カルカッタ、マラッカを越え、マカオ、1541年には豊後に辿り着きます。日本に鉄砲を伝えたのもポルトガル人でした(1543)。▼ Portugese Discovery

Portuguese discoveries

1517年、ルターの宗教改革が始まり、その対抗運動としてイエズス会を設立(1534)、優秀な宣教師が布教のために海外に派遣されました。ポルトガル人であるルイス・フロイスもその一人で、1532年〜1597年、戦国時代の日本で宣教、織田信長や豊臣秀吉らと会見、 『日本史』を著しました。

しかしポルトガルの繁栄もつかの間、1580年に王権の相続争いが勃発した結果、王権はスペイン・ハプスブルク家のものとなり、ポルトガルはスペインの支配下となります。

スペインが新大陸(南北アメリカ)を征服して、現地人を奴隷にまでして富を築いたのに対して、ポルトガルが征服できた土地は、ブラジル以外は、限られたものでした。インド洋では沈滞していたイスラムが勢力を回復、ポルトガルが築いた貿易体制は次第に浸食されます。

東南アジアでは後からから割り込んで来てこれに寄生するだけで、対価をアジアに提供する力がなく、市場を独占することが出来ませんでした。 大航海時代を切り開いたポルトガルでしたが、後ろを走るイングランド、オランダに追いつかれ、追い抜かれます。ポルトガルの東南アジア貿易の繁栄も長続きはせず、やがて17世紀にはオランダが進出するに及んでその地位を失います。

1755年11月1日はカトリックの祭日、リスボン大地震ポルトガルの首都:リスボンを大震災が襲い、津波と火災により壊滅状態となります。これによりポルトガル経済は大打撃を受け、海外植民地への依存を高め、国内の政治的緊張が高まるとともに、それまでの海外植民地拡大の勢いは止まることになりました。カトリックの祭日に最も敬虔なカトリック国の一つ、ポルトガルを大震災が襲ったことはキリスト教神学上の議論のテーマになったそうです。

『21世紀は東アジアの世紀』と言われる。中国・韓国その他アジアの国々の台頭を背中に感じながら、『やばい!』と、選んだ民主党政権も『ダメ』。何となく不安には思っていましたが…、3.11FKUSHIMA 以降、日本の『技術立国』もやっぱり『やばい!』ことになってしまいました。日本の「安全神話」と「先進技術国神話」は崩れ去ったようです。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search