本能寺の変

October 28, 2019

2019年関西の旅 神君家康伊賀越え<1>

 姉が大阪府枚方(ひらかた)市に住んでいます。桂川(鴨川)・宇治川・木津川の三川が集まって(巨椋池)淀川となり大阪湾にそそいでいます。喫水の浅い千石船(物資運搬船)が大阪湾河口から山崎・石清水、これを経由して木津川まで帆走遡行が出来たのは非常に珍しく、他に例がないのではないでしょうか。大宰府から入った文化・産物は瀬戸内海・淀川という大運河を通って明日香・藤原・平城・平安の都に繋がっていました。枚方は、紀貫之(? - 945)が淀川をさかのぼり、京に向かう途中、「渚の院」のかっての姿をしのんで『土佐日記』にその風景を記しています。

180830_枚方京街道 枚方は淀川の左岸、大阪から京都へ向かう「京街道」の中間地点に位置し、陸上及び河川交通の宿として栄えました。姉は旧街道筋に住む地元のお年寄りから、「本能寺の変(1582)」の時、京から急ぎ帰って来る茶屋四郎次郎と堺から京へ向かう家康一行とが、この辺りで出会い、変事を知った家康の逃避行(「神君家康伊賀越え」)が始まった、という話を聞いたと云います。話としては面白いが、泉州堺から約30キロ、物見遊山の旅にしては家康一行の歩くのが速すぎるし、関連の書物を見ても枚方を家康一行が通ったと記述は何処にも見当たりません。古老の話と史実との矛盾をどう解決すべきか…、解決されないまま、頭の中でくすぶっていました。

 今回も姉弟の話題が「本能寺の変」に至りました。泉州堺に滞在していた家康は、6月2日に京本能寺に参集するようにとの命を受けており、家康と行動を共にする御用商人(戦時には補給・調達を専門とする)茶屋四郎次郎(ちゃや しろうじろう)はその前日、6月1日に家康の堺での日程が終了した旨を信長のもとに報告すべく京へ向かっていました。6月2日、京で変事(2日早暁に発生)を知った茶屋四郎次郎は急遽引き返し、当日、一行に先行して京に向かう本多忠勝(ほんだ ただかつ)と京街道、枚方光善寺辺り(京本能寺から30キロ)で遭遇したのです。古老の伝え聞いていた話とはこれだったのです。
神君伊賀越え
 飯盛(堺から30キロ、枚方光善寺から15キロ)で茶屋四郎次郎の報告を聞いた家康は即刻領地三河への帰国を決意、一行は往来の激しい京街道を迂回して山城国宇治田原に入り、3日には近江国信楽・甲賀、4日には北伊賀から柘植・亀山を抜け、伊勢国白子から舟で、5日には三河大浜に無事帰還したとされていますが、GoogleMapで堺から白子まで153キロ、一日36キロ歩いたと仮定して、4日間で白子に到達することは不可能ではなかったかも知れませんが、白子からさらに三河大浜までの海路50キロがあります。「神君伊賀越え」と称し家康の生涯最大の危機とされていますが、茶屋四郎次郎、服部半蔵手配の伊賀・甲賀忍者の活躍だけでこの難局を乗り切ったとは考えにくいのですが、いかがでしょうか。次回はその核心に迫りたいと思います。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 20:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 08, 2014

伊賀上野天神祭 2014年

伊賀上野天神祭_翁 京都で同じ下宿に暮らしたということで、伊賀上野天神祭のこの時期(10月23〜25日)、3人はそこに住む友人:Toshiさん宅に集まっているのですが、私も3年前からその同窓会(?)に参加させてもらっています。去年は、大きな台風が近畿地方を襲い、京都嵐山渡月橋辺りで桂川が氾濫するなどして、その影響でこの祭も中止となりました。去年は秋も深まって肌寒く感じたのですが、今年は一ヶ月、少なくとも数週間は、季節が後戻りしたような暖かさ…というより、暑さでした。

宵山 奥方:Junkoさんの実家が古くは、上野西町、大和街道というメインストリートの一角に小間物屋として栄えたそうです。ご夫婦はその跡地に家を建て、通常は大阪に住み、月に1〜2回はここにやって(帰って)来るという生活をされています。以前にも書きましたが、当地は古来より飛鳥、奈良、京都の都に接し、五畿七道の一つ、東海道の最初の国:伊賀国に在り(因みに、東海道の東端は常陸国)、倭武(ヤマトタケル)がこの道を東に向かったのか、大和街道は当初、幹線街道としての東海道の一部だったのか?…、壬申ノ乱の大海人皇子が、平安時代末期には源義経が、時代は下って、「天正伊賀の乱(1578-1581)」で信長が、「本能寺の変(1582)」で密かに服部半蔵が先導して家康を伊勢へ逃がす「伊賀越」、この辺りが舞台でした。

 浅井長政の足軽に始まって8回も主人を換え、戦国・江戸時代初期を生き抜き、築城技術に長けた藤堂高虎は外様にもかかわらず徳川家康始め三代の信任厚く、同じく築城技術に長けた加藤清正は息子の代に改易となったとは対照的に、藤堂家は別格譜代の厚遇を受け伊勢・伊賀二国にまたがる大大名(32万石)となり明治まで続きます。内政手腕だけでなく、文学や能楽、茶の湯を嗜む文化人でもあった高虎は天満宮の改築、寄進等にも力を注ぎます。上野天神祭は、二代目藩主:藤堂高次の時代(1660)に始まり、その後一時は倹約令で中止となったが、元禄(1688 綱吉の時代)に復活、三代藩主:藤堂高久は祭礼を城内假御殿より見物、田楽、能、狂言等が行われた。同地出身の松尾芭蕉だけでなく、井原西鶴、近松門左衛門とは同時代、商品・貨幣経済、前資本主義社会・前近代社会ともいうべき時代の文学であり、上野天神祭は正に勃興する商人・町人が作り上げた祭でした。
伊賀上野天神祭商店街_2

 AkiraさんはToshiさんの所属する上野西町の山車を引くために、遠く新潟からやって来るのです。町内の人からも当てにされているのは嬉しいが、出来れば山車を引くのは午前中だけにして欲しい、ここ数年は伊賀上野天神祭と言えば山車を引いているだけで、祭全体を見たことがないそうです。…というより、長時間山車を引っ張るのが辛い、体力がなくなってきた、というのが本音でしょう。午後、山車を抜け出し、私にはどうでもいいように映るのですが…、私と二人で観光客向けに用意されたスタンプラリーに参加、13ヶ所のスタンプ・ポイントを約1時間をかけて上がりのゴールへ、結果は残念ながら二人とも参加賞の山車をデザインしたクリアファイル、さすがは伊賀上野天神祭の大ファン、私の参加賞も差し上げると、満足気な彼は山車の牽引に復帰します。因みに、住民は祭に何らかの手伝いをしないとペナルティとして数万円を徴収されるそうで、Akiraさんの上野天神祭好きもToshiさん上野西町宅に十分貢献しています。すみません、何も貢献できず…。

Junkoさん、お世話になり、ありがとうございました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


January 05, 2013

伊賀上野天神祭

明けましてけましておめでとうございます。本年もご支援のほどよろしくお願い申し上げます。西田氏上野宅提灯

以前から、「見においで」、と声をかけてもらいながら、見たことがなかった『伊賀上野天神祭』を見るために伊賀上野の友人:Toshiさん宅におじゃましたのは去年10月24日、宵山巡航が正に始まろうとする午後でした。

伊賀上野と言えば、地下鉄:半蔵門にその名を残す服部半蔵、織田信長の招きで上方を旅行中の徳川家康一行は「本能寺の変(1582)」の報に接し、彼の手配でこの険しい伊賀国の山道を抜けて、伊勢国から三河国岡崎に帰還します。これを『神君伊賀越え』と呼ぶそうですが、伊賀街道は東海道・中山道のような主要幹線道路ではなく、京都・大和・山城と伊勢神宮を結ぶ参宮道:『お伊勢参り』の道にすぎませんでした。余談ながら、それと同名の味噌漬け物:『伊賀越』は『神君』以前からお伊勢参りの旅人に喜ばれていたのでしょう。ついでに、私も好きです。

1608年、藤堂高虎が伊勢・伊賀二国の大名となり、津を本城に、伊賀上野を支城としたため、津藩の重要な官道として整備されました。『上野天神祭』は、その藤堂高虎の上野天満宮の新・改築、寄進に始まり、元禄年間(1688〜1704)に田楽、能、狂言、疫病退散を祈願して町衆が創作した劇:『鬼行列』が現れ、おおよそ現在の形を成したものと考えられています。
西田宅近くの交差点
伊賀上野、その旧街道沿いにToshiさん宅があり、目の前を『大御幣(おおごへい)』を先頭に、総勢数百の大小の鬼、役行者、鎮西為朝そして9台の楼車(だんじり)が練り歩くのは圧巻です。もちろん家の主人:Toshiさん、それを楽しみに小田原からやって来た客人の二人は、足手まとい…いや、微力ながら…、所属する町内の楼車を牽きます。

面白いのは、元禄時代、疫病退散を祈願して町衆が創作したとされる『鬼行列』。外様でありながら家康の信頼を得た藤堂高虎はよほどの善政を敷いたのか…、彼の生国:先進の近江国につながる伊賀・伊勢が地政学的要地であったからか…、近江商人と並び称される伊勢商人の、松尾芭蕉を生み育てる、町衆・町人文化の肥沃な土壌が生成されていたようです。
鎮西 為朝
為朝は源為義の八男。弓の名手で、鎮西を勝手に名乗り九州で暴れ、「保元の乱(1156)」で父:為義とともに破れ伊豆大島にながされます。ここからは、義経と同じく全くの伝承、伊豆を逃れ遠く琉球に渡る途中、喜界島=鬼界島で鬼を退治します。この鬼を疱瘡(ほうそう)になぞらえ、子供の疱瘡除けのまじないに、為朝の武勇をもって子供を守ってもらおう、という意味でした。

因みに、ここで登場する喜界島=鬼界島、後に平家転覆を画策したとされる『鹿ケ谷の陰謀(1177)』の首謀者:俊寛の流刑地、後に『壇ノ浦戦い(1185)』で敗北した平家の落人の地…として何度も登場します。

祭も終わりに近づいてきました。楼車を牽いた後ろ姿に快い疲れが残る…かどうかは知りません。
巡航も終わり
Toshiさん、ありがとうございました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search