有重

October 14, 2014

散歩の途中<9> 場外編 阪神電車石屋川駅

 10月も既に月半ば、冷静に考えて見ると、今年:2014年もわずか2ヶ月半しか残されていないことに気づき驚愕する私です。

 薹が立ったような甥の結婚式、喜ばしく、見栄もはりたいところですが、現役を退いた今の私には負担というだけではありません。着る機会があるとすればそれはお葬式…と、長らく着たことのない黒の礼服、あれから体型も変わっているし…、白のネクタイはどうするの…。結局、普段とほとんど変わらない格好で出席させてもらいました。おめでとう。

処女塚
 ということで、何年ぶりかの大阪市内で「生(なま)」の大阪弁を耳にし、次の日は神戸まで足を伸ばしました。大阪梅田から阪神電車、急行で御影、各停に乗り換えて次の駅:石屋川、初めて降りた駅なのですが、ここは神戸市東灘区、江戸時代、「灘の生(き)一本」で知られる日本酒の生産地:「灘五郷」の一角にあり、近くの御影地区は阪神間屈指の高級住宅地として有名です。駅を降りて歩いて5〜6分、処女塚(おとめづか)古墳はすぐに見つかりました。よく整備された、こじんまりした前方後円墳で、一角に『小山田高家之碑』を見つけました。 弘化三年(1846)、代官:竹垣三衛門藤原直道が東明村塚本善左衛門・豊田太平・牧野荘左衛門に命じて立てさせた由。

oyamada 小山田高家、遙かの山の上よりこれを見て、諸鐙を合はせて馳せ参つて、おのれが馬に義貞を乗せたてまつて、わが身歩立ちに成つて、追つ懸くる敵を防きけるが、敵あまたに取り籠められてつひに討たれにけり。その間に義貞朝臣、御方の勢の中へ馳せ入つて、虎口に害を遁れたまふ。 - 『太平記』十六巻『新田殿湊川合戦の事』


 当地、小山田荘を開いたのは、平家:秩父一族の一人:有重(ありしげ)、12世紀、当地に至って「馬牧」=「小山田荘」を開き、小山田別当有重を名乗ります。頼朝挙兵の当初は平家方に付いたが、その後すぐに頼朝側に付き、鎌倉幕府成立(1192)後は有力御家人の一人になります。頼朝の死後(1199)、北条氏に謀られて没落(1205 「畠山重忠の乱」)、小山田氏の一部は甲斐国に落ちます。新田義貞挙兵時(1333)、有重から6代目:小山田高家が新田軍の侍大将として鎌倉攻めに参加して小山田城を奪還します。鎌倉幕府は滅亡(1333)しても次の「南北朝」の戦いが待っています。九州から京を目指す足利尊氏軍は、神戸湊川で新田義貞・楠木正成の連合軍と激突(1336 「湊川の戦」)、義貞は自分の馬を射られ、彼の危急を見た高家は自分の乗馬を義貞に与えて逃がし、身代わりになって奮闘、討死します。「恩賞」目的の忠義ではありませんでした。

小山田有重・行滋・高家墓
 時代は大きく下って明治22年、当地の名主が神戸を訪れた時にその碑を見て、そこでは高家が大事に祀られていることを知り、大いに感激、木曽・根岸・上小山忠生標識田・下小山田・図師・山崎が合併して新村を作る際に、その村を「忠臣の生まれた村」、「これからも忠義の者が生まれ出る」ことを祈って、「忠生(ただお)」と名付けました。現在も町名として残っています。西暦で云えば1889年、明治新政府が出来て20年、「尊皇攘夷」を大儀に戦った戊辰戦争は今や昔、「忠君愛国」を国是に「坂の上の雲」を見ていた時代でした。小山田高家はこんな時代に復活したのです。
20121207大泉寺バス停_342
 ご存知でしょうか?明治とまでは行きませんが、昭和初期の趣が色濃く残る「大泉寺」バス停です。


当地、小山田荘、有重の城館跡:大泉寺に、小山田有重・行家・高家、三基の宝篋印塔を見ることが出来ます。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 30, 2014

住めば都、小山田荘 鳥瞰図

やって来た当時、市を縦断する幹線:町田街道は片道一車線、もちろん右折専用レーンもなく、右折車があればたちまち渋滞、そんな道にはバキュームカーが走って…、「えーっ、ここが東京都?」…。あれから20年、私には「住めば都」、そんな歳になったのか…、単に現住所が在るだけではなく、毎日の散歩で新しい発見をすることが出来るようになりました。

平安時代後期、平氏:秩父重弘の子有重がこの地に、小山田別当を称し,馬牧場を開拓・経営したのが小山田荘です。古代〜平安〜鎌倉〜南北朝の痕跡が残る小山田荘、その荘園主になったわけではありませんが…、今や私にとっては「都」となっています。

申告すべき収入もないのですが、何かと忙しい確定申告の時期、それを放ったらかして…、完成させたのが「小山田荘(おやまだのしょう)鳥瞰図」です。それほど格好をつけるものではありませんが、以前から思っていながら一度も実現せず、私にとっては初めての試みなのですが、鳥の目で…あるいは、「ハリー・ポッター」か「魔女の宅急便」になったつもりで私の「都」を俯瞰したものです。山の高低は全く無視されていますが雰囲気は出ていると思います。如何でしょうか。
※鳥瞰図をクリックして拡大します 
20140129小山田荘鳥瞰図for Blog
私の「都」:小山田荘は、北辺に多摩市との境があり、北は人工的なニュータウン、南は古代・中世が残る、言葉を換えれば「開発の遅れた…」どころの話ではありませんが、「手付かず…」に近い、小山田荘。尾根伝いに通る、桜の名所、尾根道(尾根緑道)。尾根道ほど近くではありませんが、自転車で行くにはちょうど良く、帰りは上り坂がきつくて回り道の「鶴見川源流」があり、山に囲まれた、舌状の「谷戸」と呼ばれる地に稲作が豊かで、大泉寺(小山田城址)周辺の山は小山田緑地がハイキングコースとして整備されており、源義家も通った古代・奥州古道、「いざ、鎌倉」、新田義貞の鎌倉街道が走っています。南の境川を超えると相模原市、淵辺義博の館跡、近くに『太平記』には出てきませんが「縁切り榎とわかれ橋」の伝説、時代は下って近世、名主・豪農:原 清兵衛が新田を開発、地名:清新(せいしん)、市名:相模原は「相模の原」、彼の名に由来、これに似たような話が「忠生」です。平安後期、この地で新田・馬牧場の開墾・開発が隆盛、武士というよりは牧場主のような彼等は「一所懸命」という単純明快な論理と「名こそ惜しけれ」という、卑怯な振舞いを蔑む精神と表裏一体して鎌倉武士の真髄、その後の日本人の考え方・生き方に大きな影響を与え、日本人の原理・原則、「理念」になって行きます。こんな勉強をさせてもらっている桜美林図書館、これまた近くです

次回の新発見をどうぞお楽しみに。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search