March 27, 2015

散歩の途中<10> こぶし公園

 季節の回り舞台は巡ってきました。去年は、『蝉しぐれ』のタイトルバックの「五反田の畦桜」、続いて「秘密の花園」のシャクナゲの群生には感激したのですが、今年はこれに加えてもう一つ、「こぶし公園」をご紹介しましょう。

 「こぶし」は「辛夷」あるいは「拳」という漢字を書くそうですが、中国語で「辛夷(シンイ)」は木蓮(モクレン)を意味し、日本語の「拳(こぶし)」は子供の握りこぶしに似ていることに由来するそうです。「辛夷」、からい・つらい東方の未開人・野蛮人、という漢字が気になりますが、「辛」は同音の「新」につながり、植物が枯れて新しい世代が生まれようとする状態を意味するそうです。ひょっとしたら、東方の野蛮な未開地から渡来してモクレンになったとか…?、日本の「こぶし」が原産かも知れませんよ。

 遠くから見ると桜に似て、桜よりも早く咲くことから北海道では「ヒキザクラ」、「ヤチザクラ」、「シキザクラ」などと呼ばれ、これが咲き始めると田植えや種まきを始める地方もあり、「タウチザクラ」、「タネマキザクラ」と呼ばれるそうです。

 「五反田の畦桜」及び「秘密の花園」は少々遠いのですが、この「こぶし公園」は団地の中、自宅から歩いても10分ぐらいでしょうか。
こぶし公園

 今日あたり、コブシはかなり散っているかも…、次は桜、シャクナゲと、舞台に立つ主役も替わっていきます。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search