抗菌

June 12, 2006

ポリゴナム(Polygonum)とは?

 

ポリゴナムは夏の間、イスラエル共和国全土で自生する野生の、滑らかで細長い深緑色の葉を持つ一年生植物です。ヘブライ語:「arkovit hatsiporim」、鳥が好んで食べるその種に因んでラテン語の名前:「Polygonum」が付けられています。イスラエルの独特な気候・土壌は、その最適な生化学的設備とあいまって、この植物成長に理想的環境を作り出しています。

ポリゴナムの根は抗菌・抗ウイルス作用の有効成分が発見されており、皮膚の潰瘍{かいよう}・出血を停止、その外観を良好に保ち、組織生成を促進します。

 

ポリゴナムの構成成分

ポリゴナムは治癒効果のある様々な生化学的要素及びミネラルを含んでいます。

 

・タンニン:防腐性・抗ウィルス性の特性を持ち、出血防止・傷の回復過程促進に有効です。

ケイ酸酸:皮膚組織生成に重要な役割。

・フラボノイド:血管収縮を助け、出血およびアレルギーを防止。

・ビタミンC:酸化防止作用。

・ロイコアントシアニジン:炎症抑制因子。

 

ポリゴナムはこれら要素の相乗効果により、皮膚疾患の治療・スキンケアに絶大なる効果を発揮します。

 

モラッツ製品は長年に渡り以下の研究機関にてテストされています。

ケンブリッジ大学、ホオマック・メディカルセンター、ランバム・メディカルセンター、ハシャロン・メディカルセンター


Visit Us: Hong Kong Express, YahooHong Kong Express Banner続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search