彼岸花

September 26, 2018

散歩の途中<<27>> 秋の草花を描く

シリーズ『散歩の途中』を長らくご無沙汰しているのに気がつきました。180918_ニラアルバイトがない限り、朝夕の散歩は実行しているのですが、いくつかの定番コースの内、南回りコース<桜美林→境川→帰りにMAC>は少なくなり、より里山風景の残る北回りコース<鶴見川(大泉寺)→小山田神社(蓮田)→鳥居坂>のコースに向かうことが多くなっています。                                                   ▲にら
  181011_??? 今年の3月、地元団地内にある喫茶店、『嵐が丘』での展示会、ご大層には個展…、『小山田有◯絵画展』開催のために、団地からそう遠くない、誰もが知っている風景をわざわざ選んで絵を描いたので、それらの風景には少々飽きてしまった、というのが正直なところです。 10〜15分、風景を見ながら鉛筆でスケッチ、写真を撮り、帰宅してから、181008_???パソコンでその写真を見ながら下絵の線を、ピグメント・ライナー(0.03 - 0.05 - 0.1mm)で仕上げていきます。完成までに数時間はかかるでしょうか…。                    
180929_???
180912_名称?
     ▼ユーホルビア
 180916_ユーホルビア 秋になり、散歩の途中で目にする草花を、鉛筆での下絵なし、いきなりライナーで描き上げてしまおう。それも10〜15分以内に…。  左手にスケッチブックを持ち、 不安定な紙面に実線を入れて行きます。全くの「言うは安く…」で、秋口には蚊が多く、友人に云わせれば、この時期の蚊は子孫を残さんが為に必死で、半パンツ半袖姿で指先だけを動かす人間は絶好の標的、5分もその場で立っていれば、目には見えにくい脚の脛股の反対側には彼等の黒い影がいくつも付いていることでしょう。180921_彼岸花虫除けスプレーは必需品です。先日は、膝を落として低い位置で描き始めたのですが、この姿勢を維持するのもつらいもので、そんなときには小型の折りたたみ椅子が必要です。他の散歩の人が近くを通るとどうも気になって、その線が途切れてしまうこともしばしば…、描きたい草花を見つけたら如何に素早く、人が来ても心臓強く描く練習です。
  ▼クレオメ                 ▲彼岸花
180917_クレメオ それでも、やはり写真を1枚撮ることが必要です。どうしてか…って? 帰宅して、その写真をかみさんに見せ、自分の描いた草花の名前を知るのです。私は草花が好きですが、そこまでは万人と同じですが…、その名前を知りません。正確には、草花の名前と実際の草花の姿が一致しないことが多いのです。

 昨日、こんな事がありました。草花の絵を描いたまでは良いのですが、電池切れのスマホでは写真が撮れません。絵を彼女に見せて、「これは何の花?」と聞けるほど正確に微細な絵を描いていません。その絵を掲載するのは止めておきましょう。



express01 at 22:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search