平治の乱

May 01, 2016

遊び 「若冲」

 終業式終わり、子供達は連れだって普段は行くことが許されない街に出て、ちょっぴり大人の気分を味わいます。 こうして始まった夏休みも、いつしか近づいた8月の末、彼ら、特に大人に変わろうとする中学生にとって祭は夏の集大成です。大人への階段を上るのです。祭の前の期待感は徐々に盛り上がり、祭の最高潮、いつしか場面は変わり、祭の終わりとともに人波は去って、寂しい情景が取り残されます。子供の頃は永遠と思われた夏休みも、ふとしたことでに終わりがあることに気づき、夏だけでなく、祭も、桜も、月の満ち欠けも、そして人生も同じであることを知るのです。

   いつの頃からか…、移りゆくもの、はかないものを美しい、愛しいと感じるようになりました。平安末期は地震・台風・大火・飢饉などの天変地異が続き、台頭した武家、平氏が保元(1156)・平治の乱(1159)に勝利し、王朝貴族政治は終わりを迎えます。 価値観が一変して、「無常感」・「厭世観」が支配する末法の世・浄土信仰の時代となります。「無常観」とは本来、非情な仏教の根本宇宙原理(悟り・解脱)なのですが、日本の「無常感」は情緒的な自然観(花鳥風月)・死生観と結びついて涙なくしては語れない独自なものとなります。人生ははかない、花は散り際が美しい…と、その美しさだけでなく、無常であることに日本人は愛惜を感じたのです。『平家物語』の「無常感」、「おごれる者は久しからず」は本来は「おごらずとも久しからず」であり、万人をくまなく支配する哲理、「無常観」なのです。

 頼朝が勝利して、初めての武家政権:鎌倉幕府を開き(1192)、以来、約7百年に渡って武家政治が続くことになります。中華儒教思想に倣って文人政治を行ってきた日本は武家・武断政治を確立、その後、本家の中国あるいはその一番弟子である朝鮮とは全く異なる歴史をたどることになります。

 それまでは一握りの富裕な階層に限られましたが、時代と共に生産力は上昇、最低限の必要とする衣食住から解放され、自由に処分できる一定の「お金」と労働から解放された一定の「時間」を持つようになってきます。自由に処分できる「お金」と「時間」が「遊び」を生み、その「遊び」から「文化」が生まれます。

 鎌倉幕府から約4百年後、家康は最後の武家政権:江戸幕府を開きます(1603)。武家社会が完成した江戸時代には、人口の7〜8%を占める武士は、自律的・潔く、学問する知識階級として下の階級から尊敬されていました。…が皮肉にも、大名はともかく(あるいはこれも含め)、その家来:武士の俸給は安く、大半は中程度の農民や商人よりも貧しい、商人が圧倒的に力を持つ商品経済の時代でした。

 商品経済若冲 虻に双鶏図は発展するが、鎖国のため国外への発展は閉塞、自ずとその富は都市へと蓄積します。今まで一握りの階層に限られた教育:読み・書き・算盤は庶民の必修となり、人間のものの見方は質・量で測るようになり、学問を実証的にします。より大衆的な消費社会になると、奢侈への欲望・誘惑を「勤勉」と「禁欲」によって抗しようともがく、まさに井原西鶴(1642 - 1725)の描く社会でした。「浪費」を忌避した商人は、代わりに「趣味の世界」=「芸事・稽古事」、「遊び」に没頭することになり、これまた身の破滅を招く恐れがあります。

 京・錦小路にあった青物問屋「枡屋」の長男(1716 - 1800)は絵を描くこと以外には全く興味がありません。商売は彼が居ても居なくてもうまく回るぐらいの規模・組織・人材を備えていたのでしょう。「芸事」として絵を始めたわけでもなく、酒も飲まず、博打もせず、女にも手を出さず、いや失言…、結婚もせず(そういえば女性を描いた絵がない…)、40歳という若さで次男に家督を譲り隠居、絵にのめり込んでしまいます。
Etusko & Joe Price Collection

 何年か前に、NHKスペシャルか何かで、アメリカ人の収集家:Joe D. Priceさんの豪邸に展示されている若冲の絵を見て感激した私は全くのミーハーで、先日、やって来た彼の収集物を見ようと上野の東京都美術館に行ってきました。その2日前、再びNHKスペシャルで若冲の特集、私は見ながらうとうとうたた寝してしまったのですが…、テレビの効果は絶大、よくもこれだけ多くのミーハー、いやファンが来たのか、ほとんどはシルバー割引の高齢者、チケット購入に1時間、美術館内に入るのにさらに2時間、展示室の前でさらに1時間を待った次第です。一時は、出直そうか…、とも思った『若冲展』、Joe D. Priceさん所蔵の本物をみることが出来て満足でした。
 Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


May 30, 2015

座頭市(いち)と検校塙保己一(ほきいち)

 保元の乱(1156)、平治の乱(1159)が終わり、武士の時代の到来は今までの価値観を一変させ、一方では、安元の火災(1177)→治承の辻風・福原遷都(1180)→養和の飢饉(1181)→元暦の大地震(1185)…、天災と人災が続きます。

 浄土思想・末法思想が『平家物語』のテーマなのですが、本来の釈迦が教える無常観とは、全く感情の入る余地のない、哲理・宇宙原理であるはずなのに、『平家物語』の無常観は、「無常感」と書き換えるべきほどに、「人生ははかない、花は散り際が美しい」と花鳥風月を語るものに変質しています。きわめて情緒的・感情的であり、日本人に独特な自然観・死生観に根ざしているようです。桜を愛でるのも、その美しさだけでなく、芽吹く→蕾→満開→色褪せる→散る、という「無常」に愛惜・哀惜を感じるのです。

 この『平家物語』、1200年頃、天台座主の慈円(『愚管抄』の著者)は、保元・平治の乱以来の戦死者たちを慰霊するために、大懺法院(だいせんぽういん)という寺を創設、学芸・音曲など一芸ある者を保護し、彼ら芸能者は様々な芸を奉納していたが、信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)に書かせ、それを芸能者、琵琶法師に与えたと『徒然草』にあります。盲目の琵琶法師の仲間内で、長い時間をかけて、多くの人が関わることで、物語はより深く・広がり、盲目故か、平家一門の死者の霊に触れ、鎮魂の気持ちを込めて語ったと伝承されています。鎌倉幕府編纂の歴史書:『吾妻鏡(1300年頃)』も、すでに庶民に人気の『平家物語』の引用、無視できない存在となり、歳月が経過するうちにさらなる深化を遂げていきます。

 『平家物語』は南北朝〜室町初期(1338〜1392)にかけて流行の沸点を迎え、これと同じ時期、義満(1358-1408)の時代に編纂されたのが室町幕府の正史:『太平記(1377)』でした。『平家物語』が『太平記』の内容だけではなく、反北条(平氏)の号令、倒幕運動への急速な集結、鎌倉幕府の滅亡後の足利・新田両氏による「源氏の棟梁」を巡る抗争、尊氏の征夷大将軍就任(1388)や南北朝合一(1392)など、 現に起こりつつある政治さえも影響・規制することになります。

琵琶法師 これを踏まえ、義満以降、幕府は語り『平家物語』の管理を強化するようになりました。明石覚一(? - 1371)は尊氏の従弟で、播州書写山の僧であったが、失明し琵琶法師となり、琵琶、按摩、鍼灸の名手、『耳なし芳一』のモデルと言われます。「当道座」を設立して、自らその検校となり、語り『平家物語』の最初の正本が「覚一本『平家物語』」と呼ばれます。中世から近世にかけて、男性盲人の自治・相互扶助組織で、師匠から弟子へ技能を継承する教育機関でもありました。当道の官位は「検校(けんぎょう)」、「別当」、「勾当」、「座頭」の4官であり、さらにその中が73の階級に分かれ、江戸時代になると、多大な金銭を要求して昇進の口利きをする検校が現れ、高利貸しの代名詞までになった。
 座頭市
語り『平家物語』が次第に廃れて、芸能を主とする座の性格が失われ、芸能以外の道に進む人も現れます。例えば、フィクションながら、侠客になったのが座頭の市、勝新太郎が演ずる映画:『座頭市』ということです。

塙保己一 三重苦の障害を持ったヘレン・ケラーがはじめて来日したとき(1937)、こんな言葉を残しています。「私は幼いころ母親から塙保己一(はなわ ほきいち)検校の業績と不屈の精神を聞かされ発奮しました。 塙先生は私に光明を与えてくださった恩人です。」 塙保己一(1746 -1821)は、41年の歳月をかけて収集、校訂、編さんした日本最大の叢書:『群書類従』を著した国学者、江戸時代初期までに刊行された1273種の歴史・文学作品を収録する。彼もまた覚一の系譜を引くもので、日本の近世・近代を語る上に欠かせない盲人学者でした。ちなみに四百字詰め原稿用紙は彼の発案によるそうです。

 『平家物語』は日本人が作り、育て上げ、その影響は日本の近世・近代にまで及ぶことになります。

 バンド仲間のNobuさんは熊谷市に育ち、小学2〜3年生の時、交通安全の標語か何かで…埼玉県主催の「塙保己一賞」をもらったそうです。急に、保己一が身近なものになりました。

参考資料:篠田正浩路上の義経幻戯書房

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
I appreciate YOUR SUPPORT.  皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search