平城京

November 11, 2013

鍵屋ノ辻、しばしの妄想

伊賀上野に住む友人を訪ねました。私にとっては二度目の上野天神祭でしたが、京都嵐山渡月橋辺りで桂川が氾濫したことなどを踏まえ、台風接近を理由に、残念ながら中止となりました。私は去年初めて参加したのですが、他のメンバーは友人の住む町内の山車を引くために毎年参加しているそうで、京都、名古屋、遠くは新潟、私が東京…、さながら同窓会の趣です。友人ご夫妻にはお世話になりました。ありがとうございました。
20131111鍵屋ノ辻道標
外は雨、奥さんのアドバイスで…、歩いてすぐの「鍵屋の辻」に行ってみました。「鍵屋の辻」? そうです、あの…、荒木又右衛門で有名な『伊賀越鍵屋辻の決闘』の舞台です。この仇討物語は次回に譲り、今回は、そこに建つ道標につながる話です。

平重衡護送ルートは、鎌倉を発し東海道を上り、大津〜逢坂関〜山科(髭茶屋追分)で奈良街道(=醍醐路 現在のJR奈良線にほぼ並行 現在のR24?)に分岐、を南下した山城国日野(現在の京都市伏見区)で夫婦つかの間の再会を許され、さらに南下して六地蔵から宇治〜大久保、さらに南下し木津川を渡って木津 重衡斬首の地(安福寺)〜首を晒された般若寺のある奈良に入ります。

その木津川を渡らず、その右岸、大和街道(現在のR163)を東へ、島ヶ原で木津川を渡り、南へ曲がる木津川を再度渡ると、そこが伊賀上野「鍵屋の辻」です。

頼朝の接見を終え、南都(奈良)に向け東海道を護送されるのですが、菅津〜関宿で東海道を分岐、大和街道を進み、伊賀上野〜木津〜奈良のルートが最短距離のはず、何故重衡はこのルートで護送されなかったのでしょうか?
平安末期 東海道

7世紀、天武天皇の頃、律令国家の広域行政区画として『五畿七道』は制定されました。当時、都は平城京、東海道は伊賀国から始まって常陸国までの14国、その諸国府をつなぐのが街道:東海道でもありました。平城京の時代、街道=東海道は畿内を離れると最初の国は伊賀国です。繰り返しますが、平城京〜大和街道(現在のR163)〜伊賀上野〜関〜菅津でした。平安京遷都(794)以降、それまでの東海道は鈴鹿峠越えとなり、富士山の延暦噴火(800年 - 802年)で足柄路が不通となり、代わって、箱根峠を通る街道(箱根路)が整備されました。

平安末期、12世紀末、平家が壇ノ浦に滅びる頃、重衡は南都(奈良)への最短ルート:奈良時代の東海道を通らなかっただけではなく、かといって鈴鹿峠を超えたわけでもありません。菅津から北上〜東山道、墨俣〜草津〜東海道に合流、冒頭に述べた通り、髭茶屋追分で分岐して奈良街道(=醍醐路)とはあまりにも遠回り、『平家物語』最大の見せ場を演出するために、日野〜六地蔵〜木津川のルートをとったのではないか?もし、関で分岐する大和街道のルートをとっていたなら見せ場もなかった…、妙な勘ぐりも頭の片隅をかすめます。因みに、沿道の日野で劇的な再会を果たす奈良街道(=醍醐路)は、平城京の時代、若狭、越前、能登から琵琶湖の西側をやって来た北陸道が、大津〜逢坂関〜奈良街道(=醍醐路)と同じルートを辿って平城京に達するものでした。

1185年、平家の総大将:平宗盛は壇ノ浦で捕虜となり、同じく鎌倉で頼朝が接見、義経に護送されて東海道を京へ向かうのですが、この宗盛護送の一行も、鈴鹿峠を越えず、重衡と同じルート、菅津から北上〜東山道、墨俣〜草津を過ぎた、東山道野洲篠原にて義経の家来により斬首されます。少なくとも二人は鈴鹿峠を越えていません。かつて富士山噴火で足柄路が閉鎖されたように、平安末期、12世紀末、東海道の菅津以西の地域では木曽川、長良川、揖斐川などの水量が増加して河口付近では渡れなくなったのか…、富士山噴火に匹敵するような天変地異の発生で、重衡夫婦のつかの間の再会〜重衡の最後〜供養という『平家物語』最大の見せ場が実現したと言えるでしょう。

「ひだりなら道 みぎいせみち」と刻まれた道標、大きなそれは最近に立てられたものでしょうが、小さなそれは判読は難しく何時の時代のものかは判りません。ここが東海道の一通過点だったのは13百年前の話、時代とともにその役割も変わり、奈良からやって来る『お伊勢参り』のいわば巡礼の道、近世においては藤堂家津藩の官道となりました。「鍵屋の辻」に立って、妄想に浸る一時でした。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


August 15, 2009

さらに西にあった、とてつもない文明、イスラム

遣隋使は607年、小野妹子が「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや」で始まる国書を持って訪問したことに始まります。なんと大きく出たものでしょうか、小気味いいのですが、見栄を張りすぎているように思えます。倭王が自分と同じ「天子」を名乗ったことで皇帝:煬帝は激怒しますが、皮肉なことに、それからわずか12年後、随はほんとうに「日没する処」となってしまいます(619)。

代わって興った唐にも、630年、遣唐使を再開することになりますが、「白村江の戦い(663年)」で唐と新羅の連合軍に百済と倭国は破れ、倭国は朝鮮半島より撤退します。

710年、言わずと知れた「せんとくん」の平城京遷都、唐の都:長安を模して造られた、と教わりました。当時東アジア最大の都市、世界の経済・文明(≒文化)の中心、長安に学び、最先端の文物を持ち帰るのが遣唐使でした。派遣された一握りのエリートが彼らの目で選んだ文明(≒文化)を持ち帰り、自国の文化を塗り替えてしまうのですからすごいことです。残念に思われるのは、それに続く国風文化がチマチマして、躍動性に欠けると言うことです。外交よりも内政、先進文明に恐れ入ってしまい、内向きにならざるを得なかったのでしょうか…。

唐及びイスラム帝国 AD700…が、しかし、彼らが学んだ唐のさらに西方には、もっと先進の、とてつもない、少なくともその後の世界史により多大の影響を与えた、文明(≒文化)が存在したのでした。イスラム帝国(私の時代にはサラセン帝国と学んだようですが…)ウマイヤ朝(661年 - 750年)、それに続くアッバース朝(750年 - 1258年)が西は北アフリカ、地中海から東は中東、現在のイランまでの広大な版図を築いています。   History of Asia より拝借↑

勢力を伸張する両文明の軍は、751年、中央アジアのタラス(Talas )河畔にて衝突、唐軍が大敗します。これを機に、イスラム帝国、アッバース朝はシルクロードを完全な支配下に置くことになります。さらに重大なことは、中国で秘密にされていた製紙技術が唐軍の捕虜から伝わります。以降、この製紙技術は、従来のパピルスや羊皮紙を駆逐、印刷技術とともに世界史的な意味を持つことになります。

イスラム文化はギリシャの書物(思想・哲学、錬金術・数学・医学・天文学・地理学等の自然科学)をアラビア語に翻訳、インド由来の数学(「0」の発見)を結びつけることによりさらなる発展を遂げていました。帝国周辺の高度な文明(≒文化)を積極的に受容し、製紙・印刷技術は帝国全土にさらに高度な文明(≒文化)を、さらに広く、速く伝搬させることになります。因みに、今でもそう呼ばれているかは知りませんが、「アラビア数字、算用数字」の呼称は彼らが計算方法を完成させたことを示しています。英語のアルジェブラ(algebra 代数)はアラビア語由来。

地球儀をさらに回転させて西ヨーロッパ。遠い昔に西ローマ帝国は滅亡(476年)してしまっており、「停滞した中世」、「暗黒時代」と呼ばれるものでした。西ヨーロッパ文化の「再生」、「復興」には、文字通り、ルネサンス(Renaissance)を待たなければなりません。

「オリエンテーション Orientation 方向付け」という言葉。Orient は Origin と語源が同じくラテン語(?)「日が昇る処 東」を指しますが、中世ヨーロッパから見て「東を指し示す」とは「先進の東方に学ぶ」という意味があったようです。

「日出ずる処」とは違い、中世ヨーロッパはなんと謙虚だった(…??)のでしょうか。

Visit Us
hkx brand 340-41



August 09, 2009

「せんとくん」と阿修羅像

「あの文明発祥の地の今日は…」と、眼を日本国内に転じると平城京、奈良に突き当たってしまいます。どうも、「文明」という言葉はそぐわないのですが…。

「一国の文化はその首都に集約される」そうですが、まさに当時の日本文化は平城京に集約されていたのでしょう。

しかし、今日の奈良は、関西育ちの私にとっては、小中学校時代、退屈な遠足の目的地に過ぎませんでした。日本歴史の宝庫、それに関連する観光名所ではあっても、失礼ながら、今日の奈良から外部に向けて発信・放射され、外部からも普遍的と評価される「奈良独自の価値=文化」は1300年前の「平城京の天平文化」に尽きるのではないでしょうか。

平安京、京都が明治維新まで約1千年、日本の首都であったことに比べると平城京が首都であったのが短すぎる故か、今日でも使われる「くだらないものですが」と、京都に対する「あこがれの念」は、残念ながら、奈良に対しては持ち合わせていないように思えます。少なくとも庶民の「あこがれの念」という意味においては…。天平文化は平安京に継承されてしまい、その地でさらなる発展を遂げるの仏教寺院だけで、いや、「仏教こそ」が普遍的価値であったということなのでしょう。
せんとくん
関西ではおなじみ(?)の「せんとくん」,来年、2010年、「平城遷都1300年祭」のマスコット・キャラクターだそうです。有名な彫刻家によるデザインらしいのですが、あまり評判がよろしくないようです。

一方、先日の東京国立博物館での阿修羅像〔天平6年(734)興福寺蔵〕はその展示期間中、80万以上の人々を魅了しました。

「ぽっと出」のキャラクター:「せんとくん」は、阿修羅像の前では、比べるのも不遜で、酷な話ですが、全く勝負になりません。

久しぶりに奈良に行ってみたいものです。
世界につながっていた、天平文化を訪ねて…。

Visit Us
hkx brand 340-41



express01 at 17:57|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search