奥さまは魔女

March 25, 2013

Twilight Zone 〜 The Invader

"Twilight Zone"、日本では『ミステリー・ゾーン』の名で1961年から1967年まで放映されたアメリカのSF TVドラマシリーズ。 当時、私は中学生か高校生?…、毎週、この番組を見るのが楽しみで、わずか30分の番組でしたが、今思えば、『猿の惑星』、『夢千代日記』、『エトロフ遥かなり』と並んで…、"The Invaders(「遠来の客」)"は傑作、この歳になってもその時に受けた印象は強烈です。
The invader_Initial Scean

特に冒頭のシーン。荒涼として、打ち捨てられた土地。そこに建つ、電気もガスもない…、一切の発展から取り残された農家、一軒家が闇に浮かび上がっています。

老婆が念入りに指先でキッチンナイフの切れ味を確かめ、野菜を刻んで大釜に投げ込み、夕食のシチューを作っています。

突然、小さな円盤が屋根に落下、その音・衝撃の凄さに老婆は慄き、悲鳴を上げてしまいます。彼女がその物体の正体を確かめようと…、おそるおそるランプをかざすと、円盤の中からおもちゃのような小さな異星人が二人現れ、やがて、彼女に対する攻撃を始めます。ナイフの切れ味を確かめたのが惨劇の序章でした。老婆と異星人との戦いは、床下から天井まで、部屋から部屋へと舞台を移しながら絶望的に続きますThe invader_11。異星人は老婆のナイフを盗んで彼女の脚・腕を切り、光線銃を発射して彼女の皮膚は一瞬のうちにミミズ腫れ、その度に彼女は大きなうめき声・悲鳴を上げることになります。

時間が経過、老婆は異星人の攻撃を巧みにかわして反撃、グレシャムという名の一人の異星人を殺害することに成功します。生き残ったもう一人の異星人は円盤に退避、彼等が旅立った自分の故郷の惑星に最後の通信を試みます。

「コントロール・センター、応答せよ! コントロール・センター、応答せよ!本船は破壊された。グレシャムは死んだ!繰り返す!グレシャムは死んだ!この惑星には信じられない巨人が生息している!反撃は不可能!圧倒的に強力だ!近寄るな!」 …これが、物語全般を通して初めて、そして、唯一発せられた「言葉(=英語)」でした。

ついに、老婆は円盤を破壊して最後の通信を行った彼をも殺害したのです。

…カメラはパンして円盤の機体に書かれた文字を捉えます。
「US AIRFORCE SPACE PROBE No.1(アメリカ合衆国空軍 宇宙探査機第1号)」
 


※因みに、老婆役のアグネス・ムーアヘッド (Agnes Moorehead)、この物語でのセリフはうめき声と悲鳴だけでしたが、『奥さまは魔女』(1964〜1972)ではよくしゃべるお母さんを演じています。

※Youtubeでは2分弱しか見られませんが、New Coffee Dot Comで『The Invader』全編を見ることが出来ます。是非、御覧ください。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。

にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search