大河ドラマ

November 14, 2012

2012年近江の旅 Episode 3 〜 大津義仲寺

義仲は『倶利伽羅峠の戦い(1183)』では捕虜にした平氏の瀬尾太郎兼康を「失うには惜しい武士」と助命、しかし瀬尾は再び敵に回って抵抗、怒り心頭の義仲は彼を攻めて自害に追い込みます。最後まで善戦したと聞くと、「やはり、殺すには惜しい男だった」と悔やんだという。

5万の軍勢で都入りした当初は、義仲は日の出の勢いで上洛し、「旭将軍」と都人に喝采を持って迎えられたのもつかの間、義仲軍の駐屯は飢饉を悪化させるだけで、都・殿上人の習慣・礼儀・作法を知らない厄介者、田舎者と蔑すまれます。

一時はクーデターを成功させ、征夷大将軍の地位につくも、やがて頼朝の命で鎌倉から上ってきた源義経・範頼の軍に『宇治川の戦い(1184) 』で破れ、散り散りにになりながらも、「死なば一緒」と誓い合っていた今井兼平と共に、粟津ヶ原での最後の戦いに挑み、幾度かの突撃でその数はわずか5人、その中に兼平の妹、義仲の愛妾:巴(ともえ)御前も入っていました。最後の最後、巴御前を逃した後、死地を目指すべく馬を走らせるが敵の矢を受け即死、享年31歳、それを見て、兼平も馬上で太刀を口にくわえ頭から飛び降り自刃します。

数年が過ぎ、いつしか、美しい尼がこの墓所の畔に草庵を結び、日々の供養に努めていました。この尼こそが義仲の愛妾:巴御前の後身でであったという。

芭蕉は、一説には、好きだった義経の足跡を訪ねて、『奥の細道』を旅したのですが(1689)、旅から帰って間もなく、それもまた旅先の大坂で亡くなります(1694)。「骸は木曽塚に送るべし」とは彼の遺言、不思議なことに、彼の故郷:伊賀上野ではありませんでした。

義仲・巴・芭蕉墓・義仲寺門前
義仲は、人懐っこい人情家、人を信じて受け入れるが、これが過ぎて裏切られる、無骨で粗野な田舎者、男女を問わず、人を惹き付ける人間的魅力のある人間…、裏を返せば、どこか滑稽さが漂う、無教養な、ぱっと出の(成り上がりの)人間。怜悧な頼朝、酷薄な作戦の義経という源氏、関東武者の中にはない存在で、英雄として非業の最期を遂げた義経ではなく、どこか、おっちょこちょいで人間味が感じられる義仲に強く惹かれるものがあったのでしょう。

又玄(ゆうげん)の有名な句:「木曽殿と背中合わせの寒さかな」には芭蕉の思いが伝わって来ます。

我々の『2012年近江の旅』は、『奥の細道』の「結びの地」:美濃大垣から始まり、二人の「結びの地」:『義仲寺』を訪問することになりました。粟津ヶ原も今は昔、『義仲寺』は大津の街中に在り、寺というより、集会所あるいは庭園の趣です。晩年、芭蕉はここの「無名庵」と京都嵯峨の「落柿舎」を往来することになります。
義仲寺バナナ

10月23日、今日は雨、まだ肌寒いというほどでもなく、庭のあちこちにバナナの大きな葉、何と居心地の良い処なのでしょう。

eyecatch_amazon_2おくの細道

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 20:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 26, 2012

「趣味」と「数奇」

この歳になり、仕事もほとんど午前中には片付くようになり、残りの時間、それは単に一日の残りの時間という事だけではなく、人生の残りの時間=「人生の黄昏」とは少々抵抗があるところですが…、を如何に過ごすか、これが一大関心事となりました。

先日の金環食、友人と二人で撮影すべく前もってリハーサルまでして準備したのですが、前日の夜、彼からメールをもらいました。 「申し訳ない。当地曇りの予報にて、晴れている赤城山に行きます。」 

写真を趣味としている人はこれぐらいでないといけません。彼は、日々、天気予報に気を配り、どこが最適ポイントかを判断します。当日の朝、満天の(?)曇りがフィルター代わり、結果的には、肉眼で十分でした。事前に用意した観測サングラスは曇天下では無用の長物、生きている間に二度と使うことはないだろう…と、全く別なことを悔やむ私でした。

※彼が赤城山で撮った写真がこれ。意図とは違ったらしく、失敗の由。
Annular Eclipse

写真、音楽、あるいはスポーツにせよ、暇が出来たからと行って、急に出来るものではありません。趣味を「楽しめる」レベルに達するまでにはそれ相当の時間と環境が必要です。私はお音楽が好きで、ジャンルを聞かれれば、「カントリーぽぃロック、ウエス・トコースト風、あるいはルーツ・ミュージック」と答えるでしょうし、これが理由で「カントリーミュージック人気ランキング」に参加しています。

私が今、音楽経験豊かな他の3人と一緒に楽しめるのも、高校生の時代、それなりにギターを練習したからでしょう。「少年老いやすく〜」はその通りですが、それ以上に言えることは、当時そんな仲間=環境があれば、また違った人生になったかも知れません。欲は言いますまい。ギターのコードを弾けるだけで十分、満足です。

視聴率、少しは回復したのでしょうか?…NHK大河ドラマ:『平清盛』、佐藤義清(さとうのりきよ 後の西行)は出家(1140)してしまい、そんな場面も亡くなりましたが、彼は「弓馬の道」だけではなく、帝・院の要請に応じて即興の歌を披露する、和歌・今様・けまりの名手でした。専門業とはせず、何らかの芸事に打ち込む様を「すき」と称し「数寄」の字を当てるのですが、彼は当時随一の「数寄者」であり、彼の出家の原因をこの「数寄」に求める説もあるようです。

宮廷貴族という限られた世界に広まった和歌は、室町時代には連歌に、桃山時代には富裕な町民層及び武士の間に広がります。江戸時代になるとその裾野はさらに一般庶民に広がり、俳句を使った「三笠付け」と呼ばれる賭博が流行、幕府はその取り締まりに手を焼いたそうです。ほんの一握り人たち:貴族の遊びだったものが、それから5百年後の江戸時代には一般庶民の遊びになっていました。これは江戸時代の識字率の高さ、ひいては文化の高さ、庶民の豊かさを示すものでした。

西行はその人生で二回奥州に、そして四国に旅しますが、決して放浪ではありませんでした。揺るぎない経済基盤を背景に熊野に庵を構えますし、庶民層と係わることもなく、況わんや決して乞食(こつじき)やホームレスなんかではありません。旅に出ながらもいつかは都に帰って世俗との関わりを維持する、鼻持ちならない金持ちの道楽者、ということも言えるでしょう。

音楽といえば聴くだけのもの。自分で演奏するなど夢の又夢、楽器と言えばプロの演奏者が弾くものと思っていた私が最初にギターを弾く事ができたのが『君といつまでも』、続いてベンチャーズが空前のエレキブームをもたらし、一気にギターを庶民の楽器にしてしまいました。戦後、大衆文化としてのアメリカ音楽が日本に入ってきてから僅か15年、文化の高さはともかく…、庶民の急激な豊かさの実現を示すものでした。

西行の生き方と比べるのもおこがましいのですが、揺るぎない経済基盤を築く間もなく、「人生の黄昏」に突入してしまった私です。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング  


express01 at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 02, 2012

そろそろ、「保元の乱」です

NHK大河ドラマ『平清盛』の視聴率がワーストタイの11.3%と低迷しているそうです。兵庫県の井戸敏三知事の「画面が汚い」と同じく、『映像が見にくい』、『登場する人物関係が複雑』等の視聴者からの声が反映したものでしょう。

私たちは、歴史の今、現代に生きる人間の価値観・道徳・習慣で清盛の時代を見てしまいます。平安時代と言えば、ひらがな・カタカナの発明で日本語の表記が容易になり、『源氏物語』・『枕草子』・『古今和歌集』(残念ながら読んでませんが…)に代表される物語文学・日記文学・和歌が隆盛、平等院鳳凰堂等の和様建築(寝殿造)が登場する国風文化興隆を背景に、貴族による雅(みやび)な宮廷政治をイメージします。しかし、平安末期になると、末法思想の予言が現実の社会情勢に出現し、社会不安が深まります。荒れた京を舞台にするのですから「画面が汚い」のは当然なことでしょう。

平安貴族は、天皇から政治実権を奪い、京で詩歌・管弦などの遊興、恋愛にふけり、退廃的にさえ見えます。権力を奪取した清盛には「悪役」のイメージ。その平家も次第に堕落して貴族化、哀れな末路を迎える。これに代わって、源頼朝が坂東の武士を束ね、京の風:「雅」に染まらない為に都より距離を置いて鎌倉に質実剛健な幕府を開いた、というのが同時代に対する一般的イメージで、これが理由の一つではないでしょうか。

もう一つ、人物関係が複雑で、これを理解するだけでいやになってしまいます。これに恋愛・憎悪が絡み合うのですから、現代人の価値観(恋愛感)・道徳では理解しがたい、「雅」とは魑魅魍魎の世界なのか…、末法の世故か支配階級内の人物関係は隠微に映ります。

待賢門院美しいと聞こえ高い璋子は養女となり、幼い頃は白河院の懐に足を差しいれて眠ったぐらいに、白河院に溺愛されました。美しい少女に成長し、いつしか、養父と養女の関係を越えてしまい、それと同時に幾つかの男女の関係を持つようになります。

璋子が11歳のとき、白河法皇は当時の関白:藤原忠実の長男:忠通に璋子を嫁がせようとしますが、忠実はその縁談を断っています。彼の日記には「実に奇怪不可思議の人也」、「乱行の人」とあります。白河法皇はそんな彼女を自分の:鳥羽天皇に入内させることになります。鳥羽天皇の后になりながらも、白河法皇との密通を続けて顕仁親王(崇徳院)を生み、鳥羽天皇との間には雅仁親王(後の後白河院)を含む6人の皇子を生みます。

鳥羽天皇は顕仁親王(崇徳院)を「叔父子(おじご)」と呼び忌み嫌った。鳥羽天皇にとっては、祖父に当たる白河法皇の御子だから、「叔父」であると同時に、名目上は「子」でもあるの意味。「保元の乱」の遠因。
璋子(待賢門院)と白河法皇と鳥羽天皇の三角関係、その三人で熊野詣に4回も行っており、その旅先では待賢門院を挟んで寝たように、現代の価値観・道徳では到底理解できません。ついでながら、その後のもう一つの三角関係。佐藤義清(さとうのりきよ)は北面の武士であり、「弓馬の道」だけではなく和歌・今様・けまりの名手であり、なおかつ見目麗しい美少年であった。彼が鳥羽院との「浅からぬ契り」、その「男色」の相手であったであろうことは、彼がそのような空間に生きた、ということで容易に想像がつきます。ドラマの中では、佐藤義清の出家する原因を、手の届くはずのない待賢門院への恋慕、に求めていますが、ここにも、待賢門院と鳥羽院と西行(=佐藤義清)の三角関係を見ることが出来ます。待賢門院はよっぽどいい女だったのでしょう。

鳥羽院の死をきっかけに、この年「保元の乱(1156)」が起こります。
それぞれの生きた時代 342
※図をクリックすると拡大します
NHK大河ドラマもそろそろ「保元の乱」でしょうか…、私が理解している人物関係相関図をご覧にいれましょう。
相関図x2
※図をクリックすると拡大します

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 17, 2010

坂の上の『雲』は何処へ行ったの?

のぼっていく坂の上の青い天にもし 一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすればそれのみを見つめて 坂をのぼっていくであろう。哀愁の漂う後ろ姿-2

…この序章にはそぐわない、どこか、老臭ではなく…、哀愁の漂う後ろ姿です。→

年末のNHK大河ドラマの視聴率も19%と好調な滑り出しのようですが、司馬遼太郎によるこの歴史小説:「坂の上の雲」は1968年(昭和43年)から1972年(昭和47年)にかけて「産経新聞」に連載されました。戦国時代・幕末への興味は彼の小説に始まったのは私だけではないでしょう。特に、幕末から明治へ、世界は帝国主義の時代、小説:『坂の上の雲』は統一国民国家、近代日本を目指した革命(?)の時代、その成就に至る時代を描いています。

「どこからこんなに多くの逸材が出てきたのだろうか…」と思うように、登場するきら星のような人間群。幕末・明治にかけて、日本人は急にアドレナリンが体内を巡り、スイッチが別のモードに切り替わります。日本人・日本国全体がある種の高揚感に包まれた時代でした。それに加え、「さも、その現場で本人から直に聞いたような…」作者の語り口、臨場感、舞台を俯瞰するような、それこそドラマチックな仕立ては彼の最高傑作でしょう。

東京五輪音頭

敗戦のどん底からはい上がり復興を遂げ、時代は東京オリンピック(1964年)から大阪万博(1970年)、日本経済は頂点に達します。小説:『坂の上の雲』は世界の国からこんにちは 三波春夫まさに、この時代に発表されました。東京オリンピック・大阪万博に至る、日本人の成功体験を『坂の上の雲』の登場人物と重ね、人々がこの小説に感情移入するのはさほど難しいことではありませんでした。

戦後30年は、坂の上の雲どころか、一心不乱に坂を上ってきた日本人は、ふと気がつくと坂の上、峠にたどり着いていたのです。振り返れば、あれが峠、長い下り坂が続いています。

後にそう呼ばれる「団塊の世代」、かつて、『三丁目の夕日』で建設中の東京タワーを仰ぎ見た日本中の<古>行淳之介少年達は今や年金生活、かなり前に峠を越して、長い下り坂の続く日本、彼らはNHK大河ドラマ『坂の上の雲』をどう見ているのでしょうかね…。

ポール・マッカートニーはとっくの昔に還暦を迎えていましたが、彼の曲:「When I am 64」は同時代の<古>行淳之介少年世代だけではなく、その孫の世代、幼児向け番組の音楽として人気があるそうです。敢えて歌詞付きの動画を選びました。


Support Me:
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング
Momo in Tiger
Visit Us: Hong Kong Express
ご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

express01 at 16:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search