司馬遼太郎

October 26, 2018

2018年関西の旅<1> 司馬遼太郎記念館

 私は大学受験で日本史を選択しましたが、歴史、特に日本史が好きであった訳でもありません。 本当に好きになったのは、遅まきながら…、受験が終わり、父親の読んでいた司馬遼太郎の『関ヶ原』を読んでからの事です。家康・三成・島左近・大谷吉継が、読者(私)がさもその場に居合わせているかのように表現され、その臨場感に感激した記憶があります。膨大な資料収集に裏付けされた司馬の著作は上質な大衆娯楽小説として国民的支持を受けており、これが「歴史」であると信じている人も多く存在するのも事実のようです。

181026_司馬遼太郎 司馬の先祖は播磨国(姫路)の人、福田姓を名乗る前は「三木」姓で、三木城籠城に関連の家系だそうですが、彼が生まれたのは大阪市です。彼のお母さんの実家が大和国北葛城郡竹内、彼が幼少の時はここによく連れて来られ、ここが故郷のようであると『街道をゆく』に書いています。竹内街道は、摂津国堺の大小路に始まり、堺金岡で摂津国難波宮から南下した「大道(おおじ)」と接続、河内平野をさらに東進、国境である竹内峠を越えて大和国の長尾神社に至る街道です。

 生まれは九州ですが、私の出身地は摂津国伊丹と自称しています。大学に入り、読み始めた司馬遼太郎、卒業して社会人になると、既に彼はサラリーマンが常識として読むべき国民的作家の地位にありました。私のそれまでの主な行動範囲は京都・大阪北部・神戸(摂津国)でしたが、入社当初、勤務先が心斎橋だったからかも知れませんが、男性社員は西日本出身者が多いのは当然として、女性に関しては、摂津国出身者が少なく、河内・和泉国(大阪の南部)出身者が多数を占めるのには少なからず驚いたものです。社会人になると行動範囲を広がり、今まで滅多に乗ったことのない、天王寺からの南海電鉄線、難波からの近鉄線にも乗るようになりました。

 近鉄奈良線、八戸ノ里駅近くに司馬遼太郎が住んでいることを知っていましたが、当時、私は彼が播州出身と勘違いしており…、どうして八戸ノ里(河内国)なのか疑問に思っておりました。 彼の人生で最も影響を受けた土地(出身地)、懐かしい故郷、北葛城郡竹内に通じる「竹内街道」に接続する「大道」が難波(なんば)から始まる。その難波から近い八戸ノ里(河内国)を居住の場所として選んだのではないでしょうか。死後、2001年、『司馬遼太郎記念館』安藤忠雄の設計で自宅に隣接して建設されました。

 旅行の初日、湖東の近江国鏡宿で義経元服の地、それより少し京都よりの篠原で平家終焉の地、平宗盛の胴塚を、二日目には、義経が京を追われ西国へ逃れようとして災難に遭う大物浦(尼崎)を、今や阪神電車と相互乗り入れしている近鉄電車に乗り、難波経由で八戸ノ里(河内国 東大阪市)、始めて『司馬遼太郎記念館』を訪れました。八戸ノ里駅で駅員に道を尋ねると、駅員が親切に教えてくれました。歩いて8分、私と同年ぐらいの司馬ファンらしきスタッフ(?)が出迎えてくれます。

 『司馬遼太郎記念館』は、司馬の書斎を亡くなった当時のままをガラス越しに見ることが出来、続いて隣接するコンクリート打ち放しの、三層吹き抜け、高さ11mの書架で構成されています。 地下三階に降りると、壁には天井から床まで巨大な書架には司馬の蔵書6万冊の一部(2万冊)が収納されています。

 館内は撮影禁止。司馬ファンだけでなく、安藤忠雄ファンのあるいは建築を勉強する人達も訪れ、テーブルには来館者が書き込みできる「対話ノート」が置かれており、彼等が描いた〜光が差し込む巨大な書架〜のスケッチが見受けられます。 さすがに、彼等に伍してそのノートに描く勇気はありませんでしたが、来館者も少なく、背後を気にすることなく、十分な時間をとって、用意していたスケッチブックに幻想的な内部を描き残すことができました。帰宅して仕上げたのがこれです。


express01 at 19:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 30, 2016

そうだ、バスで、京都に行こう!<2> 蚕の社

                 
 「嵐電(京福電鉄)」は京都の長い歴史を往還するタイムマシンかも知れません。白梅町駅で嵐電(北野線)に乗車、「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」駅で本線に乗り換え、「太秦広隆寺」駅、そして「蚕の社(かいこのやしろ)」と、ひらがなで綴った駅名はまさにタイムマシン、映画:『Back To The Future』デロリアン(De Lorean )です。
白梅町駅
 司馬遼太郎著の何かの本で読んだが、彼はまだ若く産経新聞京都支局で大学か宗教の担当であった時、街の銭湯で一人の老人と出会い、「日本にキリスト教を初めて伝えたのはフランシスコ・ザビエルではない。彼よりさらに千年前、すでに古代キリスト教が日本に入って来た。」と話してくれたのがその小説を書き始めた動機であったとは、少々出来すぎだったのではないでしょうか。銭湯で会った老人とは佐伯 好郎だったのか…?、その小説とは彼の初期の短編:『兜率天の巡礼 』でした。

 本来、キリスト教は全能の唯一神以外に神の存在を認めない一神教であるが、預言者の一人にすぎないイエスは自ら神の一人子となのって神の座を獲得したが、そのイエスを生んだマリアは何者だろうか。西暦431年の東ローマ帝国の首都、コンスタンチノープル、教父:ネストリウスの「マリアは神の容器であったかも知れないが、神の母ではない」という説は神学論争に敗れ、邪説の烙印を押され、一派は異端として追放されることになります。コンスタンチノープルを追放された彼等はペルシャ、インド、天山北路を東へ、中国に至る。大唐の興隆期、636年に首都:長安に現れ、他民族宗教に寛容な治世下に景教寺院「大秦寺」を建てるが、武宗の時代、仏教寺院と同じく廃棄された。これ以降、中国で景教徒と呼ばれた古代キリスト教ネストリウス派は歴史に消息を絶ちます。

 それから一千年後の明の時代、1625年、『大秦景教流行中国碑』が発見され、出土の状況は、ポルトガルのイエズス会士アルヴァロ・セメドが記録している。

 景教徒の日本渡来は唐よりも古く始まるが、推古朝の6世紀、コンスタンチノープル追放後百年、普洞王が率いる一派がいまの兵庫県赤穂郡比奈ノ浦に上陸して入植した。後に河内、たけのうち峠を経て飛鳥に至り、やまと朝廷の女性をもらい受ける。女性は普洞王の子を出産して比奈ノ浦に下った。その子が長じて倭女を娶って男子が誕生する。それが秦河勝でした。河勝は山城地方を開拓、織物の生産を興隆して、その私財を蘇我氏に抗する聖徳厩戸皇子に注ぎました。

 京都のデロリアン、一両編成(?)の嵐電電車は「太秦広隆寺」駅に到着、駅前の広隆寺を訪れる。昔、小学校か中学校の遠足で来たような…、弥勒菩薩半跏像、秦河勝お及び河勝夫人と伝えられる木造座像を始めとする蒼々たる国宝・重要文化財がならぶ秦氏の氏寺であり、平安京遷都(794)以前から存在した、京都最古の寺院である。残念ですが…、秦河勝像をして「〜ペルシャ人かユダヤ人に見える」というくだりがあるが、どう見ても我々と同じモンゴロイドにしか見えません。東隣の「大酒神社」は、明治の廃仏毀釈により分離されたが、それ以前は広隆寺内に鎮座する異教の廟所、「大闢(たいびゃく)ノ杜」でした。

 「大酒神社」から徒歩で10分、今回のハイライト、「蚕の社(かいこのやしろ)」に辿り着きます。正式には「木島坐天照御魂(このしまにまずあまてるみたま)神社、または木島神社」と呼ばれます。我々姉弟の二人だけ、社外の騒音は嘘のようで、大木に囲まれた境内は静寂そのもの、二人の足音しか聞こえません。やがて、本堂に向かう左手に三脚の鳥居が忽然と現れます。
三脚鳥居_蚕の社

  1千5百年も隔てる過去と現在、1万1千キロを隔てる西と東、幻と現を往還した短い旅は間もなく終わります。「蚕の社」駅で乗ったデロリアンは現在に向かって走り出します。
※参考資料:司馬遼太郎著『兜率天の巡礼

  Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player  でお聴きになれます。  
I appreciate YOUR SUPPORT .   ▼  皆様のご支持をお願いします。
  にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  


August 22, 2013

坂東鎌倉武士 「名こそ惜しけれ」

25年も前の話で恐縮ですが、同期の友人が千葉県柏に住んでいたので、ただそれだけの理由で…、千葉県流山市に住んだことがあります。住んでみて奇妙に感じたのは…、黄色い(?)ヘルメット姿の小中学生の通学場面、ご主人が2時間〜2時間半もかけて東京都内に通勤しているのがただ一つ理由か…?、「地方から来られたのですか?」とはご近所の奥さん達の言、自分が東京に住んでいるものと勘違いされているようです。阪神間に長く住んでいた私、2時間も車で走れば日本海まで行ってしまうのですが…。

流山に住んだのは1年間だけで…、東京都内ではなく都下、町田市に引っ越して来ました。九州生まれ・関西育ちの私、流山に居る時は、当然の事ながら、常磐道・東北道と、すべての道は見知らぬ土地、東北地方に通じています。町田に住むと、東名・中央、その先には名神、自分の育った関西へと通じています。上野駅13番線ホームの発車ベルのメロディーが『あゝ上野駅』になったのはつい最近のニュースですが、東北出身の人は東京以北・以東に住み、関西出身の人は東京以西に住み、故郷へとつながる鉄道あるいは道路の沿線に人は定住する傾向があるように思えます。江戸っ子が通を自慢していう言葉:「野暮と化け物は箱根から先(西)」、関西の友人の感覚:「なんで、東京を通り越して、近藤勇の捕まった流山まで行くんや?」、どちらも意味は同じようなもの、意識するかどうかは別に、誰にも自らの文化圏があります。
本_平家物語 横笛 維盛出家・入水130723S
この歳になって『平家物語』の背景をおさらいしてみると面白いことに気付きます。『平家物語』は京都六波羅の伊勢平氏の興隆・滅亡を描いています。…が、「源平の戦い」とは言いながら、それは六波羅伊勢平氏vs敵対勢力、後白河法皇及び摂関家の旧来勢力、及び伊勢平氏と競合する新興武家勢力との三つ巴の戦いでした。

余談ですが、私の住む小山田の別当:小山田有重、秩父氏の一族でれっきとした坂東平氏の一門、当初は平家の一翼を担って各地を転戦しますが、主筋の秩父氏は頼朝:源氏につき、平家一門都落ちに際して帰郷、許されて頼朝:源氏に帰順します。
散歩の途中にある小山田神社、戦前までは「内の御前社」と呼ばれ、有重の婦人を祀ったそうです。
蓮田・小山田神社20130717_3
1192年、勝利した源頼朝は坂東相模国鎌倉に幕府を開き、自らは征夷大将軍に就きます。ところが、鎌倉幕府の確立した源頼朝は突然死、跡を継いだ嫡男:頼家も変死、その弟の実朝も変死、3人ともに北条氏が殺害、幕府内の実権を握ります。頼朝の血筋はこれで絶え、あれほど熾烈を極めた「源平の戦い」は「源平共倒れ・共食い」の結果となります。執権北条氏の出自は不明ですが、桓武平氏の流れであると称したのは皮肉なものです。
Minamoto_no_Yoritomo
京の貴種:頼朝は、ただただ、坂東農場主の土地所有を保証するシンボルとして棟梁に担ぎ上げられ、対京都(旧勢力)交渉の機能を果たしただけで、鎌倉幕府の確立後は用済みとばかりに粛清され、結果、坂東武士は日本国内に、もう一つの独立国を建てることに成功したのです。

平安後期、鋤・鍬・鎌など鉄製農機具が個人でも使えるぐらいに安価になり、足柄峠(後の箱根)の坂の東向こう:坂東の地では、新田・牧場の開墾・開発が隆盛、アメリカ開拓期の西部で大牧場を切り開いた牧場主のようなものでした。武士というよりは牧場主のような彼等は「俺が開墾、耕した土地、だから俺にその所有権がある」、すなわち「一所懸命」という単純明快な論理と「名こそ惜しけれ」という、恥ずかしいことはしない、卑怯な振舞いを蔑む精神は表裏一体して鎌倉武士の真髄であり、その後の日本人の考え方・生き方に大きな影響を与え、日本人の原理・原則、「理念」にもなって行きます。もちろん、お隣の中国・韓国には存在しません。日本史にこの時代の関東とその精神がなければ、(日本史は極めて)寂しいものになる、とは司馬遼太郎の言葉です。

それから5百年後の江戸・元禄時代、今だに国民的英雄の「赤穂浪士討ち入り」事件。何故、この討ち入り事件が「名こそ惜しけれ」の坂東ではなく、その対局の上方圏(?)、播磨国赤穂の浪士によってなされたのでしょうかね。

近藤勇さらに下って160年後の幕末の新撰組、戊辰戦争(鳥羽・伏見の戦い)以前の5年間での内部の死者:45名の内、倒幕志士との戦闘による死者はわずか6名、ほとんどが、近藤勇の「士道不覚悟」の一言で粛清されたもので、敵よりも同志を殺した数のほうがよほど多かった狂気の集団でした。司馬に言わせれば、ロシア革命における労働者出身の革命家のごとく、当時の武士ならばとうてい思いもつかない陰険な手段を用い、美意識は武士だがやることは武士ではない、先祖伝来、地頭に支配されてきた階級の出身者に特有なもの、とは手厳しいですが全くの同感です。

彼等の行動には武士階級、選ばれた階級ゆえの負うべき義務や責任は感じられません。

近藤勇は「名こそ惜しけれ」の坂東武蔵国多摩郡の出身。またまた、私の家から遠くない、小野路という場所に出入りしていたそうで、あまり好きな人間ではありませんが、縁がありそうです。

 参考資料:「東と西の語る日本の歴史 」 「この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉 」

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search