十字軍

September 22, 2017

画集 『Portrait Of Courage』

 国連の禁止命令にもかかわらず「大量破壊兵器を保持している」ということを口実にイラク戦争(2003-2011) に踏み切ったジョージ・W・ブッシュ大統領、当初は自軍を現代の「十字軍」と呼び、慌てて訂正、イラン、イラクと云ったイスラム国家に北朝鮮を加えて、これがキリスト圏とイスラム圏との戦いではない、「悪の枢軸」との戦いであると主張。フセイン政権との大規模戦闘は短期間で終了、イラク侵攻は単なるクーデターであって、むしろ政権崩壊でイラク国内治安は悪化、内乱状態の終結は2011年まで待たなければならなかった。2009年、任期満了で大統領を退任したが、8年の政権期間を述懐、「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」と。当時の小泉首相は、日本の首相として、「十字軍」・「枢軸」と云う表現に何の違和感も持たなかったのか…、イギリスのブレア首相、オーストラリアのハワード首相とともに、ブッシュのプードル犬と呼ばれ、 インド洋に海自補給艦を、サモアに陸自施設部隊を派遣するだけでなく、 イラク政府に対する7,100億円(?)もの債権を放棄した。結果、「大量破壊兵器は見つかりませんでした」とはお粗末至極。
portraits of courage
 『Portraits of Courage: A Commander in Chief's Tribute to America's Warriors』は43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュによる画集、予約注文が殺到、発売と同時にベスト・セラー第一位となった。「夫が将来大統領になるのは想像出来ても、画集を出版するとは夢にも思わなかった」とは妻のローラによる前文の言葉。大統領引退後、66歳の時、人生に何かが足りないと、ウインストン・チャーチルに倣って、絵画をやり始めたそうです。誰かに指導を受けたにせよ、彼の描く肖像画は、素人の域をはるかに超えて、実に素晴らしい。
gwbush-painting
 敬虔なキリスト教信者としての贖罪かも知れませんが、ジョージ・W・ブッシュは、勘違いで「ならず者」を蹴散らしてしまった、単純なテキサスの坊ちゃんカウボーイではありませんでした。

Your Support, Please.▼皆様のご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ     


express01 at 19:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 01, 2012

歴史の分岐点

Minamoto_no_Yoritomo1192年、日本史で言えば源頼朝が鎌倉幕府を開いた年。同じ頃、地球の裏側は、獅子心王(Lion Heart)の異名をとったイングランドのリチャード1世のサラディン軍相手の戦闘と講和、第3次十字軍(1189年〜1192年)の時代でした。戦闘でイスラム側の捕虜となるも、同じ収容所の仲間、ムーア人と一緒に脱獄、母国:イングランドに帰り、国王の留守を狙king richardって政権奪取を狙う地方行政官(Sheriff)と戦う義賊の頭領:ロビン・フッドの物語で、映画:『ロビン・フッド(Robin Hood: Prince of Thieves 1991)』ではケビン・コスナーが演じています。ロビン・フッドは実在の人物ではありませんが、この映画の時代考証はどうでしょうか…。

Robin_Hood_telescope

一緒に付いてきたムーア人が望遠鏡を取り出して未だ遙か彼方に居る追っ手を見つけます。「見てみろ」とその望遠鏡をロビン・フットに手渡すのですが、望遠鏡をのぞくと追っ手が目前に迫って見え、彼はあたふたと剣を抜いて闘おうとする始末に苦笑します。ムーア人は、望遠鏡はともかく、爆発物(火薬)を作り、使うことは出来たのでしょう。時代がしばらく下って鎌倉時代、文永(1274)及び弘安(1281年)の役と2度に渡る「モンゴル襲来」では爆発物(火薬)に度肝を抜かれる日本でした。12世紀末のイングランドにも、13世紀末の日本にも、未だ火薬が存在しない、いずれも文明の及ばない辺境に過ぎなかったのです。

8世紀にはイスラム勢力がアフリカ西北部に進出、ムーア人と呼ばれていました。彼等はジブラルタル海峡を渡って、711年西ゴート王国を滅ぼし、イベリア半島を支配していました。タラス河畔の戦い(751)で捕えられた唐の捕虜から製紙技術がイスラム世界に伝わったとされ、12世紀にはアンダルシア地方でも生産されるようになりました。

東地中海では、1453年ビザンツ帝国がオスマン朝トルコにより滅亡、逆に西地中海では、ポルトガルが徐々にイスラム勢力を駆逐、1492年グラナダが陥落し、レ・コンキスタが完成しますが、東地中海を放棄、ジブラルタル海峡の西、大西洋に活路を見いだします。ここまでは、ギリシャ・ローマ文明の後継者である西ヨーロッパキリスト教(ローマカトリック圏)文明の大敗でした。wine_press

15世紀には、イベリア半島を通じて製紙技術及び木版印刷技術がヨーロッパに伝わったと思われます。中国起源の木版印刷技術はバレンで「摺る」ですが、ヨーロッパでは普及しませんでした。1445年頃、グーテンベルグ(1398 - 1468)はアンチモン合金のguten_press活字、この活字を並べて組版します。地中海世界で古くから使われているオリーブ・ぶどうの圧搾技術(搾油・搾汁技術)を応用して、凸面に付いたインクを紙に押し付ける、「プレス (Press)」する活版印刷機を発明しました。

これを機に、従来ラテン語で印刷されていた聖書がそれぞれの国の言語で印刷されるようになり、自らの言葉で聖書を読む=聖書への復帰と言う形で、宗教改革に発展していきます。グーテンベルグ以降の50年間に作られた印刷本の数は、それ以前1000年間に作られた書籍の数の何倍にも達したというように、旅行記・地図の出版が新たな地理的発見を生むことに繋がり、1543年の地動説、1609年のケプラーの法則、1687年のニュートンの万有引力の法則の発見等の科学技術の爆発的膨張はその後、ワットの蒸気機関の発明(1769)そして産業革命、近代市民革命、国民国家の成立につながって行きます。
鉄砲
ギリシャ・ローマ文明を生んだ地中海が原産の(…かどうかは知りませんが…)オリーブ・ぶどう。その搾油・搾汁技術の要は「ネジ」です。その「ネジ」は、1543年、種子島に漂着したポルトガル人のもたらした鉄砲と共に日本に持ち込まれました。1600年「関ヶ原の戦い」では5万丁の鉄砲が投入されますが、これをピークに鉄砲の生産は減少、江戸時代になると鉄砲の技術的発展は全くなく、銃把(=グリップ)の装飾に贅をこらすなど、兵器=道具としてよりも意匠・工芸美術品に成り下がり、とうとう日本から姿を消してしまいました。

「十字軍派遣」は歴史の大きな分岐点でした。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

August 22, 2010

巨大な巡礼、十字軍

坂東三十三観音巡礼「坂東三十三観音札所巡り」にはまっている大先輩がおられます。西国出身の私、信心もなく、知識もありません。「四国八十八ヶ所巡礼」、「西国三十三札所巡り」という言葉を聞いたことはありますが、関東にもあるとは知りませんでした。1184年、源頼朝に「平家追討の宣旨」が下り、多くの板東武者が西日本を転戦します。平家打倒を成し遂げた頼朝は関東一円の武士の統領とし源平の戦いて、1192年鎌倉幕府を開きます。西国を見聞した彼らに、それにに習って同じような札所を作ろうという機運が高まり、また頼朝が観音信仰に厚く、源平の戦いの供養のために作られたのが始まりだそうです。

ちょうど同じ時代、というのが面白いのですが、舞台は西ヨーロッパ。キリスト教においても、エルサレム、ローマ、サンティアゴ・ デ・コンポステーラ(スペイン)の3大聖地への熱病的な巡礼、高揚が最高潮に達することなります。一方では、天に限りなく近づきたいという思いからか、高い尖塔とステンドグラスを特徴とするゴシック大聖堂が各地で競って建築されましたが、多大な庶民の熱病的な寄進、献身的な労働があってたそうです。聖地巡礼、ゴシック大聖堂建築に共通するのは単なる信仰心の熱病的な高揚だけではなく、免罪符を得んが為に巡礼に出、大聖堂建築に寄進あるいは無償の労働に従事したのです。

ゲルマン人の侵入により西ローマ帝国は崩壊(467年)、彼らは侵入してきた蛮族、より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)の支配・統治に利用したのがキリスト教(ローマ教皇)でした。ゲルマン人王はローマ教皇の権威を認め、その権威に基づき、ゲルマン王の支配・統治に正当性を与え、その見返りに、ローマ教皇は経済的・軍事的な保護を得るという、並立・相互依存・二重支配の構造でした。結果、ローマ教皇は全ヨーロッパから土着の異教を駆逐、キリスト教一色に塗り替えてしまい、ついには、ローマ教皇が、ゲルマン王を凌駕し、西ヨーロッパにおける最高権力をその手に握ることになります。

かろうじて余命を保っていた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は東方のササーン朝ペルシアやイスラム帝国に領土を侵食され徐々に衰退、ローマ教皇に救援を求めます。ローマ教皇は、「待ってました」とばかりに、その要請を受け入れ、教皇権優位の確立、東方正教会(今でいうギリシャ正教会)の併合という「真の」政治目的達成の為に、民衆を扇動、十字軍を組織します。

Crusader Shield異教徒からの聖地エルサレムの奪回』の大義名分と「異教の地で命を落とした者、異教徒と戦って命を落とした者は全て罪の許しが与えられる」、この免罪符に呼応して、敬虔な信者だけではなく、多くの民衆・一般庶民が十字軍に参加します。ゴシック大聖堂建築に注いだと全く同じ熱病的信心にさらに免罪符というおまけまで付いていました。

「十字軍」はローマ教皇が企てた、支配階級そして一般民衆を熱狂に巻き込んだ巨大な「巡礼」であったということができるでしょう。「十字軍」、英語では「Crusader、Crusade(聖戦)」。『イラク戦争』でブッシュ政権はこの表現を使いました。同じキリスト教国家であるフランス、ドイツの反対にあいましたが、異教徒にも係わらず日本はその「十字軍」に荷担することになります。
Entry of the Crusaders into Constantinople
1095年から1272年にかけて計9回の遠征がなされます。 第1回遠征(1095〜1099)では聖地エルサレムを奪回に成功しますが、極めつけは第4次十字軍(1202〜1204)、巡礼は聖地へは向かわず、あろうことか、助けを求めてきた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都:コンスタンチノープルを攻撃する始末で、帝国崩壊を加速させます(1453年オスマントルコにより滅亡)。

西ローマ帝国の崩壊以降、5世紀から12世紀にかけて、西ヨーロッパ文明は停滞します。「ゴシック様式」と呼ばれるキリスト教様式も、本来の意味「(野蛮な)ゴート人(ゲルマン人)の」という、後のルネッサンス人が付けた蔑称を起源とするもので、「暗黒時代」とはこの時代のことか…、文明的にもビザンツ、イスラム、中国の諸文明からかなり遅れていたのでしょう。

コンスタンチノープル陥落の混乱を避けて科学者・文化人は西側に逃れ、これを契機に、ヨーロッパ人のヨーロッパ人たる所以、ルーツ:「ギリシャ・ローマの文化」、これを継承・発展させた「ビザンチン文化」、さらには、中国、インド、アラビア、ペルシア、ギリシアの諸文明を融合、自然科学を発展させた先進の「イスラム文明(文化)」をもたらします。これが反キリスト教の色彩を帯びた「ルネッサンス」を加速、皮肉なことに、ローマ教皇の権威を低下、そして遠征の主導力:騎士階級を弱体化させる結果となります。
Knight
地球の反対側では武士(さむらい)による社会が始まりますが、忠誠、武勇、寛容、礼節の中世騎士道のロマンは終焉を迎えます。

冒頭の彼、毎週末、電車や車で巡っておられるそうで、「これではあんまり御利益はないのでは…」と思うのはともかく、最近では、ただお寺を巡って「手を合わせるだけでは芸がない」、と一念発起、『般若心経』を諳んじるまでになったそうです。音楽が趣味の一つの私なのですが、歌詞を3番おろか1番さえも覚えられず、歌詞とギターコードを目の前にしないと歌うことが出来ない人間にとって、「般若心経を諳んじる」、とは神仏のなせる業です。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
  
Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search