冬のソナタ

September 26, 2013

Is This Kawaii(かわいい)?

それが理由で行かなくなったのではありませんが、『冬のソナタ』で巻き起こった韓流ブームで、TSUTAYAの売り場、いや…、貸し場面積の大きな部分が韓流ドラマのビデオで埋め尽くされた感がありました。この韓流ブームに同期するように、サムソンはテレビとスマホの分野で世界の王座を獲得、パナソニックは稼働を始めたばかりのプラズマディスプレーの工場を閉鎖し、今日に及んでスマホからも…、遠くない将来、おそらくはカーナビからも撤退でしょうが(?)、今や単なる家電メーカーです。シャープも瀕死の重傷、単なる液晶ディスプレーメーカーになってしまうのでしょうか?かつては、あのWALKMANを世に出したSONYも、iPad・iPhoneのAppleのような革新技術を世に出すこともできず、日本メーカー総崩れの感があります。
iPhone 5_2
騒がれていた電力逼迫も殆ど聞かれずに夏が終わってしまいました。当初、「クール・ジャパン」とは エアコンの高めの設定に対応したノーネクタイ、ボタンホールのかがりの糸が派手な赤・青・黄色、妙に襟の大きな半袖シャツ、ステテコなどの「省エネ」衣料か…、と思っていました。ついでに…、わざわざそんなものを買う以前に、こんなクソ暑い中に猫も杓子もストールなるものを首に巻いているのが全く理解不能でした。

2002年、アメリカ人ダグラス・マクグレイはアニメ、ゲーム、マンガ、Jポップなどのソフトパワーを結集して「Japan's Gross National Cool 国民総クール(かっこいい)」をはかるべき、と予測したそうで、「クソ暑い日本の夏をクールに(涼しく)」という意味ではありませんでした。

この提言(?)を受け、あるいは…韓国の二番煎じか…、日本政府も「Cool JAPAN」を掲げ、アニメ、ゲーム、マンガ、映画、音楽等のコンテンツ産業、日本独自のブランド価値創造に関連する産業を「ソフトパワー産業」として海外に売りだして行こうというものです。敗戦を境に怒涛のごとく押し寄せてきたアメリカ文化、というよりはアメリカ文明、私などは「アメリカかぶれ」と言われるほどその文明に浸ったわけですが…、戦後の冷戦下、単なる軍事・外交だけではなく、アメリカは自国の持つ「ソフト・パワー」を持って対日占領政策を行ったのでしょう。相対的にその力は減衰されたものの、今なおアメリカの「ソフト・パワー」は強力だと言えるでしょう。

Harajuku Fashion Walk In Paris「Cool JAPAN」は大いに賛成なのですが…、それを代表するものが「カワイイ かわいい Kawaii」らしく、具体的には、日本のポップカルチャーのアイコンとも言われている歌手:「きゃりーぱみゅぱみゅ」…???、と来たら全くついていけません。つい先日、パリで「Tokyo Crazy Kawaii Paris」と銘打ったイベントが日本政府主催で行われ、高額な入場料にも関わらず多くのフランス人のオタクが詰めかけたとか…。全日空(ANA)も「Is Japan Cool?」のキャンペーン:「Kawaii」、と負けていません。

ある女性週刊誌がその読者、20〜50代の既婚女性に行ったアンケートしたところ、40代既婚女性の91%が「<かわいい>と言われるとうれしい」、と答えそうです。1967年、二輪車メーカーのホンダが軽四輪:N360を発売、それまでSUBARU 360を始めとする他メーカー高々20PS台前半の2ストローク・エンジンであったのに、高出力で前輪駆動横置き4ストロークであっという間に抜き去り、一躍軽四輪市場首位に踊り出たのです。「Poor Man's Mini Cooper」と呼ばれたこの車、当時、若者のあこがれでした。最近、好調の軽四輪業界で出遅れているホンダ、マーケティングの常識:「消費財の8割は女性が購買決定権を持っている」を地で行くように、何歳になっても「かわいい」好きの女性の意見を大幅に取り入れて完成したN-One、(私が)見た目には、デザイン的には今流行りの「かわいい」かも知れませんが、VW Beatle、BMW Miniの持つ大人の魅力には遠く及びません。もちろん、かつてのN360のデビューのように心踊るような感激を求めるには時代が違いすぎますが…。
Honda N One
古くは「キティちゃん」、「ピカチュー」、「ポケモン」、近くは「ひこにゃん」・「くまもん」に始まる全国「ゆるキャラ」、「きゃりーぱみゅぱみゅ」の「ぱみゅぱみゅ」とは正に幼児語、ただ単に幼稚なだけ、トウが立った幼児なんでしょうか?典型的な例が、家電量販店にならぶクズみたいな固定電話器のデザイン、あれこそ、女性好みの「かわいい」デザインなのでしょう。キリっとした大人のデザインは出来ないのでしょうかね。

「5つの肉体的感覚によって得られた知識が良識と呼ばれる精神的感覚の知恵と融合しつつあるとき - そのような時期のある日 - 少年は目覚めにも似たある発見をする。彼は自我を意識する。」 「警告も準備もなく少年は突然、存在 - 彼自身という存在の前に引き出され畏怖の念に打たれる。」「彼等は自意識が自然の甘美な単純さを損なう以前の幼稚な成長段階に留まったままである。」とは、『The Seoul Of The Far East 極東の魂 』、パーシヴァル・ローエル(1855-1916)の言葉。

他人様に言える立場ではありませんが…、出来れば、もう少し「大人」になってほしいものです。その後、彼女たちが熱烈に支持していた、あの韓流ブームはどこへ行ったのでしょうね。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 



express01 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search